SACD 輸入盤

マタイ受難曲 ヤーコプス&ベルリン古楽アカデミー、RIAS室内合唱団、ギューラ、他(2SACD+DVD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HMC802156
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
DVD付き, ハイブリッド,輸入盤

商品説明


ヤーコプスのマタイ受難曲ついに登場!
合唱の配置方法など注目の内容!
DVDには録音風景やインタビュー映像も!


ヤーコプスが遂にマタイ受難曲を録音しました! 幼い頃、ボーイ・ソプラノとして演奏に参加したことをはじめ、ヘレヴェッヘ(1984)、そしてレオンハルト(1990)のレコーディングにもアルトとして参加、そして何度もこの作品を指揮してきたヤーコプス。まさに、満を持して世に送り出す、記念碑的録音といえるでしょう。
 「マタイ受難曲」は、2つの合唱と管弦楽のグループを持つ大規模な作品。この初演はトーマス教会で行われましたが、教会の構造や記録等を見ても、その時は、ひとつのグループは正面の祭壇のところに、そしてもう片方のグループは、礼拝参列者の後ろの、バルコニーのようなところで演奏されたと考えられます(しかもそれぞれの位置は24メートルほども離れていました)。ヤーコプスは、このレコーディングに際し、合唱を、ソリストも含む24人のPrincipal合唱団と12人のRemote合唱団に分け、配置をこれまでのように左右に置くのではなく、前後に配置しています。このことにより、音楽面、音響(録音)面の両方で、素晴しい効果を生んでいます。Principal合唱にはエヴァンゲリストやイエス役のソリストも含まれ、受難の物語にダイレクトに関わり、生々しい描写をしていきます。Remoteの方は、たとえば冒頭の合唱曲では「いずこへ?」などのパートを担当、さまよえるような雰囲気を醸成しています。管弦楽も同様の割合で分け、これまでにない音世界。ただ、これは当時の演奏を再現しようとするためのものではなく、あくまでもバッハのアイディアを具現化させようという検討と試行錯誤の結果です。
 冒頭合唱が入るまでのオーケストラの前奏から、通奏低音が刻むひたひたとしたリズムに、管・弦楽器が美しく絡む極美の世界。合唱も非常に柔らか。それぞれのアリアも、歌手が歌う言葉ひとつひとつはもちろん、器楽パートにもすみずみまで血が流れているのを感じます。通奏低音も、アルパーマンのオルガン、野入志津子のリュートなど、場面場面に非常に寄り添った音楽。ギューラのエヴァンゲリストも、出過ぎることはありませんが、物語の起伏に寄り添った語り部ぶりで見事。SACD HYBRIDでオーディオ的に魅力的なことにも注目です!(キングインターナショナル)

【収録情報】
Disc1〜2 (SACD HYBRID)
・J.S.バッハ:マタイ受難曲 BWV.244

 ヴェルナー・ギューラ(テノール/福音史家)
 ヨハネス・ヴァイサー(バス/イエス)
 イム・スンヘ(ソプラノ/12,13,27a,48,49)
 クリスティーナ・ローテルベルク(ソプラノ/8,30)
 ベルナルダ・フィンク(アルト/5,6,27a,38,39,59,60)
 マリー=クロード・シャピュイ(アルト/51,52)
 トピ・レーティプー(テノール/19,20)
 ファビオ・トゥリュンピ(テノール/34,35)
 コンスタンティン・ヴォルフ(バス・バリトン/56,57)
 アルットゥ・カタヤ(バス/22,23,30,42)
 RIAS室内合唱団
 ベルリン大聖堂合唱団
 ベルリン古楽アカデミー
 ルネ・ヤーコプス(指揮)

 録音時期:2012年9月
 録音場所:ベルリン、テルデックス・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

Disc3 (DVD)
トータル46分、録音風景や、ヤーコプスらへのマタイ受難曲についてのインタビュー(日本語字幕はありません)など、情報満載。今回のレコーディングは、演奏陣の配置も注目点なだけに、録音風景を映像で確認できるのはうれしいところです。

収録曲   

  • 01. Kommt, Ihr Tchter, Helft Mir Klagen
  • 02. Da Jesus Diese Rede Vollendet Hatte
  • 03. Herzliebster Jesu, Was Hast Du Verbrochen
  • 04. Da Versammleten Sich Die Hohenpriester
  • 05. Du Lieber Heiland Du
  • 06. Bu? Und Reu
  • 07. Da Ging Hin Der Zwlfen Einer
  • 08. Blute Nur, Du Liebes Herz
  • 09. Aber Am Ersten Tage Der S1/4?en Brot
  • 10. Ich Bin's, Ich Sollte B1/4?en
  • 11. Er Antwortete Und Sprach
  • 12. Wiewohl Mein Herz in Trnen Schwimmt
  • 13. Ich Will Dir Mein Herze Schenken
  • 14. Und Da Sie Den Lobgesang Gesprochen Hatten
  • 15. Erkenne Mich, Mein H1/4ter
  • 16. Petrus Aber Antwortete
  • 17. Ich Will Hier Bei Dir Stehen
  • 18. Da Kam Jesus Mit Ihnen Zu Einem Hofe
  • 19. O Schmerz! Hier Zittert Das Gequlte Herz
  • 20. Ich Will Bei Meinem Jesu Wachen
  • 21. Und Ging Hin Ein Wenig
  • 22. Der Heiland Fllt Vor Seinem Vater Nieder
  • 23. Gerne Will Ich Mich Bequemen
  • 24. Und Er Kam Zu Seinen J1/4ngern
  • 25. Was Mein Gott Will, Das G'scheh Allzeit
  • 26. Und Er Kam Und Fand Sie Aber Schlafend
  • 27. So Ist Mein Jesus Nun Gefangen - Sind Blitze, Sind Donner in Wolken Verschwunden
  • 28. Und Siehe, Einer Aus Denen
  • 29. O Mensch, Bewein' Dein S1/4nde Gro?
  • 30. Ach! Nun Ist Mein Jesus Hin
  • 31. Die Aber Jesum Gegriffen Hatten
  • 32. Mir Hat Die Welt Tr1/4glich Gericht't
  • 33. Und Wiewohl Viel Falsche Zeugen Herzutraten
  • 34. Mein Jesus Schweigt Zu Falschen L1/4gen Stille
  • 35. Geduld, Geduld!
  • 36. Und Der Hohepriester Antwortete
  • 37. Wer Hat Dich So Geschlagen

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
  隅々まで音楽芸術への敬虔な共感がいき...

投稿日:2021/03/03 (水)

  隅々まで音楽芸術への敬虔な共感がいきわたり、スケールの大きさ、振幅の幅広さ、音響が織りなす臨場感…すべてがこのディスクに詰まっている。マタイが演奏された環境に近い音場を再現し、前から後ろから音楽が迫ってくる様は自分がドラマの中に含まれているような気にもさせてくれる。   西洋音楽の伝統の系譜の中に生きているヤーコプスにとってマタイはまさに血となり肉となっているものなのだろう。このディスクはバッハ演奏史・マタイ受難曲演奏史の系譜の中でも一つの頂に数えられると思う。   かつてG.マーラーは「伝統とは灰を崇拝することではない、火を守る(伝える)ことだ」と何かの折に言ったそうだが、ここにあるヤーコプスの立ち位置と挑戦こそそのよい例なのではないだろうか。今まで培ってきたものに新しい試みを加えてマタイのドラマは進んでいく。そこに淀みはなく、どの楽器にも確信を持った解釈が沁みわたり、こと歌への理解の深さは素人の私が聴いていてもハッと気づかせてくれる。

うーつん さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
なんと美しいことか!なんとロマンティック...

投稿日:2021/02/28 (日)

なんと美しいことか!なんとロマンティック!そのくせ、マタイ特有の厳粛なムードは見事に表現されている。ピリオド楽器の香しい音色に酔いしれつつ、聴き通しました。ちなみに個人的に、12番と13番のイム・スンヘの歌が掛け値なしに好き!ロマンティックなんだよなあ!これまた愛聴盤になりました。

maruno さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
この演奏は、音楽的には注文の付けようの無...

投稿日:2017/03/10 (金)

この演奏は、音楽的には注文の付けようの無いくらいのハイレベルです。音質云々はもとより、ヤーコプスの音楽解釈、表現力には全くの違和感を感じません。テンポの関係でCD2枚に納まっていますが、中身は音楽的には最高レベルです。 皆さんは、もちろん1958年のリヒター盤との比較をすることになるのでしょう。 私も、リヒター盤は「人類がこの世に残した録音のうちの貴重な財産である」という考えを持っている一人なんです。ですから、色々な意味において、リヒター盤が「この曲を神格化させた」と言えないこともないと思っています。 しかし、音楽というものは、様々な楽しみ方があって良いと思っています。このヤーコプス盤で、リヒター盤と同じような感動を求めようとするのはムリです。 様々な、音楽の表現があってこそ、我々はそれらを楽しむことができるのです。 この曲で我々が感じたいことは「j・Sバッハ」の音楽ではないでしょうか。 神格された演奏はそれで良し、それ以降の演奏でも感動を伴うものであればそれも良し、と思いますが。

nk さん | 東京都 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品