CD

スルタノフ−伝説の日本ライヴ −2CD− アレクセイ・スルタノフ(ピアノ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVSL00013
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤

内容詳細

何の予備知識もなく聴いたら、この尋常ならざる表現力がどう聴こえたろうか。2001年6月に35歳の若さで亡くなった事実を知っている耳には、生き急いでいるかのように聴こえてならない。凄まじい勢いで燃焼し、自らを燃やし尽くしてしまった鬼気迫る演奏だ。(堀)(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
なるほど、好き嫌いの嗜好が大きく分かれる...

投稿日:2020/11/02 (月)

なるほど、好き嫌いの嗜好が大きく分かれる演奏である事は納得します。殆どがショパンですが、冒頭のバラ4から一気に魅きつけられ、二枚目の最後まで一気に聴きました。曲により、かなり個性的な解釈もありますが、高い技巧でミスタッチは殆どありません。それ故に出場した95年のショパンコンクールでは審査も物議を醸したはず。優勝出来なかった(一位なしの二位)のも何となく理解できます。 でも、間違いなく天才肌のピアニスト。特に後半のスクリャービン、そして、ラフマニノフのソナタは圧巻の演奏。米国流のマッチスタイルにはしており、ヴァン・クライパーンC での優勝も納得です。 早世したスルタノフ氏、当時の大衆の要求が彼の個性的な演奏スタイルに合っていなかった事から、恐らく大きなプレッシャーとなっていたかも知れません。今となっては甚だ残念ですが、良い意味で様々な感慨を呼び起こす、印象的なディスク、アーカイブであり、買って良かったと思います。

ギマロ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
みなさんのレヴューを見て購入。でもいかに...

投稿日:2010/01/26 (火)

みなさんのレヴューを見て購入。でもいかにそれがあてにならないかがわかった。正直なところがっかり。曲をコントロールできていない、楽器をコントロールできていない、チャイコフスキーで予選落ち、そりゃそうだわ。ショパンの2位?これはレベルの低いコンクールだって審査員が認めざるを得なかったからってことの裏返し。 どんなに贔屓目に見ても3つ星が精いっぱい。これでもいいところを探そうとしたけれど、とうとう見つけられなかった。

かめ さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
私が最も愛好するディスクの一つだ、珍しい...

投稿日:2007/08/11 (土)

私が最も愛好するディスクの一つだ、珍しい盤があるなと思い値段を気にしつつも購入し、聞いてみて自分の無知さに情けなさを感じてしまったほどだ。 個々の作品に対しすさまじい演奏を繰り広げる、だが曲としての形式やその作品にこめられた意図を崩さず、聴者が聴き疲れることはない。 現代ピアニズムの一つの頂点に君臨した演奏だ。 ヴォロドスやアムランもこのような演奏をする事はないだろう。彼はまさに最強のピアニストだった。

黄昏 さん | 山梨 | 不明

4

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト