ベートーヴェン、メンデルスゾーン レビュー一覧

ベートーヴェン、メンデルスゾーン | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

19件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • このCDは昔一頃流行ったらしいブライトクランクでし...

    投稿日:2016/05/20

    このCDは昔一頃流行ったらしいブライトクランクでした。音質は今日のものと比較するのは意味がありませんが、演奏はなかなか迫力がありました。メニューイン氏のヴァイオリンは安定していますし、オケも重量感があります。真剣勝負といったところでしょうか。面白かったです。

    ルシータ さん |60代

    0
  • 1950年代後半ハイフェッツは四大ヴァイオリン協奏曲を...

    投稿日:2010/10/21

    1950年代後半ハイフェッツは四大ヴァイオリン協奏曲を録音しておりバックサポートはチャイコフスキーとブラームスはライナー/CSO、ベートーヴェンとメンデルスゾーンはミュンシュ/BSOで本盤ベートーヴェンVCは1955年ハイフェッツ54歳の頃の収録の名盤であります。演奏タイムはこの両者の演奏らしく@20’38A8’48B8’22と短めなのですがこの曲の独奏部分とオーケストラ部分が対等な処を結構両者が対となって展開されているのが充分楽しめます。第1楽章スタートの前奏は直截ストレートな感じでテンポはミュンシュの引き締まったリードと共に速め。そして艶やかなヴァイオリンが入ってこのベートーヴェン作品の幸せ感を伝えて行きます。カデンツァは普段聴くものとは異なり独自なものでいろいろな曲想が盛り込まれており聴き物です。第2楽章も艶やか中にも余計なものを削ぎ落として端正な出来上がりとなっております。最終楽章との間のカデンツァも普通はほんのちょっとしたものなのがこの演奏では異なり聴き処です。第3楽章ヴァイオリン、オーケストラとも心地よく進み短めのカデンツァでやはりアクセントをつけます(ハイフェッツ盤のカデンツァはアウアーやヨアヒムのものをマイナーチェンジしたものらしいです)。なお、ハイフェッツのこの協奏曲録音盤としては1940年トスカニーニ/NBC盤(タイム@21’16A8’42B8’30)、1945年ロジンスキー/NYPOライブ盤(タイム@21’23A8’55B8’28)、1956年ミトロプーロス/NYPOライブ盤(タイム@20’51A8’33B8’32)などが本盤演奏の他にありますので聴き比べもしたいですね。更に1959年収録のメンデルスゾーンも超名演で演奏タイムは@10’57A7’06B5’56と出だしなどこの曲の官能性の程度も少なく相変わらずストレートな感じであらためて聴くと1960年代初めまでロシア系代表的ヴァイオリニストたるに相応しく微塵の感傷も交えずの完璧技術をもっての演奏に対してキリッと背筋を真直ぐにした次第です。ベートーヴェンVCと同様他の演奏盤をメモしますと1937年バルビローリ/LPO盤(タイム@11’04A7’28B5’51)、1944年トスカニーニ/NBC盤(タイム@10’33A6’58B6’08)、1949年ビーチャム/RPO盤(タイム@11’03A7’29B5’53)、1954年カンテッリ/NYPO盤(タイム@10’54A7’13B6’12)等単にタイム上では大差はないのですがハイフェッツのこの曲へのアプローチ暦も興味がありますし年季がそれだけ入っているということなんでしょう。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

    一人のクラシックオールドファン さん |60代

    2
  • 僕は今までハイフェッツをそれほど多く聞いてきた訳ではなく...

    投稿日:2009/03/16

    僕は今までハイフェッツをそれほど多く聞いてきた訳ではなく彼についてはテクニックがあるくらいの印象しかなかったが、このベートーヴェンはとてもいい。切れ味鋭いバイオリンはともするとだれがちになるこの大曲をキリリと引き締め、しかも細かい所も疎かにしない、大人の演奏。音もムターのような芳醇さはないが、かといって物足りないわけではなく自然。そしてミュンシュ・ボストンの伴奏も重すぎず軽すぎず、でしゃばらず引っ込みすぎず、全ての点でバランスがいい。ベートーヴェンのバイオリン協奏曲を敬遠しているような人にお勧めしたい。

    なむ? さん

    1
  • メニューイン/フルトヴェングラーのメンデルスゾーン...

    投稿日:2008/08/01

    メニューイン/フルトヴェングラーのメンデルスゾーン・ヴァイオリン協奏曲は1950年代往年の名演奏であります。得てしてフルトヴェングラー指揮のケースではどうしても指揮者のリードが目立つように思われがちなのですが彼らの関係(ナチス問題)で補完し合うところもなきにしもあらずなのか結構双方鳴りきっているところがモノラルの古い録音ながら他に替え難い盤となっております。正直フルトヴェングラーの指揮の底深さに私は迷わず「最高」レベルの評価を禁じえません。後世に残しておくべきでしょうね。

    一人のクラシックオールドファン さん

    0
  • メンデルスゾーンは、幼い頃からLPで、そして最近は...

    投稿日:2008/01/19

    メンデルスゾーンは、幼い頃からLPで、そして最近はCDで聴いてきたお気に入りの演奏です。今回SACD版を購入し、細めだけど独特の美しさを持ったハイフェッツのヴァイオリンを、より鮮明な音で楽しみました。でも、あれ?第2楽章3:22のとこで咳払いがきこえる。CDでは入ってなかったと思うんだけどな。 ベートーヴェンはもうちょっと端整な表現が好みです。

    zoo さん

    0
  • ハイフェッツのヴィルトゥオジティを堪能できる、秀演...

    投稿日:2008/01/16

    ハイフェッツのヴィルトゥオジティを堪能できる、秀演。五十年前の録音でありながら、生々しさがある。

    寺尾 さん |20代

    0
  • 私にとっては、この作品のBEST1の演奏だ。モチーフの...

    投稿日:2005/01/16

    私にとっては、この作品のBEST1の演奏だ。モチーフの扱いといい、クライマックスへの高揚と言い素晴らしい。ショルティ本人も自伝で言っていたが、長年この作品を繰り返し演奏してきたマエストロの悩み抜いた最後の結論が聴ける。

    新宿系歌舞伎町 さん

    0
  • ヴァイオリン曲の屈指の名曲であるシャコンヌが聴ける...

    投稿日:2004/12/12

    ヴァイオリン曲の屈指の名曲であるシャコンヌが聴けるだけでもこのDVDを買う価値があります!グリュミオーの艶やかな音色が待ってます! また、三大ヴァイオリン協奏曲の2つが聴けるのも嬉しいところです!

    ラ・ルーナ さん

    0
  • ご存知ハイフェッツの名演中の名演。それが今回望みう...

    投稿日:2004/09/23

    ご存知ハイフェッツの名演中の名演。それが今回望みうる最良の音質で蘇った。とにかく年代を感じさせないそのみずみずしいヴァイオリンの音色にあらためてウットリさせられた。時代を超えて語り継がれる演奏。

    KURO さん

    0
  • 貴重な演奏の映像の出現に大変感謝しております。わが...

    投稿日:2003/10/26

    貴重な演奏の映像の出現に大変感謝しております。わが国には1961年にたった一度訪れただけでしたし、動画映像で鑑賞できたものは今まではラロのスペイン(レーザーディスク盤)のみでした。最近は貴重なライヴ録音が多く出るようになりましたが、それらと同様にパワフルな演奏です。またまた音のなんと良い事!こんな貴重な映像を見ながらでも耳の愉悦が得られるんですよ! Grumiaux氏は、他のヴァイオリニストとかとはちがい、ステージでも視覚よりさらに聴覚に響く演奏を聴かせてくれていたのですね。

    (胡桃)゛王 さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%