SACD 輸入盤

交響曲第2番 レミ・バロー&ザンクト・フローリアン・アルトモンテ管弦楽団(2SACD)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GRAM99211
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明


レミ・バロー/ブルックナー:交響曲第2番(キャラガン校訂版)

1872年に初稿が完成したブルックナーの交響曲第2番は、彼の多くの交響曲と同じく、生涯の間に多数の改訂や修正が施されました。完成年の1872年に初演が予定されたものの、オーケストラの一部の団員から「演奏不能」とされてしまい中止。その翌年にブルックナー自身の手により改訂がなされ、初演もブルックナーが行いました。1876年の再演の際にも若干の改訂が施されましたが、その翌年には友人ヘルベックの助言により大幅に改訂。出版に際しても細部の改訂がなされた他、ブルックナーの弟子たちの校訂も加わり、一時期は原形を知ることすら難しい状態になっていました。
 しかし、ブルックナーの初稿は聖フローリアン修道院のアーカイヴにあり、これに研究者ウィリアム・キャラガンが校訂を加え、初演稿以降にカットされたパッセージも全て復元。またベートーヴェンの第九をモデルにしたとされる初稿通り、第2楽章と第3楽章の順序も入れ替えることで、作品全体をブルックナーの最初の構想に近づけました。レミ・バローも最近人気の高いこのキャラガン版を使用し、ブルックナーの初心をじっくりと描き出しています。オーケストラと一体になった見事な演奏を高音質にて存分にお楽しみください。(輸入元情報)

【収録情報】
● ブルックナー:交響曲第2番ハ短調 WAB102(1872年初稿版 2005年ウィリアム・キャラガン校訂)

Disc.1
 第1楽章: Allegro: Ziemlich schnell
 第2楽章: Scherzo: Schnell

Disc.2
 第3楽章: Andante: Feierlich, etwas bewegt
 第4楽章: Finale: Mehr schnell

 ザンクト・フローリアン・アルトモンテ管弦楽団
 レミ・バロー(指揮)

 録音時期:2019年8月23日
 録音場所:ザンクトフローリアン、聖フローリアン修道院教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 SACD Hybrid

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
いつものレミ・バローのブルックナーです

投稿日:2021/03/09 (火)

いつものレミ・バローのブルックナーです

あじ さん | 不明 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品