ベートーヴェン、メンデルスゾーン レビュー一覧

ベートーヴェン、メンデルスゾーン | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

19件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 1950年代後半ハイフェッツは四大ヴァイオリン協奏曲を...

    投稿日:2010/10/21

    1950年代後半ハイフェッツは四大ヴァイオリン協奏曲を録音しておりバックサポートはチャイコフスキーとブラームスはライナー/CSO、ベートーヴェンとメンデルスゾーンはミュンシュ/BSOで本盤ベートーヴェンVCは1955年ハイフェッツ54歳の頃の収録の名盤であります。演奏タイムはこの両者の演奏らしく@20’38A8’48B8’22と短めなのですがこの曲の独奏部分とオーケストラ部分が対等な処を結構両者が対となって展開されているのが充分楽しめます。第1楽章スタートの前奏は直截ストレートな感じでテンポはミュンシュの引き締まったリードと共に速め。そして艶やかなヴァイオリンが入ってこのベートーヴェン作品の幸せ感を伝えて行きます。カデンツァは普段聴くものとは異なり独自なものでいろいろな曲想が盛り込まれており聴き物です。第2楽章も艶やか中にも余計なものを削ぎ落として端正な出来上がりとなっております。最終楽章との間のカデンツァも普通はほんのちょっとしたものなのがこの演奏では異なり聴き処です。第3楽章ヴァイオリン、オーケストラとも心地よく進み短めのカデンツァでやはりアクセントをつけます(ハイフェッツ盤のカデンツァはアウアーやヨアヒムのものをマイナーチェンジしたものらしいです)。なお、ハイフェッツのこの協奏曲録音盤としては1940年トスカニーニ/NBC盤(タイム@21’16A8’42B8’30)、1945年ロジンスキー/NYPOライブ盤(タイム@21’23A8’55B8’28)、1956年ミトロプーロス/NYPOライブ盤(タイム@20’51A8’33B8’32)などが本盤演奏の他にありますので聴き比べもしたいですね。更に1959年収録のメンデルスゾーンも超名演で演奏タイムは@10’57A7’06B5’56と出だしなどこの曲の官能性の程度も少なく相変わらずストレートな感じであらためて聴くと1960年代初めまでロシア系代表的ヴァイオリニストたるに相応しく微塵の感傷も交えずの完璧技術をもっての演奏に対してキリッと背筋を真直ぐにした次第です。ベートーヴェンVCと同様他の演奏盤をメモしますと1937年バルビローリ/LPO盤(タイム@11’04A7’28B5’51)、1944年トスカニーニ/NBC盤(タイム@10’33A6’58B6’08)、1949年ビーチャム/RPO盤(タイム@11’03A7’29B5’53)、1954年カンテッリ/NYPO盤(タイム@10’54A7’13B6’12)等単にタイム上では大差はないのですがハイフェッツのこの曲へのアプローチ暦も興味がありますし年季がそれだけ入っているということなんでしょう。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

    一人のクラシックオールドファン さん |60代

    2
  • マガロフは文句無くうまい。でも魔術的にニュアンスを...

    投稿日:2005/10/30

    マガロフは文句無くうまい。でも魔術的にニュアンスを使いこなす人は録音が良くないと魅力が伝わりにくい。また若いときより、70年代以降の歳を重ね、技のキレがよりスマートになる晩年の方が私は凄いと思うし、他の誰にも真似が出来ない独特の音の作り方、その音楽性の高さに脱帽させられる。この録音で聴かれる「夜のガスパール」も、これでもっと音が良ければ、と心底悔やまれる。演奏の質は文句無く高いけど、ラヴェルの曲は精密を極を行くほど、デーモニッシュな迫力が出ますから。音質は大切です。どこかに音の良い音源はないのかなあ。

    ひのき饅頭 さん

    2
  • 僕は今までハイフェッツをそれほど多く聞いてきた訳ではなく...

    投稿日:2009/03/16

    僕は今までハイフェッツをそれほど多く聞いてきた訳ではなく彼についてはテクニックがあるくらいの印象しかなかったが、このベートーヴェンはとてもいい。切れ味鋭いバイオリンはともするとだれがちになるこの大曲をキリリと引き締め、しかも細かい所も疎かにしない、大人の演奏。音もムターのような芳醇さはないが、かといって物足りないわけではなく自然。そしてミュンシュ・ボストンの伴奏も重すぎず軽すぎず、でしゃばらず引っ込みすぎず、全ての点でバランスがいい。ベートーヴェンのバイオリン協奏曲を敬遠しているような人にお勧めしたい。

    なむ? さん

    1
  • ソリストはこれみよがしに上手い。ベートーヴェンはテ...

