TOKYO0円ハウス0円生活 河出文庫

坂口恭平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309410821
ISBN 10 : 4309410820
フォーマット
出版社
発行年月
2011年05月
日本
追加情報
:
15cm,299p

商品説明

「東京では1円もかけずに暮らすことができる」――住まいは23区内、総工費0円、生活費0円。釘も電気も全てタダ!? 隅田川のブルーシートハウスに住む「都市の達人」鈴木さんに学ぶ、理想の家と生活とは?

内容詳細

「東京では1円もかけずに暮らすことができる」―住まいは23区内、総工費0円、生活費0円。釘も電気も全てタダ!?隅田川のブルーシートハウスに住む“都市の達人”鈴木さんに学ぶ、理想の家と生活とは?人間のサイズに心地良い未来の暮らしを提案する、新しいサバイバルの知恵がここに。

目次 : 第1章 総工費0円の家/ 第2章 0円生活の方法/ 第3章 ブルーの民家/ 第4章 建築しない建築/ 第5章 路上の家の調査/ 第6章 理想の家の探求

【著者紹介】
坂口恭平 : 1978年、熊本県生まれ。建築家/作家。2001年、早稲田大学理工学部建築学科卒業。2004年、日本の路上生活者の住居を収めた写真集『0円ハウス』を刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまきら さん

    近所の「住人」が紹介されているので楽しく読みました。私も10年ぐらい前に新宿から移動してきた方とネコを通じて仲良くなり、しばらく差し入れをしたり、お宅にお邪魔したりしていた時期がありましたが、とにかく坂口さんの本に出てくる「鈴木さん」の魅力的なこと。古い長屋で楽しく暮らしている自分たちの「家や車は買わない」という現代の風潮から反する生き方に少しだけ通じるところがあってほっこり。強制退去や少年の攻撃の話は胸が痛かった。

  • ヨータン さん

    暗くて悲惨というホームレスのイメージがガラッと変わりました。なんて自由なんだ。なんてアイディアと工夫に満ち溢れた生活をしているんだ。そしてなんて楽しそうなんだと羨ましくさえなりました。

  • 小木ハム さん

    家の概念、家とはそもそも何なのかを考させられます。多くの人は建築家が設計したものだけを家と呼ぶ。しかし石器時代に遡れば飲食をし風雨をしのぐ寝床、巣、が家としての基本機能。この考えでいくとホームレスには家があるので実はホームレスではない。どのような環境でもその気になれば人は楽しく暮らせるのだということを本書は教えてくれ、少し気が楽になりました。病気やお金に対しての不安はそれほど無いけど一番怖いのは中学生くらいの少年だという。生きていく上での一番の障害が人間というのが何ともやるせない。

  • ひかりびっと さん

    ホームレスの明るく楽しい都会生活って感じのエッセイだった。悲壮感が全くない、作者の一人語りはぶっちゃけどうでも良かったが。あのホームレス二人に幸あれ。

  • ステビア さん

    必要なものをブリコラージュしてホームを作るホームレスたちの話。面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

坂口恭平

1978年、熊本県生まれ。2001年、早稲田大学理工学部卒業。作家、建築家、絵描き、音楽家、「いのっちの電話」相談員など多彩な顔を持ち、いずれの活動も国内外で高く評価される。『幻年時代』(幻冬舎文庫/熊日出版文化賞受賞)ほか著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド