トップ > My ページ > ニトロプレス(Klausketeer) さんのレビュー一覧

ニトロプレス(Klausketeer) さんのレビュー一覧 

検索結果:42件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/08/25

    趣向を凝らした「ミュージックビデオ」が珍しい。

    「パンクヴァイオリニスト」の異名をとるケネディのため派手な衣装やセットを用意し回転する舞台の上でロンドン・フィルのメンバーも演奏。(44年?も主要メンバーだったボブ・ヒル氏やデイヴィッド・ノーラン氏も居るように見える・・見える・・自信無し。背景として映っているだけに近いので・・確かにカラオケ演奏)

    おそらくケネディの「四季」が大ヒット(200万枚だったか?)したこともあり、更なるヒットを見込んで空撮もするなどかなり力を入れた映像だと思う。
    東京は上野の文化会館のライブラリーでLDの解説書を見たときの記憶だけど製作者は

    「クラシック音楽の映像作品は退屈」

    なので面白くしようとしたんだとか。その意気込みは充分伝わってくる。

    ただ、ちっともDVDが発売されないのでコレを買うことにした!!

    第一楽章だけだけど。
    有り難いことに新品で入手出来感謝!!

    ちなみにテンシュテットは静止画像のみ!!
    しかも使い方が若干シュール・・。


    テンシュテットファンのオレ若干涙目・・・。


    2005年前後「EMI1300シリーズ」が展開され
    テンシュテットのCDやDVDが次々再発、


    所謂「テンシュテット・ルネッサンス」


    がまさかの現実となり(!!!)大感激したがケネディとキョンファの映像作品がとうとう再発されなかった。

    おそらく本人が許可したくないという部分もあるのかな?と思う。

    あまり協奏曲はわかんない(クラシック音楽もよくわかんない)んだけど、よく目にする気がするのが


    「テンシュテットは合わせものがうまい!!」


    あと、どうやら


    「ソリストの暴れっぷりが凄い」(全部じゃないらしいけど)


    テンシュテット自身がもともとヴァイオリニストなので彼女ら彼らの気持ちがよくわかるんだろうなと思う。そしてそれゆえ


    「やり過ぎ」
    「暴れ過ぎ」


    と言われることもある。
    つまり、そういうのが好きな人にはたまらないんじゃないかなあということ。(曖昧でごめん)

    このベートーヴェンの協奏曲のゆったりとした「異色のテンポ、表情」もハマる人はハマるし、駄目な人は駄目らしい。



    オレは「わーい!テンシュテットだ!」



    レベルの聞き方しかしてない(どんな聞き方だ!!?)
    キョンファの演奏は全体的に好評の印象。
    そして、絶対に忘れちゃいけない(気がする)のが



    グティエレスとのシューマンとグリーグのピアノ協奏曲!!



    聞いた人の評価は賛否わかれる面がある(つまりソリストが暴れまくる!!)けどハマる人はめっちゃハマる!!

    何で「暴れまくる」と言ってしまうかというと他の方も書かれてますが



    「テンシュテットのときは凄かったのに、他の指揮者ではそれほどでもない・・」



    と言った意見をちょくちょく見かけたので。
    やっぱりテンシュテットは「合わせものがうまい」のかなあと。
    つまりキョンファ、ケネディのDVDとグティエレスとのシューマン、グリーグの再発希望!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/10/15

    たぶんこの本。テンシュテットに関してかなり突っ込んだ記述があるので興味のある人は見つけたら見てみて。少なくとも愛知県の愛知芸術文化センターのライブラリーにはある。たぶんいまは閉架書庫かな?

