トーキョー・ストレンジャー 都市では誰もが異邦人

姜尚中

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087805987
ISBN 10 : 4087805980
フォーマット
出版社
発行年月
2011年06月
日本
追加情報
:
240

内容詳細

29のトーキョーの風景とともに語る著者の人生・文化・日本などに関する提言の中には、明日への活力や考えるヒントが満載。トーキョーから「今」を読み解く知の散策。明快で力強いエッセイ。

【著者紹介】
姜尚中 : 1950年熊本県生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。国際基督教大学准教授などを経て、東京大学大学院情報学環教授。専攻は政治学・政治思想史。在日二世として、さまざまな問題にコミット(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬弐仟縁冊 さん

    東京ではなく、トーキョーなのだ。 トーキョーは人を自由にせず、 欲望の奴隷にする魔界(12頁)。 余裕とは自分をも引いて見られる 精神的な幅(54頁)。 祭りと革命は紙一重(59頁)。 平和的なのは前者で、 暴力的なのは後者だろうけど。 写真と文章の絶妙なバランスがある構成。 自由が拡大するほど横の連帯を失い、 不確実性は増す(73−74頁)。 正解にたどりつけなくても、意味や目的を 考える思考回路を学ぶことは重要(119頁)。

  • リハビリ中の雨巫女。 さん

    《私‐図書館》東京を、姜さんが、散策すると知的で、また違ってみえた。変貌が激しい場所もあり、また古きよきものもある都市ですね。小泉今日子さんの対談も面白かった。

  • スプリント さん

    低音ボイスが魅力の姜尚中氏が東京各地をめぐりながら現代日本が抱える問題や将来の展望について語ります。途中に小泉今日子との対談が挟まっておりちょっと意外な二人の接点を知ることができます。

  • わんつーろっく さん

    図書館でまちあるきのガイドブックを探していたら、毛色の変わった指南書を発見。姜さんの視点で東京の風景から、現代〜未来、文化、政治、生き方、人間とは・・・と掘り下げてくれる。でもね、ネオリベ的?クレオール化?ディスクロージャー??自分の不勉強を棚に上げるようだが、市民権のある言葉で語ってほしいなぁ。どこに暮らしていようと、大切な記憶がしまわれている場所を大切にしようっと。

  • ないしょー さん

    図書館にてタイトル借り。こちらの著者の本は初。おもしろいです!元は女性ファッション誌のコラムのようです。東京のスポットを訪ねて、著者の思い出やその地の歴史を織り交ぜて語るという内容ですが、著者の教養の深さが滲み出ています。「現代には使い古された幸福の形しかない。ステレオタイプ化された幸福感ではなく、自分が肯定できる人生の意味を見出すこと。それにはやはり悩むことが必要。」図書館本。★★★。(重い内容を書いてしまいましたが散歩ついでにさらっと読むこともできます!)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド