やせる経済学 世界でいちばん経済合理的に体重を減らす方法

ロバート・バーネット

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478102268
ISBN 10 : 4478102260
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
302p;19

内容詳細

ミクロ・マクロ経済学、経済史、行動経済学、エコノミストによるデータ分析の知識などを織り交ぜたニュータイプ減量法。この一冊で、アタマもお腹もスマートに。気鋭のエコノミストふたりによる経済合理的にやせる方法。

目次 : 序章/ 1章 希少性―なぜ毎日体重を量るべきか/ 2章 豊かさ―1日3食の神話をぶち壊す/ 3章 データ―カロリーを計算するのではなく意識する/ 4章 買い手は用心せよ―ダイエット業界のために時間と金を使わない/ 5章 均衡―変化は人生のスパイスだが、肥満の原因にもなる/ 6章 配分する―ごちそうを食べつつ痩せる

【著者紹介】
ロバート・バーネット : クレムゾン大学にて電気工学の学士号と修士号を、ボストン大学にて経済学の修士号を取得。ワシントンD.C.のブルームバーグ・ガバメントにてシニア・エネルギー・エコノミストや、ボストンのIHSケンブリッジ・エネルギー・リサーチ・アソシエイツの気候変動とクリーンエネルギー部門のアソシエイト・ディレクターなどを歴任。現在はロンドンに在住し、ブルームバーグ・インテリジェンスのエネルギー政策のシニアアナリストを務めている。15年以上にわたりエネルギー分野の専門家として政策立案者、フォーチュン500企業の重役らに投資アドバイスをしており、気候変動対策、石炭規制、石油ビジネスの将来などについて多数の報告書の作成実績がある

クリストファー・ペイン : ケンブリッジ大学卒業。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスにて修士号・博士号を取得。プライスウォーターハウスクーパースでは公認会計士として、JPモルガン・チェースでは、アジア株のバイスプレジデント、F&Cアセットマネジメントでは、新興市場株ファンドの運用者としてキャリアを積む。ブルームバーグでは、シニアエコノミストとしてドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法、バーゼル3、米国の金融財政政策について多くのレポートを著した。クウェート・インスティテュート・オブ・バンキング・スタディーズでは主任研究員として、クウェート中央銀行などの主要金融機関のために同国の銀行金融システムの未来について報告書を作成

月沢李歌子 : 翻訳家。津田塾大学英文学科卒、外資系金融機関勤務を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • くさてる さん

    経済学、だけど難解なところはまったくありません。なぜなら、本書のダイエットプランはとってもシンプル。太る原因はただ一つ、「食べすぎ」なのだから。それをなんとかするための、巷にはびこるダイエットプランに比較すれば、お金もかからず手間暇もそれほどでない、シンプルかつ実践的な内容が紹介されています。まだ読んだばかりで即結果、とまではいかないのですが、この本の教えに従えば、結果は出せそう。おすすめです。

  • イグアナの会 事務局長 さん

    経済学の原理を使って痩せる。人が太る原因はただ一つ「食べすぎ」。必要以上に食べたくなる衝動をコントロールする。 @毎日体重を計る。 Aしっかりした食事は1日に1度だけ。 Bカロリーを意識する。低カロリーのものを選ぶ。 C流行のダイエット法やダイエット食品にお金を使わない。 D食事の変化を減らす。 Eプチごちそう/プチ断食をライフスタイルに取り入れる。 、、、そして、自己責任。。。

  • 亮介 さん

    経済学ではなくエッセイ。画一的に考えているので、これが世界でいちばん経済合理的に体重を減らすことはありえないが。

  • 焼きたこ さん

    印象に残った言葉 自分の未来を敵に回した 今の喜びより、将来の喜びに価値を置く 偽りの空腹 空腹について考える気持ちになるキーワードが散りばめられた本 自分が空腹になるタイミングを考えてみると、夜更かししてる時がまず思い浮かんだ。だいたい0時から2時辺りで腹が減る。このタイミングを寝て過ごせれば1つ辛い思いが減る。

  • RISK さん

    結局「空腹に耐える」なんだけど(笑)ちょっと納得して耐えられそうかな。人間、ゆとりができると食べてしまう。ムダ遣いしない、の感覚でムダに食べない。そのためにアイデアを色々と。もうちょっと経済学でもよかったなー。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ロバート・バーネット

クレムゾン大学にて電気工学の学士号と修士号を、ボストン大学にて経済学の修士号を取得。ワシントンD.C.のブルームバーグ・ガバメントにてシニア・エネルギー・エコノミストや、ボストンのIHSケンブリッジ・エネルギー・リサーチ・アソシエイツの気候変動とクリーンエネルギー部門のアソシエイト・ディレクターなど

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品