ヤニス・バルファキス

人物・団体ページへ

父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

ヤニス・バルファキス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478105511
ISBN 10 : 4478105510
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
関美和 ,  
追加情報
:
248p;19

内容詳細

十代の娘の「なぜ、世の中にはこんなに格差があるの?」というシンプルな質問をきっかけに、元ギリシャ財務大臣の父が経済の仕組みを語る。「宗教」や「文学」「SF映画」など多彩な切り口で、1万年以上の歴史を一気に見通し、「農業の発明」や「産業革命」から「仮想通貨」「AI革命」までその本質を鮮やかに説く。

【著者紹介】
ヤニス・バルファキス : 1961年アテネ生まれ。2015年、ギリシャの経済危機時に財務大臣を務め、EUから財政緊縮策を迫られるなか大幅な債務帳消しを主張し、世界的な話題となった。長年イギリス、オーストラリア、アメリカで経済学を教え、現在はアテネ大学で経済学教授を務めている。著書には「史上最良の政治的回想録の1つ」(ガーディアン紙)と評された『アダルツ・イン・ザ・ルーム』(未邦訳)など、数々の世界的ベストセラーを持つ。2016年にはDiEM25(民主的ヨーロッパ運動2025)を共同で設立し、その理念を世界中に訴えている

関美和 : 翻訳家。杏林大学准教授。慶應義塾大学卒業後、電通、スミス・バーニー勤務を経て、ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。モルガン・スタンレー投資銀行を経て、クレイ・フィンレイ投資顧問東京支店長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hit4papa さん

    ただでさえ娘と会話がなくなっている今日この頃。父が娘に経済の話を語るって?TikTokは、語れないけど、経済のことなら多少いけるっしょ。ということで、タイトルに物凄く惹かれたのが本書。貨幣の起源、エンクロージャーと賃金労働者の発生、剰余価値などをより分かり易く解説しています。市場経済の成り立ちを含め、著者は考え方が斬新です。ギリシャ崩壊の危機の頃、財務大臣であったこと考えると、なるほどなる文章がちらほらとお目にかかれます。経済の一つの切り口として、興味を惹かれはします。娘に語り聞かせるのはムリー!ですが。

  • アベシ さん

    交換価値ばかりを問題にするガリガリ亡者的な大企業や市場経済に反旗を翻し、経験価値をベースにしたネットワークで起業する若者が増えているという。これは行き過ぎたグローバリズムへの反動でもあるのだろうけれど、皆結構しっかりした、経済的な基盤をもっている。映画ブレードランナーやマトリックスはもはや夢物語ではなく、どういう未来を選択するのかという選択肢の延長上の問題となっている。日本が抱える先進的な問題にチャンスを見出している若者がたくさんいるというのは、著者の娘に向けたメッセージと同様に日本の大きな希望である。

  • NICKNAME さん

    経済の本との事だが専門的な事ではなく基本をとても分かり易い例等を用いて説明している。とはいえ最後の方は若干難しくなる。経済とは科学ではなく哲学であるという著者の考えを上手に表現している本である。読み返してみても良いと思う。

  • R さん

    タイトルほどわかりやすいとは思えなかったのだけども、経済とは何か、信用とは何かについて、成り立ちから実際を解説した本でした。格差がなぜあるのか、その始祖が農耕の始まりにあるというお話から、銀行がお金を勝手に生み出す仕組み、それをお金だと信用するということ、その危うさと便利さが理解できる内容でした。経済とは何か、哲学的なアプローチにも見える広範な読み物で、楽しく読み終えました。

  • ひろき さん

    経済は二面性により成り立っている事がよく分かる。印象的だったのたは4点。@格差は「余剰」という概念が生まれた時から存在。A市場のある社会が、市場社会と変貌。人間の持つ経験価値が、労働力として交換価値に転換されたのが分岐点。弱者・小作人のの視点で見た英国産業革命時の囲い込み政策の顛末に技術革新の影を感じた。B市場社会の潤滑油は「借金」。特に「国債」は借金、金融商品、税金の側面を持つ優れもの。借金をベースとした市場社会とは、時空を歪めていることと同義。CESGとは全ての価値を市場化すること。対抗策は民主化。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヤニス・バルファキス

1961年アテネ生まれ。経済学者。2015年1月に成立したギリシャの急進左派連合政権(チプラス政権)で財務大臣を務め、国際債権団(トロイカ)との債務再編交渉を担当した。政権入りするまで長年にわたり、英国、オーストラリア、米国の大学で教授職を務めた。大臣職を辞任した後は、民主主義の再生に向けて活動し、

プロフィール詳細へ

ヤニス・バルファキスに関連するトピックス

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品