    投稿日:2008/06/20

    ソリストはこれみよがしに上手い。ベートーヴェンはテンポ・フレージング・ヴィブラート・ポルタメント・・・部分を取り上げれば古楽器演奏も知ってしまった現代の水準からは違和感が拭えないが、決して不快ではない。メンデルスゾーンでは彼が即物主義者ではなく十分ロマンチストであることが解る。スタイル全体としては当然だがむしろ古い、そして良き時代の記録であるが、曲をこれだけ自分の方に強引に引っ張ってこれる奏者は後にも先にも彼一人かもしれない。

    S さん

    1
  • このCDは昔一頃流行ったらしいブライトクランクでし...

    投稿日:2016/05/20

    このCDは昔一頃流行ったらしいブライトクランクでした。音質は今日のものと比較するのは意味がありませんが、演奏はなかなか迫力がありました。メニューイン氏のヴァイオリンは安定していますし、オケも重量感があります。真剣勝負といったところでしょうか。面白かったです。

    ルシータ さん |60代

    0
  • ピッチを正確に鳴らしてナンボの昨今のヴァイオリン界にあって...

    投稿日:2013/01/25

    ピッチを正確に鳴らしてナンボの昨今のヴァイオリン界にあっては、ハイフェッツはややするとぶっきら棒に聴こえてしまうかも知れない。まして、ベートーヴェンとメンデルスゾーンというメロディアスな作品ならば、何もそんなに弾き急がなくてもよかろうに、と思ってしまうだろう。個人的には、ベートーヴェンなら中庸を行くシェリングや美音のズスケ、メンデルスゾーンなら甘やかなイーゴリ・オイストラフなどを推す。だが、キリリと冴え渡った音で一気呵成に鳴らす中に、ふとしたニュアンスの妙を聴かせるハイフェッツも、これはこれで充分に評価できる。音質も良好。

    遊悠音詩人 さん |20代

    0
  • メンデルスゾーンのVn協奏曲 T 13:05, U 8:01, V...

    投稿日:2011/09/15

    メンデルスゾーンのVn協奏曲 T 13:05, U 8:01, V 6:27, ベートーヴェンのVn協奏曲 T 23:46, U 9:07, V 9:20, カデンツァは両曲ともジョシュア・ベル本人作。ノリントンの伴奏はノン・ビブラートで透明感のある美しい響きでヴァイオリンを支えています。但し、独奏ヴァイオリンのビブラートばかりが耳に付いてしまい私はなんとなく気になりました。

    クラシックなおじさん さん

    0
  • C.デイヴィスのメンデルスゾーンの「イタリア」交響曲...

    投稿日:2010/03/28

    C.デイヴィスのメンデルスゾーンの「イタリア」交響曲と「真夏の夢」組曲(四曲)の入ったLPを聴いていましたので本盤に関係ある前者について少し感想を入れますね。ディヴィスはメンデルスゾーンの交響曲をそう多く録音では取り上げてはおらず「イタリア」交響曲は本盤の1975年BSOとの録音のものと1984年BRSOを振った物が盤としては有るようです。本盤演奏タイムは@10’51A6’44B6’48C5’44と中庸を得たデイヴィスらしい演奏であります。第1楽章・・・イタリア系指揮者とは少し違う感覚で、そう、落ち着いた新鮮さが先ず耳ざわりに良いです。BSOの音色もそれに合ったものです。第2楽章も憂愁過ぎず落ち着いて展開されます。第3楽章のトリオにはメリハリがありそして最終楽章は活発ではあっても決して前のめりにならない処がコントロールを感じさせてくれます。名演と言われるトスカニーニ、カンテルリ等々とはまた違った味わいが楽しめます。なお、本盤にある他の曲は聴いておりませんのでOKランクに止めておきます。(タイムについては盤により多少異なる場合があります)

    一人のクラシックオールドファン さん |60代

    0
  • ベートーヴェンはともかくメンデルスゾーンは独奏がや...

    投稿日:2009/05/30

    ベートーヴェンはともかくメンデルスゾーンは独奏がやたらと音量が小さく、まるで、オーケストラの一員として、席の後ろの方でその他大勢に混じって演奏しているようである。独奏ヴァイオリンより威張っているのが木管のみなさんで、木管パートが面白いくらいはっきりと聞き取れる。その点、大変に変わった録音であると思う。

    顕 さん

    0
  • メニューイン/フルトヴェングラーのメンデルスゾーン...

    投稿日:2008/08/01

    メニューイン/フルトヴェングラーのメンデルスゾーン・ヴァイオリン協奏曲は1950年代往年の名演奏であります。得てしてフルトヴェングラー指揮のケースではどうしても指揮者のリードが目立つように思われがちなのですが彼らの関係(ナチス問題)で補完し合うところもなきにしもあらずなのか結構双方鳴りきっているところがモノラルの古い録音ながら他に替え難い盤となっております。正直フルトヴェングラーの指揮の底深さに私は迷わず「最高」レベルの評価を禁じえません。後世に残しておくべきでしょうね。

    一人のクラシックオールドファン さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%