読書は1冊のノートにまとめなさい 完全版

奥野宣之

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478022016
ISBN 10 : 4478022011
フォーマット
出版社
発行年月
2013年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
274p;19

内容詳細

ノートを使って本の内容を確実に財産にする読書術。

目次 : 第1章 ノートで「読書体験」をマネジメントする/ 第2章 必要な本を指名買いする「探書リスト」のつくり方/ 第3章 読んだ内容を財産にする「読書ノート」のつくり方/ 第4章 自分をつくるノートの「読み返し方」/ 第5章 読書体験をより充実させる20のアイデア/ 付録 ノートづくりに役立つ文房具26

【著者紹介】
奥野宣之 : 1981年大阪府生まれ。同志社大学文学部でジャーナリズムを学んだあと、出版社、新聞社の記者を経て『情報は1冊のノートにまとめなさい』で著作デビュー。ジャーナリストの経験を活かし、ウェブや雑誌のライターとして活動するかたわら“ノート本作家”として、メディア出演・講演などでも活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • takaC さん

    メモを残さないと忘れてしまうような情報はそもそもメモを残す必要性がないし、忘れてしまっても何も問題ないのではなかろうか。そんな本はきっとメモに残したことを忘れてしまうだろう。

  • naoっぴ さん

    そういえば最近読書にノートを使ってないな、と思って手に取りました。読メは最高のアウトプットの場ですが、気になった文章を書き留めておくとさらにその本の印象が深まりますね。おサボりしてないで続けようと思います。それと、名作の古典文学を枕に置いておくというのも真似しようかな。今は難しいとか面白くないとか思ってもいずれ面白くなる時期がくる(かもしれない)から買うのも損なし、なんて言われると積読したくなります危険危険。こういう読書ツール的な本はもとからの読書好きには麻薬的効用がありますから気をつけましょう♫

  • KAZOO さん

    読書ノートをつくるノウハウを書かれています。わたしも何度か挑戦してダウンしたことばかりです。範疇別に作ったりしていますがどれも長続きしませんでした。最近はこのホームページで代用しています。よっぽど印象に残った文章だけをラジオや新聞、週刊誌、本の中から選び出して書いています。昔はノートばかり増えて困りました。付録の文房具が役に立ちました。

  • higurashi_jp さん

    アマゾンと読書メーカーがあれば事足りると思った

  • ばう さん

    ★★一冊のノートに読みたい本、読んだ本の情報をまとめて読みっぱなしにしない事を勧める内容。こまめにスクラップ、メモするのはズボラな私にはちょっと難しいかも。私が読むのは主に小説なのでそういう必要性はあまり感じた事が無いけれどページの角を折ったり、本にマーキングするのはちょっと抵抗がありました。そんな私には読書メーターという有難いものがあるし(*^^*)。しかし、リストのデジタル化のデメリット、「欲しい本が増えすぎる」は激しく納得しました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品