フランシス・マキナニー

人物・団体ページへ

日本企業はモノづくり至上主義で生き残れるか 「スーパー現場」が顧客情報をキャッシュに変える

フランシス・マキナニー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478026571
ISBN 10 : 4478026572
フォーマット
出版社
発行年月
2014年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
292p;19

内容詳細

製造のマネジメントから販売のマネジメントへ、クラウド時代の製造業復活のシナリオ。世界的コンサルタントが日本企業のために書き下ろした10の提言。

目次 : 日本企業がグローバル競争力を回復するためになすべき一〇のこと/ 第1部 情報化した世界を理解する(情報コスト曲線の先を行く/ 情報コスト下落のインパクト/ “スーパー現場”でキャッシュ化速度を加速させる)/ 第2部 スーパー現場への10の提言(クラウドを利用する/ セールスを活性化する/ イノベーションを制御する/ 製造を管理運営する/ 優れたブランドを構築する/ 人材を生かす/ 組織を設計する/ ITを活用する/ M&Aを巧みにこなす/ 顧客サービスを適切にこなす)

【著者紹介】
フランシス・マキナニー : ノースリバー・ベンチャーズマネージング・ディレクター(取締役)。イギリス生まれ、カナダ育ち。トロント大学で経済学を学び、経営コンサルタントに。自身が副社長を務めたノーザン・ビジネス・インフォメーション社のマグロウヒル売却で注目を集め、ノースリバー・ベンチャーズを起業。パナソニックを筆頭に、40年近くにわたって日本企業のコンサルタントを務める

倉田幸信 : 1968年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。朝日新聞記者、週刊ダイヤモンド記者、DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部を経て、2008年よりフリー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Yohei さん

    ★★★☆☆クラウドが急拡大するゼタバイト時代では顧客市場支配力が高まるため、クラウド、スーパー現場によるキャッシュ化速度を加速する経営が必要との趣旨は理解できる。一方で過去にコンサルティングした企業を湛える著書を出しながら、本書で経営悪化したその企業を「私の提案を受け入れなかった」と酷評し、現在担当の会社を持ち上げるその姿勢は、顧客を行動に移してアウトプットを生み出してこそ評価されるコンサルタントの発言とは思えず理解に苦しむ。

  • tkokon さん

    【・・・】著者の言う、「スーパー現場」というのが一体どういうものなのか全くイメージが出来なかった。なぜそれを「Gemba」という言葉を使って表現しようとしているのかも理解できなかった。中村改革時代のPanasonicは業績を一時的に回復させた、その前後はダメ、だから中村改革時代はまともだった、という論調にも違和感を覚える。(経営の効果ってそんなにすぐには現れない。中村改革時代の業績=中村氏の業績とは言い切れない)という具合に全体的に残念な一冊でした。

  • Iron Patriot さん

    主に電機メーカーについての問題点についての記載が中心。松下幸之助に代表される初期に会社を起こした人は優れた考えを持っているけど、現代の日本メーカーは考え方がおかしいと痛烈に批判するとともに、こうやればいいと言う提言もしてくれている。1回さらりと読んだだけでは理解できないので再読する必要がある。あえて詳しくは語らず「松下ウェイ」も読むように誘導された感もあった。

  • 夢仙人 さん

    参考になった。一連の本を読んでみよう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品