CD 輸入盤

交響曲第5番 レーグナー&ベルリン放送響

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BC30112
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

商品説明

【収録情報】
・ブルックナー:交響曲第5番変ロ長調(原典版)
 ベルリン放送交響楽団
 ハインツ・レーグナー(指揮)
 録音時期:1983年9月、1984年1月
 録音場所:ベルリン放送局
 録音方式:ステレオ(セッション)

収録曲   

  • 01. Rogner, Heinz - Sinfonie Nr. 5 B-dur
  • 02. 1. Introduktion. Adagio - Allegro
  • 03. 2. Adagio. Sehr Langsam
  • 04. 3. Scherzo. Molto Vivace
  • 05. 4. Finale. Adagio - Allegro Moderato

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ヒトは慣れたものを美しい(美味しい・上手...

投稿日:2019/02/13 (水)

ヒトは慣れたものを美しい(美味しい・上手い)と認識する 百年に亘って改竄と御都合主義の演奏が横行したため ブルックナーは死後125年を経ても その本然の姿を見ることができない 手がかりは残された自筆譜を筆頭とするスコアだ オリジナルの復元は続いているが道半ばであり 定本はまだないが わたしたち聴き手もスコアに当たることが肝要だろう スコアを読む限り レーグナーの演奏が速過ぎると言うことはない ハース ノヴァーク両版に大きな差異はない 1876年に完成し 79年までに改訂を加え 以後ブルックナーは手を入れていない 幾つもの版が存在する初期の諸曲とは一線を画すから 誰が演奏しても同じ音楽の姿が現れる 演奏時間は65分前後に収まるはずが 現在でも途轍もない長大な楽曲として登場する姿を見る始末だ レーグナーの演奏は68分余り レーグナーらしい解釈もし表現をしてもこれで収まっている 至極真っ当な譜読みであり演奏姿勢だと思う ブルックナーには何もしないに限る スコアに書かれた通り音にすればいい そこにこそブルックナーの美は立ち現れる あなたも如何    

風信子 さん | 茨城県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
3楽章のみ、超名演。細部まではっきりわか...

投稿日:2010/08/29 (日)

3楽章のみ、超名演。細部まではっきりわかり、音も豪快に鳴っている。他の追随を許さない。でも他の楽章はナンジャラホイ。早く演奏することのみが目的の、100m競争のような演奏。それもまた面白いですが。

アーサー ヒルバン さん | 長野県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品