グローバリズム その先の悲劇に備えよ 集英社新書

中野剛志

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087208863
ISBN 10 : 4087208869
フォーマット
出版社
発行年月
2017年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;18

内容詳細

グローバル化は終わった。
その傷痕から悲劇が始まる。

国境を越えた人・モノ・カネの動きが鈍ってきた。英国EU離脱やトランプ現象など、反グローバリズムを旗印にしたポピュリズムの嵐も吹き荒れている。グローバル化がいよいよ終わるのだ。

しかし、残されたのはグローバル化によって引き裂かれた国民だ。そこから始まる悲劇とは? グローバル化によって困窮した人々を見捨てたエリートの欺瞞が、国民経済を破壊し、資本主義まで危機に陥れたのだ。いまだグローバル化への幻想から目を覚ますことすらできない日本の運命はどうなるのか。この文明の危機を救う道を提示する!

<主な内容>
●グローバル化がテロ・戦争を引き起こすメカニズム
●ポピュリズムが愚民の政治ではない理由
●人・モノ・カネのグローバルな動きが大停滞!
●なぜ日本人はグローバル化の「終焉」から目をそらすのか?
●世界経済の長期停滞と金融バブルが同時に起きているのはなぜか?
●資本主義が機能するための知られざる条件
●グローバル化が破壊した「国民経済」を建て直す方法

●目次
はじめに  思想の座標軸を設定し直そう     中野剛志
第一章   「怒りの政治」が世界を覆う
第二章   EU離脱は国民主権の回復
第三章   真の冷戦終結で日本はどうなるか
第四章   悲劇の時代に何をなすべきか
  
おわりに  グローバリゼーションが国家をつくる 柴山桂太

●著者プロフィール
中野 剛志(なかのたけし):評論家。元・京都大学大学院工学研究科准教授。専門は政治経済思想。エディンバラ大学大学院にて政治思想を専攻し、博士号を取得。主な著書に『TPP亡国論』『世界を戦争に導くグローバリズム』(集英社新書)など。
柴山 桂太(しばやまけいた):京都大学大学院人間・環境学研究科准教授。専門は経済思想。主な著書にグローバル化の終焉を予見した『静かなる大恐慌』(集英社新書)、エマニュエル・トッドとの共著『グローバリズムが世界を滅ぼす』(文春新書)など多数。

【著者紹介】
中野剛志 : 評論家。元・京都大学大学院工学研究科准教授。エディンバラ大学大学院にて政治思想を専攻し、博士号取得

柴山桂太 : 京都大学大学院人間・環境学研究科准教授。専門は経済思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ハイランド さん

    とてもわかりやすく、面白かったのだが、背中がうすら寒くなる本だった。世界のあちこちで起きている保護主義、反グローバリズムの流れは歴史の必然であり、その中でグローバリズムの道を猛進する日本政府と財界は、日本を世界からの収奪の的とし、日本国民をどんどん貧しくどころか、不幸のどん底に突き落としていく。政治は、経済は何のためにあるのか。人を幸せにするためではないのか。その『人』とはある方のお友達や、一部の大富豪ではないはずである。日本に住む人たちが幸せになるためには何をすべきか。託すべき人は誰か考える必要がある。

  • キック さん

    グローバル化や新自由主義の恩恵があるのは、ごく一部の富裕層や大企業だけであって、大部分の人々は幸せにはなりえないということを、明確に解説しています。ただ、危機感を煽るだけ煽って、今後の対策については多くを語らず、残念な印象の本でした。ところで、憲法改正に命を燃やす安倍は、新自由主義やグローバル化の矛盾や暗部を理解する気もなく、自分に都合が悪い時だけ「経済優先」とか言って、大企業優遇政策を強力に展開。一方、批判だけで対案も示せない野党は、烏合の集団と化しています。今後、一体、日本はどうなるのでしょうか。

  • mitu さん

    巷間で語られる事柄の繋ぎ方を示唆してくれています。一貫してグローバリズム推進者と新自由主義経済の批判の根拠を上げて対談形式の新書で解説している。二人の考えがあまり違わないので議論と云うより、補足しながら進行している。今後、日本の取るべき道を示唆するのかと思ったが、具体的な説明はグローバリズムの歴史や現在の世界情勢のみで撮るべき道ははっきりしない。気鋭のお二人にも難しいのでしょう。 メモ) ブレグジットやトランプの出現、フランスのルペンの善戦という脱グローバル化の流れで日本は慌てふためいているが、⇒

  • さきん さん

    グローバル志向以後の世界がどうなるか非常に関心ある。自分は日本の僻地を飛び回る仕事をしているが、コミュニティの崩壊、集落の崩壊を目の当たりにしている。下手な発展途上国よりもひどい。何とか、集落の機能を回復するべく仕事を創りたいが、グローバルリズムに席巻されたら、たまらない。

  • hk さん

    【購入済み・あと5回読む本】 中野、柴山、集英社新書という黄金トリオの健在ぶりをまざまざと見せつけた一冊。キーワードは「総力戦」「グローバル化」「主権」「ポピュリズム」「強兵なき富国」といったところだろう。2012年前後に刊行された「グローバル恐慌の真相」や「静かなる大恐慌」の姉妹書にあたる。前書籍ではグローバリズムこそが国際社会を混迷に追いやっていると喝破していた。そして本書ではブレクジットやトランプ政権誕生を受け、グローバリズムの傷跡をどのように清算すればよいかを2人の識者が忌憚なく議論していく。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中野剛志

1971年生まれ。評論家。専門は経済学。東京大学教養学部卒業。通産省、エディンバラ大学、京都大学准教授等を経て、現在は経済産業省所属。経済ナショナリズムを中心に評論活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品