    テンシュテット
    実演でこそ真価が発揮される狂気のような情念のうねり
    渡辺和彦氏の記述から抜粋
    「彼は1979年に、ハンブルクの名門、北ドイツ放送交響楽団のポストを手にいれている。しかしこの超一級のオーケストラとは、ほんの何人かの楽員と折り合いが合わず、パリでの公演のあとでケンカ別れしてしまった。」

    「テンシュテットの作り出す音楽は、生演奏とレコーディングとで相当の違いがあるようなので、これらを分けて考える必要がある。と言っても私は、彼の実演を1983年4月に昭和女子大講堂で行われたマーラーの『交響曲第5番』とモーツァルトの『ハフナー交響曲』(第35番)でしか知らないので、あまり大きなことは言えない。ただ、実演での彼は、長身をくねくねと揺らす、やや腰の安定しない指揮姿ながら、会場の聴衆を一種の催眠状態に置いてしまう独特の雰囲気を持っていた。
    しかしレコードやCDでは、そうしたものがやや伝わりにくく、ベルリン・フィルとのデビュー盤の『ライン』のように、ともすれば雑に聴こえてしまうものもある。絵の出るビデオやLDでも実演の雰囲気は半分も伝えない。83年の初来日の演奏が後にテレビで放映された時もそうだった。
    何が原因なのか。彼の音楽が視覚効果に依存しているわけではない。誤解を招くことを承知で言えば、テンシュテットの実演には、ほとんど狂気に近いような情念の発露があり、それは二次元映像や空気の振動の記録のみに頼る録音では捉え切れないのだ。つい最近彼がベルリン・フィルへ客演した際のマーラーの『第6交響曲』なども、現地からの批評や報告を信用すれば、やはりそのような狂気に満ちたものだったようだ。彼の実演の雰囲気を一番よく伝えている記録は、今のところ1988年12月13日、ロイヤル・フェスティバル・ホールでのマーラー『交響曲第5番』ライブCDだろうか。
    ではテンシュテットの録音がつまらないかというとそうでもない。ただ、ちょっと聴き方にコツがあるように思う。彼の実演での雰囲気を少しでも知っている聴き手、想像力で補いながら、あくまでも実演を想定して耳を傾ける音楽ファンにとっては、テンシュテットのレコーディング用の演奏もまた感動を呼ぶ。マーラーの『交響曲第6番』、ブラームスの『ドイツ・レクィエム』、ベートーヴェンの『田園』や「序曲集」、ブルックナーの『第8交響曲』など。
    しかし、CDで聴く音楽を、あくまで実演とは隔絶した純粋家庭電気再現音楽として鑑賞する日本的な開き直りの側で捉えるとテンシュテットの録音はやや地味で、強烈な魅力に乏しい。逆に言うと、実演とレコードとを完全に区別して「レコードには純粋にレコードとしての価値がある」という正論をもってしては、テンシュテットの音楽の魅力は感じ取れない。「音だけで音楽の魅力を純粋に伝えるのが一流の音楽家だ」という、いちおうは誰も反論できない説を振りかざすレコード・ファンには、テンシュテットは多くを語りかけないのだ。
    実演での彼はテンポの変動が度が外れて大きい。リタルダンドしながら強烈なクレッシェンドをかけたり、テーマの前で大時代的にスローダウンしたりはしばしば。弦にことのほか細かい表情付けを施し、それでいて時には暴発気味のフォルテを要求するから、非力なオーケストラではバラバラになってしまう。音だけの記録では雑に聴こえてしまうのも、当初ベルリン・フィルとは必ずしも折り合いが良くなかったと伝えられるのも仕方がない。」

    「複数のオーケストラで聴くテンシュテット」
    「しかし、当初は全集になる予定と伝えられていたベルリン・フィルとのブルックナーの交響曲の録音は、81年に『第4番・ロマンティック』を収録しただけで、続く『第8番』(82年)はなぜかオーケストラをロンドン・フィルに変更している。私は当初、テンシュテットは(西)ドイツのオーケストラとはソリが合わないのではないか、と考えていた。ブルックナーの2つのシンフォニーを聴き比べた場合、ランクは明らかに下のはずのロンドン・フィルとの演奏のほうが、ベルリン・フィルとのものより弦の表情がより細かく(ちなみにテンシュテットはヴァイオリニスト出身で、東独ハレのオーケストラのコンサートマスターだったこともある)、そのほかの部分も、雑に聴こえる部分が少ない。むしろ逆に、ていねい過ぎて音楽の流れを堰き止めているくらいだ。仕事をしすぎるとさえ言われるロンドンのオケを指揮して、彼ほど細部まで徹底して指揮者の意思を感じさせる音楽を造るひとは稀だ。」

    以上本文から引用
    ちなみにテンシュテットの初来日は84年。
    初来日ビデオ存在するならマジ見たい!!!
    私はテンシュテットが北ドイツ放送交響楽団の首席指揮者に就任した年に生まれ、社会人になって自分で稼げるようになってから音楽を聞き出したのでテンシュテットが活躍していた時代のことはさっぱりわからない。(つまりテンシュテットが亡くなる直前くらいから音楽を聴きだした。)
    テンシュテットの時代を知っている人が本当に羨ましい!!わたしと同じような人も居ると思うから参考になれば・・。
    そうだ!だれかテンシュテットのファンブックを作ってくれ!(願望)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/08/27

    演奏内容でなくこのCDについて。
    この97年に日本で発売されたジェシー・ノーマンのワーグナーはそのCDタイトルが大変興味深い。

    「ワーグナーの神髄 ブリュンヒルデの自己犠牲」

    なんて大袈裟なタイトルだろう。

    なんの因果かテンシュテットの死の直前に発売されたものだ。まるで彼の死を予見し惜しむかのような過剰なタイトルだ。

    これを考えた担当者の「過剰な踏み込み」を讃えたい。

    基本的には当時旧EMIが展開していたレッドラインシリーズの国内版だったと思う。

    皮肉なことにテンシュテットがロンドンフィルの音楽監督を辞任したのち、おそらくライヴをふくめ最初の演奏であると思う。つまり彼の復帰を象徴する録音にあたる。

    私はこの演奏は大好きだ。
    ジェシー・ノーマンの圧倒的なパワーと厚みのある声(声楽さっぱりな私でもすげぇと思った)やテンシュテットのふくよかにやらかく、だが凄まじいエネルギーをもった演奏。
    有名なテンシュテットのホームページにもあるように確かにノーマンは息が短い・・。

    英インディペンデント紙だったとおもう。
    NORMAN LEBRECHT氏のテンシュテット追悼文にこの録音について記述があり翻訳機能によれば

    「ノーマンはテンシュテットが求める「トップノート」が出せなかった」

    とある。「トップノート」がうまく訳せないがどうやらテンシュテットは不満があったようだ。


    両者は1984年にもコンサートでワーグナーをやっていたと思う。来日公演直後にロンドンでたしか「トリスタンとイゾルデ」前奏曲と愛の死「神々の黄昏」葬送行進曲とブリュンヒルデの自己犠牲など。
    録音があれば是非きいてみたい。

    なぜなら「巨匠神話」に明確にメトのレヴァインから「指環を振る機会すら与えられていた」といった記述があり、もし実現していれば上述したロンドンでの演奏会のようになったであろうと想像することが可能だからだ。
    これはスタジオ録音だがライヴではテンポもかなり揺れ動いたのではないかとおもう。


    余談だけれどもテンシュテットはEMI時代に少なくとも二回オペラ録音のチャンスがあった。

    二回ともリヒャルト・シュトラウスの「エレクトラ」。

    一回目はピアノリハーサルをはじめたがテンシュテットがキャスティングに対して違和感?を感じたため中止となり、かわりにマーラーの交響曲第六番を録音したとのこと。
    二回目は1985年にメトでライヴ録音する予定だった。(アルファベータ社「マエストロ」第二巻を参照)リハーサルも何週間かおこなったが大病を患ってしまったため実現しなかった。

    わたしは英語はさっぱりなので間違いがあるかも。よろしければNORMAN LEBRECHT氏のホームページSLIPPED DISCの「不可解なクラウス」(翻訳機能)のコメント欄を読んでいただければ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/08/13

    アルゲリッチとテンシュテットのショパンはたぶん北ドイツ放送響とのだと思うよ!ちなみにプロフィールからリリース予定みたい!!MIKIKIだっけ?なんかインタビューでヘンスラー社長が答えてた!!ヘンスラー社長!!大学祝典序曲なんかもヨロシクね!!テンシュテットのは全部聞きたい!!楽章間ノイズや演奏会前後の拍手もしっかり収録してほしいな!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/02/18

    正直、読み始めたとき

    「こんな装甲空母どっから湧いて出た?」

    とおもってたらなるほど!!
    あの二隻を改装したのか!!!!???

    とオレニッコニコ!!!!
    なるほど、もともと計画された時点で排水量は3万トン越えてるから十分可能に思えます!!
    計画番号も110号艦に111号艦。あの二隻より優先して建造されたわけです!!

    いいんですよ!!だって一隻は解体、もう一隻は横須賀のドッグをずっと占拠しつづけ何のやくにも立たず潜水艦に撃沈されて終わってしまったのだから・・。

    すみません、まだ最後まで読んでないけど楽しすぎます!!!

    そして、そうですか「あの人」捕虜になっちゃうんですね。
    それが随分と大きな影響出ちゃってます!!!!!

    そのあたりは読んでのお楽しみ!!!!
    また個人的にわたしが好きな人物が活躍します。
    ひとりは野中五郎氏、陸攻隊の隊長さんですね。べらんめえ調でしゃべるけどひとの名前を呼ぶときは「なあ、**くん」って敬称をつけたりするのが非常に印象にのこった人です。「17人の飛行隊長」だったかな?で読んで好きになって。
    本作では例の陸攻で敵艦隊のまわりをグルグルまわる戦法(車掛かり戦法)で戦果を挙げてます!!ただ実際には損害も少なくなく戦果もほとんどないようですが・・。敵をして「悪夢のようなギルバート海戦」と言わしめた戦法でした。架空戦記のなかではせめてといったところです。
    もうひとりは有馬正文氏、第25航空戦隊の司令官として登場します。末端の兵隊にも謙虚に接した人。「みなさん、いつもお疲れ様でございます」なんて下っ端の兵隊に声をかける艦長はほかに聞いたことがない。そして「見敵必戦」の闘将角田覚治。
    架空戦記は史実で実力を発揮する機会のなかった人物が活躍するのも楽しい。
    あと、わたしは「好きな人物」と言ったよね。いつも注意してるんだけど、単に「好きな人物」とその人物の功績や実力は別だと思ってるから。
    そこは歴史を見るうえで混同しては絶対だめだと思ってるから。
    ちなみに内田弘樹先生の架空戦記、中古でフルコンプリートした・・と思う!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/02/17

    凄まじいパワー、そしてエネルギー。
    これ海賊盤にもなったのだよね。

    かつてNDRが自主製作LPにしたのと同内容のものではないのかな?
    テンシュテットはNDRともう一枚自主製作LPをだしていてそちらはR・シュトラウスの「ドン・キホーテ」。

    紹介文のとおりなら、おそらくレーベルが参考に代理店に渡した演奏テープは激烈、濃厚でまちがいないと思う!!(念のため。イタリア、アスコーナの「英雄」じゃないものね。あれは録音の印象でヘタをするとヤワくきこえるから。)

    さすがヘンスラー社長!!
    「いじってないね!!」
    きっと。
    もし、いじり倒してキレイにした内容のものを代理店にわたしたらコメントも

    「テンシュテットはとてもおとなしい演奏してます」

    とかになってただろうから!!
    これはおおいに期待がもてる!!
    ぜひ多くの方々にきいていただきEMIじゃ伝わりきらない「テンシュテットの実力」を堪能していただきたい。

    ただ、もしこれがLPと同じ内容(と思われる海賊盤を聞いたのだけれど)なら一か所ミスがあったと思う。
    それは編集ミスか演奏ミスかはわからない。
    演奏ミスならそのままでいいい。
    ごめんなさい、うまく言えないし間違ってたらごめんなさい。

    第1楽章の途中の静かな場面で「ターター、ターター」とやる場面が「ター、ターター」になってる。(なんつー説明・・・)
    (もしかしたら海賊盤の方で編集ミスをした可能性もあるので、そうであるなら申し訳ないです。)

    どうなってるかなあ?

    あと、ここから戯言。
    もう何度もかいて「しつこい」けど書くね。
    EMIの英雄は「キレイ作りの薄作り」
    え?あれでキレイって?うん。EMIなりにね。海賊盤にくらべて細かな音まで追えるから。
    で、そういう「作りかた」のマイナス点。

    つまり。はいっ!!

    「ある人はやる気満々だと言い
    ある人はやる気がないと言う」

    結論から言ってテンちゃんの91年の英雄は有名なテンシュテットのホームページにあるように「第1楽章からどうすちゃったの?ってくらいパワーと驀進力がハンパない」ただEMIの「作り方」は「そう聞こえない人にはまったくそう聞こえない」のが大注意。下手をすると、もの凄く悪い言い方をすると「整ってるだけのクソつまらない演奏」にきこえてしまうので繰り返すけど大注意!!!!!!「キレイ」に作ろうとした代償だね・・・。


    で。で。で。




    断言します。



    この演奏はそうした「誤解」をまねく可能性はゼロにかぎりなく近いです!!!!!!



    すなわち「超オススメ!!!!!!!!!!!!!!!」



    もちろん俺が一番好きなテンシュテットの「英雄」は91年の演奏(ただし海賊盤のほう)で不動だけど。
    え?聞く?EMIの正規の、おまえのオススメの91年の英雄聞く?って?


    や・め・と・け!


    たぶん「整ってるだけのクソつまらない演奏」にきこえるよ!!!!!!(心配が止まらないオレ)
    だからこっちの聞いてってお願いしてるんだよーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

    参考。
    聴感覚上のイメージ。
    英雄第1楽章冒頭、ふたつの和音。

    EMI盤
    「うにょん・・。うにょん・・・。」

    当ヘンスラー盤(海賊盤きいた感じ)
    「ヴァ!!ンンッッ!!!!!・・・ヴァ!!ンンッッ!!!!」

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/08/04

    弟と野球の観戦に行くことになった。
    「なんでも良いから車中でかけるCDもって来いや」
    おまえが好きな「大正野球娘」でも「モーレツパイレーツ」でも良い。
    ああ「かんなぎ」のエンディングは良かったなあ。
    弟はガルパンのサントラ(オレが買った)をもってきた。
    テレビ版のサントラだ。
    出発するなりかけたがわたしはソッコーで
    「劇場版に変えようぜ。」
    「なんだかさみしい音だ」
    即座に劇場版に変えた。
    弟も

    「劇場版を聴くとテレビ版はさみしいな」

    劇場版は空気感バリバリで
    「響いてる」感じがマジでたまらねぇ。
    テレビ版はクリアでキレイだがやっぱり物足りない。

    「ここ(車内)がホールみたいに響けばいいがそうは行かないからな。」

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/04/25

    ブルーレイになるのはたいへん喜ばしいことですが・・・あの・・・ジークフリート牧歌は?たしかどちらのコンサートで演奏されDVDにもなりましたが。
    せっかくなら入れたほうが良いと思いますが。
    わたしの勘違いでしたらすみません。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/04/15

    テンちゃんのアメオケとの第九です!!
    メモリーズなので「レコード的に良い音」ではないかもです。

    ここがクライマックスだ!!というところで音質が突き抜けないところがあるけど第一楽章冒頭から音が素晴らしくよく広がり
    最初の大きな合奏の場面で

    「バガーーン!!!!」

    ぶちかましてくれます!!
    この感じ正規盤になると衰退したりします。

    ちなみにいきなり
    ライヴならではの面白い場面が来ます!!

    テンちゃん速めのテンポで冒頭部分を開始し
    最初のおおきな合奏(バガーン!)のあともう一度冒頭部分を再現するのですが・・・


    あきらかにテンポがおそくなってる・・
    テンちゃんの発するアウラに呑まれたようです!!


    これぞライヴ!!

