食料自給率100%を目ざさない国に未来はない 集英社新書

島崎治道

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087205107
ISBN 10 : 408720510X
フォーマット
発行年月
2009年09月
日本
追加情報
:
18cm,188p

内容詳細

国家としての自立度を示す指標でもある食料自給率。日本は40%前後で、膨大な量の輸入食品に頼り危険な状態。食料自給率の基礎から説き起こし、あくまで「100%」をめざす志と知恵が必要と語る熱い論考。

【著者紹介】
島崎治道 : 1939年静岡県生まれ。法政大学社会学部卒業。法政大学社会学部兼任講師(「農業・食料論」担当)、同大学院「食と農」研究所特任研究員。90年から01年まで、埼玉県「二一世紀むらづくり塾」アドバイザーをつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • とうゆ さん

    食糧自給率が低い上に、農作物や畜産物の生育すら、自国で完結できていないという恐ろしい話。ただ、少しデータが少ないかな。例えば、小麦の自給率を上げなければならないと書いてあるけど、日本の国土に小麦に適した土地はどれくらいあるのだろうか。この問題が余り注目されないのは、今がグローバリズム全盛の時代だからではないだろうか。食料を輸入することが全く出来ない状況を、想像できない時代だ。ある種の、平和ぼけなのかもしれない。

  • 桃水 さん

    2010/05/09:日本の食料自給について書かれた本ですが、視野が狭く誘導的で政府批判が強いです。高付加価値作物について水気耕栽培を勧めていていますが、水気耕栽培は初期投資が高いだけでなくランニングコストも高いです。殆どハウス物と差はないのに高く売れるはずもなく、机上の空論。

  • 壱萬弐仟縁冊 さん

    毎年のようにカロリーベースの自給率が約四割となっていて大きな変動がないデータもめずらしい。確か『農業経営者』の計算では66%だった。それでも多くは輸入に頼っている。自給率を上げるには地産地消や食べ残さないことが学生から提起されたようだ。他に耕作放棄地を減らしてTPPに参加しない路線もありはしないか。私はTPPだと過剰在庫はゴミになると思う。増税でスタグフレーンョンを懸念する。

  • Row_the_Punks さん

    食料自給率が低いという事実も然ることながら、日本国内で生育が完結している食料がコメ以外にほとんど無いというような事実に、ショックを覚えた。食料問題は、国家の安全保障問題と捉えるべきで、その観点でTPPについても考えるべき。

  • たか さん

    農業の経済に興味があったので適当に探して読んだが、最初に読んで正解だった。章ごとにテーマが違っていてそれほど深い内容ではないから読みやすい。読んで終わり、ではなく読んでみて次は興味のあるテーマを深く自分で調べてみるのがいい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

島崎治道

1939年静岡県生まれ。法政大学社会学部卒業。「付加価値農業経営研究所」所長(1965〜)。1990年から2001年まで、埼玉県「21世紀村づくり塾」アドバイザーを務める。法政大学社会学部兼任講師(「農業・食料論」担当2002〜10)。法政大学大学院「食と農」研究所・副所長特任研究員(〜2013)(

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品