CD

ブルックナー:交響曲第9番 公式ラスト・レコーディング 朝比奈隆&大阪フィル

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCL00073
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

巨匠=朝比奈とブルックナーの白鳥の歌!!
     公式ラストレコーディングとなったブルックナー:交響曲第9番
   
2001年末、多くの音楽の音楽ファンに惜しまれて他界した巨匠=朝比奈。
その公式録音として最後となったのは、このブルックナーの第9交響曲でした。
ブルックナー演奏史に多大な功績を残した朝比奈隆。

まるで巨匠自身の生きてきた道を噛み締めるようなこの演奏は、これ以上ない厳粛さに貫かれた、原始霧の開始から、一点の曇りもない空に限りなく伸びるような夕映えのごとき終止音に至るまで、まさに朝比奈一色。彼にしか成し得ない究極のブルックナーが展開されています。

この演奏には言葉はいらない。そう思うのは私だけではないでしょう。しかし、間違いなく、これが指揮者、朝比奈隆の最後のブルックナーであり、結論であるといえるでしょう。

なお、ライナーノートには朝比奈隆のブルックナー作品の全指揮記録が、特別企画として掲載されております。




ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調(原典版)
朝比奈 隆(指揮)大阪フィルハーモニー交響楽団

録音:2001年9月24日
大阪・ザ・シンフォニーホールにて収録

収録曲   

  • 01. 交響曲第9番ニ短調

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
最近思うことだが、欲しいと思った時に買わ...

投稿日:2021/02/28 (日)

最近思うことだが、欲しいと思った時に買わないと在庫がなくなる。クラシックなんて買う人いねーよ、なんて舐めていると本当に痛い目に合う。そして待っていても再発とならないことも多い。こんなことになる前に朝比奈先生の最後のブルックナーも買い揃えておこうと思った。この9番だけはマルチ音源が入っている。4、5、7、8番の5.1ch盤は売り切れてしまったのか最初から2chのみのリリースであったのか、僕は知らない。ただ、マルチで聴けるこの9番は十分にコンサートの雰囲気を味わうことができる。日本の狭い住宅事情、2チャンネルステレオを爆音で部屋いっぱい鳴らすことができない輩も多かろう。自分もその一人だ。マルチは狭い部屋の産物と勝手に信じきっている。AVアンプを用いてフロント2本だけはプリメインのパワー部に繋いでいる。昔購入したデノンの安いウーファーを用いて4.1chで鳴らしている。チープだが狭い部屋でもコンサートホールさながらの響きを得ることができる。 この9番テンポもゆっくりで聴き応えがある。ホールトーンが美しい。体の隅々まで響き渡る。他の音源もマルチで持ち合わせているなら、是非とも出して欲しい。朝比奈先生最後のコンサートとなったチャイコフスキー5番もSACDマルチで出してもらえないだろうか。僕が知らないだけで出ているのかな?

ゆっきー さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
亡くなってからこれだけ年月が経って言うの...

投稿日:2017/11/06 (月)

亡くなってからこれだけ年月が経って言うのもなんだが、個人的には非常に思い入れの深い演奏。朝比奈が好きだったこともあるが、技術的な数々の瑕疵を超えて、それをうわ回る表現者ののっぴきならない作曲者並びにその表現(作曲論理乃至はその背景)への憧憬と執着と愛情が、垣間見れ垣間見れない部分もかなりの説得力を持って心に迫ってきたから、としか言いようがない。 オケの機能的な完成度は1、表現の自己と作曲家の内的疎通度は5。特に第2楽章が素晴らしい。作曲家の魂の乱舞と演奏者の苦しい肉体下の表現意欲の邂逅(葛藤)が5。 涙なくしてはと言う表現も勿論妥当で可能だが、逆にありきたりの言い方だが、改めて生きる勇気を頂いたと言った方がいいかもしれない。個々の演奏並びに解釈云々よりも、朝比奈の愚直なまでの誠実な指揮者と言う職業人生の晩鐘である。

いやみなぶらいあん さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
ティンパニの八田さんの名演は、1970年...

投稿日:2015/08/18 (火)

ティンパニの八田さんの名演は、1970年代の録音に数多くあります。 この演奏のティンパニは、中谷さんです。

Jaspers1738 さん | 佐賀県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品