流星の絆 講談社文庫

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062769204
ISBN 10 : 4062769204
フォーマット
出版社
発行年月
2011年04月
日本
追加情報
:
15cm,617p

商品説明

何者かに両親を惨殺された三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。
14年後、互いのことだけを信じ、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。
三人で完璧に仕掛けはずの復讐計画。その最大の誤算は、妹の恋心だった。
涙があふれる衝撃の真相。著者会心の新たな代表作。

内容詳細

何者かに両親を惨殺された三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。14年後、互いのことだけを信じ、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。三人で完璧に仕掛けはずの復讐計画。その最大の誤算は、妹の恋心だった。涙があふれる衝撃の真相。著者会心の新たな代表作。

【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年、『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』(文春文庫)で第134回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • W-G さん

    ずっと後回しにしていた一冊。唯一の誤算は妹の淡い恋心だった…とかいうあらすじに惹かれて読んでみたわけだが、物語の中では、厳密にいうとそれが理由で計画が狂ったりはしていない。むしろ妹さんはキッチリやりきろうとする。なので、あらすじから先入観を持って入ってしまうと「アレ、なんかちょっと違う」となってしまう。それ抜きで考えれば、プロットはしっかりしていて、犯人も意外ではあるけれど、兄弟のとった方法論自体が壮大な回り道にも思えてしまう。ラストのほんわかした感じはすごく好き。

  • ゆこ さん

    兄妹の絆。改めて『絆』っていいものだと思った。文章もあっさりしていて読みやすい。とても600ページ以上読んだとは思えない。あまりに話が出来すぎていて、現実味がないといったらそこまでなのだが。中盤まではどんどん盛り上がりを見せたが、終わり方が個人的に好みではない。少し残念。しかし、ドラマよりもこちらの小説の方がシリアスな雰囲気漂わせていて、好き。犯人を知っていても気付くのが難しく、ドラマよりも早く読みたかった……。この兄妹3人の固い絆が切ない。『シー』には甘い兄達が素敵。こんなお兄さん欲しいなぁ♡

  • kishikan さん

    流れ星の絆か・・・。読み終わってみて、このタイトルの意味が心に沁みる。流れ星を見に夜中にそっと家を抜け出した3兄妹、その間に両親が何者かに殺される。それから14年様々な苦労をしながらも兄妹は固い絆で結ばれていた。時効が迫る中、事件は再び動き出す。兄妹愛が強いだけに、復讐心から、もしかすると犯人とおぼしき者への私刑か、とも思ったけれど、やはり東野さんだった。兄弟愛、恋愛、そして親子の愛という「愛と絆」を題材にして、様々な伏線を張り巡らした感動のミステリ。そして犯人は?それが僕には、ちょっと辛い。

  • まひはる さん

    犯人と動機だけが納得いかないが、その他はさすが東野作品という感じ。ちょっとあっさりまとまってる感はあるけど、兄弟の絆が素敵で、最後に彼に妹を預けていくシーンはとてもよかった。

  • ダイ さん

    両親の仇討ちを誓う三兄弟というテーマの割に読みやすくてイイ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者χの献身』(文春文庫)で第134

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド