「鉄オタ道子、2万キロ」オフィシャルブック

旅と鉄道編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784635824286
ISBN 10 : 4635824284
フォーマット
出版社
発行年月
2022年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
144p;21

内容詳細

秘境、絶景、車両、駅弁、「ここ、どこだよ」からはじまる鉄オタ道子の鉄道ひとり旅。

目次 : 1 特別インタビュー(玉城ティナ/ 六角精児 ほか)/ 2 「鉄オタ道子、2万キロ」全話紹介(JR函館本線 比羅夫駅「世にも珍しい泊まれる駅」/ 野岩鉄道会津鬼怒川線 男鹿高原駅「秘境駅に鉄オタ少女現る」 ほか)/ 3 YUIの気ままなひとり旅(第1回 日本で数少ない泊まれる駅へ/ 第2回 秘境駅に現れた鉄オタ少女 ほか)/ 4 スピンオフドラマ「鉄オタのぞみ、50キロ」(品川区北品川八ッ山橋/ 品川区八潮大井車両基地 ほか)/ 5 道子の愛する駅弁たち(かにめし弁当/ とち福弁当 ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • かわかみ さん

    私自身は鉄オタではないし、出不精で遠出をする気もないのだがテレ東のこのドラマは好きでよく視ていた。「ここどこだよ!?」と言いたくなるような秘境的な駅で道子が降りると、一期一会の出会いが待っている。それを、DVD等で、もう一度視聴するのは大変だが、このオフィシャルブックを開けば、道子の旅の記憶が蘇る。YUIのコラムや名物駅弁ほか、気の利いた構成。

  • Kuliyama さん

    テレビは何回か見たことがあり手にしました。最初は鉄オタと玉城さんのイメージが合わなかったですが、観始めたらそんなことはなく、楽しく観ていました。 いつか行ってみたい駅があり、読んでみてよかったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

旅と鉄道編集部に関連するトピックス

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品