なぜ通販で買うのですか 集英社新書

斎藤駿

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087202380
ISBN 10 : 4087202380
フォーマット
出版社
発行年月
2004年04月
日本
追加情報
:
18cm,251p

内容詳細

「通販生活」で業界に独自の地位を築いた(株)カタログハウス。その現役社長である著者が、自らの失敗を省みつつ、「通販の真実」を真摯に綴る。通販の歴史を辿りながら、日本の消費社会の深奥に迫った1冊。

【著者紹介】
斎藤駿 : 1935年、東京都生まれ。早稲田大学文学部露文科卒。出版社の編集長を経て、76年に(株)カタログハウスの前身、日本ヘルスメーカーを設立。82年に「通販生活」を創刊。(株)カタログハウス代表取締役社長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Susumu Tokushige さん

    通販やネット販売など、商品の現物を見せず触れさせずに何故売れるのか?を知りたく読む。日本の消費者には向かないと思われた通信販売で成功した『通販生活』を発行する著者の検証本。通販向きの商品は『わかりにくい商品』。そのような商品を店頭では理論(売り手の説明)で売ろうとするが、理論は未知であり売れない。売るには既知=経験(使用者の声)。使用者の声は、未来の購入者に代わっての実演販売。よって可能な限り商品テストや使用者追跡調査を行い、商品価値を適正に伝達することが重要。キーとなる解説が多く学び多い書。関係者必読!

  • aponchan さん

    清水勝彦氏著書「組織を脅かすあやしい常識」に掲載されていたことをきっかけに読了。通販の歴史・背景から現状の課題認識を社会的な視点まで広げて論じている。小売業の自虐的な観点がなぜ生まれたか等は面白い見方だった。筆者が色々勉強し、試行錯誤したことも理解した。

  • Kentaro さん

    この時代はまだスマホの普及前でECでの買い物が無い時代なので、今で言うロングテール的発想での売り方はカタログ通販の強みとして強調されていた。 田舎にしかない、本来そこでしか買えない特産物や、デロンギのようにオイルヒーターの意味が伝わっていなかったところへ顧客体験価値を強調することで一躍ヒット商品になったような商品である。 デジタル時代の今、いまだにカタログ通販を強みにしている会社がある。消費者のニーズはデジタルにすれば良いと言う単純な思想ではダメなことを痛感する。 顧客への共感が大事そうだと感じる。

  • Coconuts725 さん

    通販だけではなく小売業としてのあるべき姿勢を考えさせられる。ついでに消費者としての購買の仕方も反省させられる。原発などについて、矛盾を認識しつつ、その中でどうしたら少しは良くなるかを考える姿勢が素敵だなと思った。

  • はすのこ さん

    微妙。結局、何が伝えたいのか謎。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

斎藤駿

1935年、東京都生まれ。早稲田大学文学部露文科卒。出版社の編集長を経て、76年に(株)カタログハウスの前身、日本ヘルスメーカーを設立。82年に「通販生活」を創刊。(株)カタログハウス代表取締役社長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品