CD

交響曲第9番『合唱』 バーンスタイン&ウィーン・フィル

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG5206
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ドイツ・グラモフォン ザ・ベスト1200
ベートーヴェン:交響曲第9番『合唱』
バーンスタイン&ウィーン・フィル


全人的な理念を音楽で表現したベートーヴェン畢生の大作「第9」は、シラーの頌歌「歓喜に寄す」による独唱と合唱を終楽章に置いた革新的な交響曲です。
 1970年頃から活動の拠点をアメリカからヨーロッパに移したバーンスタインと、ウィーン・フィルハーモニーという名門オーケストラとの幸福な結びつきによって誕生した定評ある交響曲全集の悼尾を飾ったこの入魂のライヴ録音は、1980年度レコード・アカデミー賞大賞に輝いています。(ユニバーサル ミュージック)

【収録情報】
・ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』

 ギネス・ジョーンズ(ソプラノ)
 ハンナ・シュヴァルツ(アルト)
 ルネ・コロ(テノール)
 クルト・モル(バス)
 ウィーン国立歌劇場合唱連盟
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 レナード・バーンスタイン(指揮)

 録音時期:1979年9月
 録音場所:ウィーン国立歌劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 高精度ルビジウム・クロック・カッティング

内容詳細

ライヴにおけるバーンスタインの高い燃焼度がストレートに伝わってくる名演として知られる録音。指揮者とオーケストラの緊張感と迫力が、歌手にも乗り移り、圧倒的な演奏となって聴き手の心を揺さぶる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
16
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
今改めて聴いてみると「雑」の一言。 特に...

投稿日:2017/09/13 (水)

今改めて聴いてみると「雑」の一言。 特にクライマックスに至る重要な3楽章が とても残念に聴こえる。 40年間クラシック音楽を聴いてきて、 レコ芸の評価に騙されてきたのも多数。 もはや円熟の「耳」を持つ私には 当時の似非巨匠が耳障りに聴こえて仕方がない。 バーンスタインも、半分似非巨匠だったのがよくわかる1枚。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
歌手の顔ぶれが良いので一度聴いてみたい版...

投稿日:2014/12/31 (水)

歌手の顔ぶれが良いので一度聴いてみたい版でしたが、バーンスタインの芸風は、私の第九の好みに合わないような気がして手を出しておりませんでした。聴いてみて、ああやっぱり、いかにもバーンスタインらしい・・・・という印象でした。ライブ録音なのでしょうね。熱気が伝わってきました。ただ、バーンスタインは好きなんですが、第九はちょっと・・・という感じで、「ベートーベンの交響曲のひとつ」と考えたら、バーンスタイン芸術の珠玉の一枚ともいえる熱演だと思いますが、第九だけはちょっと違った、形式美というか宗教色というかそういうものを期待してしまって。そういう点では大好きなティーレマン版もまだ食い足りなくて、アバドも良かったですが、やはりベームかカラヤンかというところでしょうか。いちおう通して聴いてから、今年も結局、カラヤンで一年を締めくくりました。★を四つにとどめたのは演奏の良し悪しをいうつもりではなくて、国立歌劇場にしてはいい音の方なのだろうけど、もうちょっと欲しかったな、という印象です。

TOCHIPAPA さん | 広島県 | 不明

0
★
★
★
★
★
脂の乗ったバーンスタインと香り高い響きの...

投稿日:2013/01/31 (木)

脂の乗ったバーンスタインと香り高い響きの薄れる前のウィーンフィルが残した遺産。発売当時話題になったものだ。前半は普通のテンポでエネルギッシュに流れ、後半の2つの楽章はテンポを遅くし、ロマン的に気宇壮大にまとめている。スケールでは89年のベルリンの壁崩壊記念の第9が圧倒的だが、安心して聴けるのはこちらだ。2chステレオ録音のはずだが、ハイブリッドSACD化されるのも、リスナーの根強い支持があるからだろうと思う。

eroicka さん | 不明 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品