CD 輸入盤

交響曲全集、ピアノ四重奏曲第1番(シェーンベルク編曲版) ミヒャエル・ザンデルリング&ルツェルン交響楽団(5CD)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5419748237
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


遅めのテンポ、大きなうねり、濃厚なロマンティックさ!
最近の演奏とは大きく異なる、重厚なブラームス像を作り出した、
ミヒャエル・ザンデルリング&ルツェルン交響楽団による交響曲全集


ミヒャエル・ザンデルリング&ルツェルン交響楽団による、交響曲レパートリーとしての最初のワーナー・クラシックスからのリリースは、ブラームスの4つの交響曲と、シェーンベルクのオーケストレーションによる『ピアノ四重奏曲第1番ト短調』となります。1805年に設立されたルツェルン交響楽団(Luzerner Sinfonieorchester)は、スイスで最も古いオーケストラであり、ルツェルンの素晴らしい湖畔のコンサート・ホールであるルツェルン・カルチャー・コングレスセンター(KKL)のレジデント・オーケストラです。ブラームスとルツェルンの間には重要な個人的なつながりがあります。ロベルト・シューマンの死後、クララ・シューマンと一緒に1回、父親と一緒にもこの街を訪れました。
 ミヒャエル・ザンデルリングは「スイスの中心都市であるルツェルンという場所は、ブラームスとのつながりを生み出します。 山に近く、美しいルツェルン湖に面している・・・ブラームスの交響曲にそれを聞くことができます。 彼の自然への愛、空気の純粋さが聞こえてきます。 そして彼の交響曲第1番では、ブラームスがスイスで初めて聞いたアルプホルンの音を聞くことができると思います。だからこそ、ルツェルン交響楽団にとっても、私にとっても、ブラームスの感情の感覚を引き出すことが出来ました。私はこのオーケストラと一緒に仕事をするのが大好きです。彼らの奏者は非常に素早く、非常に知的に、非常に進んで、そして非常に感情豊かに演奏します。どのオーケストラにとっても、ブラームスの交響曲の録音はマイルストーンであり、その歴史の中で少なくとも一度は起こるべきことです。」と語っています。
 ルツェルン交響楽団による交響曲作品の録音は非常に少なく、今回200年以上の歴史を経て、ルツェルン交響楽団への新たな展望として、特に後期ロマン派の交響曲のレパートリーが注目を浴びてきています。最近の演奏はピリオド解釈も入りつつのテンポも速めの「推進力に富む魅力的な柔軟性」という表現のものが多い中、このM.ザンデルリングの演奏は少し前までのブラームスの演奏のように「重厚なサウンドで濃厚なロマンを描く」という表現が合っているかも知れません。しかしヴァイオリンの艶やかなサウンド、管楽器との対比はここで新しく見いだされたもの。それはこの遅めなテンポと、所々に入るアゴーギクによる大きな呼吸で表現が可能となったものでしょう。通常余白に入る管弦楽作品『悲劇的序曲』『大学祝典序曲』などは無く、ここではシェーンベルク編曲版の『ピアノ四重奏曲第1番ト短調』が収録されている点も彼らしいところ。大注目の演奏録音です。

ワーナーミュージック・ジャパン取り扱い輸入盤のみ、日本語解説書、帯付き。日本語解説書には、山崎浩太郎氏による書き下ろし解説、ドイツの音楽ジャーナリストであるヤン・ブラッハマンによるブラームスとルツェルンの関係についての解説の日本語訳を掲載。(輸入元情報)


【収録情報】
ブラームス:交響曲全集

Disc1
1. 交響曲第1番ハ短調 Op.68
(17:14/ 9:48/ 5:02/ 17:31)

Disc2
2. 交響曲第2番ニ長調 Op.73
(20:59/ 10:00/ 5:15/ 10:03)

Disc3
3. 交響曲第3番ヘ長調 Op.90
(14:30/ 9:04/ 5:30/ 9:17)

Disc4
4. 交響曲第4番ホ短調 Op.98
(14:33/ 12:16/ 6:40/ 11:11)

Disc5
5. ピアノ四重奏曲第1番ト短調 Op.25(シェーンベルク編曲版)

 ルツェルン交響楽団
 ミヒャエル・ザンデルリング
(指揮)

 録音時期:2021年9月7-9日(4)、2022年6月7-12日(2)、6月12-14日(3)、6月23-25日(1)、11月28日〜12月7日(5)
 録音場所:ルツェルン、オーケストラハウス
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 ワーナーミュージック・ジャパン取り扱い輸入盤のみ、日本語解説書・帯付き

【ミヒャエル・ザンデルリング】
1967年、東ベルリン生まれ。幼少期よりチェロの手ほどきを受け、音楽の道を志す。チェリストとして数々のコンクールで賞を受賞し、ミュンヘンARD国際音楽コンクールで好成績を収め、わずか19歳でクルト・マズアに認められ、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ベルリン放送交響楽団の首席チェリストに就任。また、ソリストとしても、トップレベルのオーケストラと共演を行う一方、室内楽奏者としても活躍。2001年より指揮者としての活動をはじめすぐに頭角を現し、欧米の主要オーケストラに客演し、カンマーアカデミー・ポツダムの首席指揮者に就任(2006〜2010)。ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者(2011-2019)を務め、「西洋音楽の根幹のひとつである交響曲の完成者と終結者」として独自の視点から組み合わせた「ベートーヴェンとショスタコーヴィチの交響曲」は、世界的に高い評価を得ている。2021/2022シーズンからは、ルツェルン交響楽団の首席指揮者を務めている。(輸入元情報)


ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
雄弁、荘厳、真摯。そんな言葉が似合う、と...

投稿日:2023/05/01 (月)

雄弁、荘厳、真摯。そんな言葉が似合う、とても素敵なブラームス。人を寄せ付けない緊張感があるかといえばそうではなく、何とも愛着の湧く演奏です。発売元のレビューにもあるとおり、ゆったりとしたテンポですが、緩慢な印象は全くありません。それどころか、時代楽器スタイルのすっきりとした演奏ではなかなか味わえない、ブラームス特有の内省的な雰囲気をより一層強く感じることができるのではないでしょうか。とりわけ第4交響曲の仕上がりは大変素晴らしく、気に入って毎日聴いています。近年演奏会でもよく見かけるシェーンベルク編曲版のピアノ四重奏曲第1番も高水準の出来栄え。第4楽章のジプシーダンスは原曲以上に躍動していて、大変楽しい音楽です。多くの人に聴かれますように。

ブルノのおっさん さん | 北海道 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品