CD 輸入盤

『オテロ』全曲 ムーティ&シカゴ響、アントネンコ、ストヤノヴァ、C.グエルフィ、他(2011 ステレオ)(2CD)

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CSOR9011301
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ムーティ&シカゴ響、久々の新譜は『オテロ』!
気鋭の歌手陣を起用、細部までムーティの意図が浸透した秀演!


ムーティとシカゴ交響楽団の新録音、ヴェルディの『オテロ』です! ムーティは2011年4月7、9、12日とシカゴ交響楽団の定期演奏会で『オテロ』を演奏会形式で上演、さらに一同を率いて15日にはニューヨークのカーネギー・ホールでも演奏。相当力を入れていたことが分かります。ムーティはスカラ座でもザルツブルク音楽祭でも素晴らしい『オテロ』を残していますが、これはシカゴ交響楽団という世界屈指のシンフォニー・オーケストラを起用していることで、細部まで彼の意図が浸透した出来栄えになっています。
 オテロには、2008年8月、ザルツブルク音楽祭でムーティが大抜擢したラトヴィア出身の若いテノール、アレクサンドルス・アントネンコ。3年で大きく成長した歌が聴けます。イアーゴは、悪役バリトンを歌わせたら今これ以上の人はいないほどの個性派名バリトン、カルロ・グェルフィ。近年珍しいくらい憎々しくいやらしいイヤーゴです。クラッシミラ・ストヤノヴァはデズデーモナが当り役で、2006年3月、東京のオペラの森公演でデズデーモナを歌ったのをご記憶の方も多いことでしょう。楚々とした声に加えドラマティックな表現力にも長けた、デズデーモナに打ってつけのソプラノ。カッシオには、若いロッシーニ・テノールとして注目を浴びているフアン・フランシスコ・ガテル。またロデリーゴにも、ロッシーニ・テノールとして活躍しているマイケル・スパイアズ。若く優秀な歌手を重用するムーティらしいやり方です。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・ヴェルディ:歌劇『オテロ』全曲

 アレクサンドルス・アントネンコ(T オテロ)
 カルロ・グェルフィ(Br イアーゴ)
 クラッシミラ・ストヤノヴァ(S デズデーモナ)
 フアン・フランシスコ・ガテル(T カッシオ)
 バルバラ・ディ・カストリ(Ms エミーリア)
 マイケル・スパイアズ(T ロデリーゴ)
 エリック・オウェンズ(Bs-Br ロドヴィーコ)
 パオロ・バッターリア(Bs モンターノ)
 デイヴィッド・ガヴァーツン(Bs 伝令)
 シカゴ・シンフォニー・コーラス(合唱指揮:デュエイン・ウルフ)
 シカゴ交響楽団
 リッカルド・ムーティ(指揮)

 録音時期:2011年4月
 録音場所:シカゴ、オーケストラ・ホール
 録音方式:ステレオ(DSD/ライヴ)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Una Vela!
  • 02. Esultate!
  • 03. Roderigo, Ebben Che Pensi?
  • 04. Fuoco Di Gioia!
  • 05. Inaffia L'ugola!
  • 06. Capitano, V'attende
  • 07. Abbasso Le Spade!
  • 08. Gia Nella Notte
  • 09. Non Ti Crucciar
  • 10. Credo in Un Dio Crudel, 'Iago's Credo'
  • 11. Eccola
  • 12. Dove Guardi Splendono
  • 13. D'un Uom Che Geme
  • 14. Desdemona Rea!
  • 15. Era la Notte
  • 16. Si, Pel Ciel

ディスク   2

  • 01. La Vedetta Del Porto
  • 02. Dio Ti Giocondi, O Sposo
  • 03. Dio! Mi Potevi Scagliar
  • 04. Vieni, L'aula E Deserta
  • 05. Questa E Una Ragna
  • 06. Viva! Evviva!
  • 07. A Terra! Si, Nel Livido Fango
  • 08. Era Piu Calmo?
  • 09. Piangea Cantando Nell'erma Landa
  • 10. Ave Maria
  • 11. Chi E La?
  • 12. Aprite! Aprite!
  • 13. Niun Mi Tema

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ムーティのこのディスクにより、「オテロ」...

投稿日:2021/02/22 (月)

ムーティのこのディスクにより、「オテロ」の音楽の素晴らしさを感じることが出来た。しかし、アントネンコの歌はやや硬い気もする

gakusei さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
ムーティ、長らく待たせての登場となったシ...

投稿日:2014/04/09 (水)

ムーティ、長らく待たせての登場となったシカゴ響とのRESOUND CDは、ショスタコでも、シューベルトでも、もちろんモーツァルトでもなく、やっぱり、そして意外な「オテロ」全曲。ヴェルディの使徒を自認、実践するムーティの本領発揮、総決算的内容。納得できるものしか、発売する必要はない。ここまで来たか、ムーティのヴェルディ。スカラもいいが、この迫力、オーケストラサウンド、右に出る者なし。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品