LPレコード 輸入盤

歌劇『椿姫』 カルロス・クライバー、バイエルン国立管弦楽団 (2枚組/180グラム重量盤レコード/Deutsche Grammophon)

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4860959
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

名盤の誉れ高いオペラ録音のLP2枚組セット《カルロス・クライバー〜ヴェルディ:歌劇『椿姫』》

カルロス・クライバー初期の代表作ともいわれる名盤、ヴェルディの『椿姫』が再びLP2枚組で発売されます。ヴィオレッタ役のイレアナ・コトルバス、アルフレード役のプラシド・ドミンゴの歌唱も素晴らしく、今日このオペラの最高の録音の一つと賞賛されています。

《LP 1-2》
ヴェルディ:歌劇『椿姫』
【演奏】
ヴィオレッタ……………………………………………………イレアナ・コトルバス(ソプラノ)
アルフレード………………………………………………………プラシド・ドミンゴ(テノール)
ジェルモン…………………………………………………………シェリル・ミルンズ(バリトン)
フローラ………………………………………………………ステファニア・マラグー(ソプラノ)
バイエルン国立歌劇場合唱団
カルロス・クライバー(指揮)バイエルン国立管弦楽団

【録音】1976年5月、ミュンヘン

(メーカーインフォメーションより)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
コトルバスが残念すぎる。ヴィオレッタの病...

投稿日:2021/03/09 (火)

コトルバスが残念すぎる。ヴィオレッタの病弱な面だけが浮かび上がって、高級娼婦の誇り高い面が表現できていない。歌い方も曲尾で妙に崩したりする点が聴いていて耳障りが悪い。これでクライバーがOKを出したのが誠に不可解。

ジャン=ルイ さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
椿姫の最高録音です。 最初から最後まで、...

投稿日:2020/02/06 (木)

椿姫の最高録音です。 最初から最後まで、音が隅々まで生き生きとしており、まるで挑みかからんばかりに迫ってきました。 こんな椿姫を聴かされたらクライバーの全演奏を聴きたくなって当然だと思います。 是非、一度は聴いておきたい椿姫でした。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
もともとこの椿姫,コトルバスに華がなく,...

投稿日:2017/09/13 (水)

もともとこの椿姫,コトルバスに華がなく,特にお気に入りの演奏でもない.またクライバーのオケも室内楽的というか,blu-ray Audioで聴いてもその効果はどれほどのものか?という疑念があったが,値段が3000円程度なので購入してみた. 聴いてみたところ,予想通りであった.高音など,確かにblu-ray Audioのおかげでレンジが広がっていることは感じられるが,これによって見違えるほど魅力が増したわけでもなく,わざわざ買うほどのこともなかったというのが結論. 演奏だけなら★4つだが,blu-ray Audio盤としての魅力ということで★3つという評価. デッカの60年代ウィーンフィルの演奏は,blu-ray Audioの魅力が存分に発揮されているが,DG盤は概してダメという印象.元の録音自体が大したことがないということなのだろう.

bobprn さん | 不明 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品