    だいたい?6分半くらいからの音楽が疾走する場面はバーンスタイン(1979・VPOライヴ)のようにテンポを劇的にたたみかけます!!!

    すげぇ!!
    テンちゃんやりたい放題です!!

    テンシュテットの第九の面白いところはまったく同じ演奏がないこと。
    年代が離れているせいもあるでしょうがBSO(1976)LPO(1985、1991、1992)とぜんぶ変化がある!!

    もちろん豪快激烈ロマンティックは共通しますが。

    あと、わたしは気にならなかったのですが独唱のレイミー?の声が
    「気安い感じで軽い」
    そうです。

    あたしゃ何ともおもわなかったけど。

    この演奏の放送録音(だと思う)は存在しないとおもわれていたので発売告知があったときは嬉しかったなあ。
    ファンにはこのオケとのベートーヴェン交響曲第7、8番が低速超重量級の演奏であったため

    「テンシュテットはミネソタとやるときはおかしい」

    といわれたこともあります。
    やだなー。
    テンちゃんの演奏はもとからおかしいじゃないですか!!
    はっはっは。(そら言いすぎ)
    (ただ、このベト7、8は音源の問題のせいでそう聞こえるんじゃないかとどこかで疑ってる。)

    あと、この演奏はたしか1982年だったと思います。
    翌年LPO音楽監督就任演奏会で同曲を振っているのでこんなかんじの演奏だったのかなあと想像してしまいます。

    あの、本当にLPO音楽監督就任演奏会の音源も映像ものこってないの?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/05/25

    うええ!!!!??岡田暁生氏の著作って、もう一部が入手不能なの?しまったなぁ・・・。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/05/12

    友人から緊急連絡!!!「サンボの最新アルバム「キックの鬼」が特典でついてくる!!!!!!」なんだとおおおおおおおおお!!!!!!!??????たった今、このhmvで確認したぜ!!!!!!!!感極まってしまわって(byNHK「トップランナー」)思わずカンフーロック!!!!!!!!いや、これで初めて聞くんだけど。品切れにならないでくれよ!!!!!!!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/04/28

    まちがえたー!!!!!プロフィールじゃのうて「コンセプト」だコンセプト・レーベル!!!!!!!ぶるああああああ!!!!!!書くといっっっも何か抜けてやがる!!!!!!(爆死)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/04/28

    うああああ!!CD再生に使ってるPCがブッ壊れやがったー!!聞けねえええ!!!とりあえず皆さんの感想を楽しみにしております。チキショー!!!これじゃ結局どう言う演奏か録音かわからねええ!!!でも、でもだ!!もし、いつも通りのリマスタだったらおとなしい演奏に聞こえる可能性が高い。だからエグモント聞いて「テンション低い」とか「このときのテンシュテットは調子が悪かった」とか思ったら「今すぐyoutube飛んでください!!」現時点で来日公演(1988)のとこの91年のがアップされていますんでそちらを聞いてください!!91年のBBC盤の方を聞いて「やる気がなかった」という感想は出ないと思います。これずっと繰り返してるんです。ある人は「やる気満々だ」と言い、ある人は「やる気がない」と言う。どうしてそんな根本的なところで感想わかれるの?って。端的な例としてEMI(現ワーナー)から出た国内盤のテンシュテットのベートーヴェン「田園」「第8交響曲」の解説書で宇野功芳氏は前者を(おおよそですが)「まろやかですんなり流す」後者を「典雅なな小品」「fやffもmfで弾かれる」と書いていらっしゃる。ところが吉井亜彦氏の「名盤鑑定百科」で前者は(いま手元にないのでだいたいですが)「ゴツい感じの演奏でヤワではない。内容あるがやや力みもある」とし後者を「柄が大きく力がこもる。意欲的だが様式的にはややズレもある」と書かれていたのです。(EMI1300再発の際、たしか中村孝義氏はレコ芸で後者を「壮大なスケール」と評していた気がします。記憶ですみません。)特に吉井氏の「ヤワではない」の一言は「解説書に書いてあることおかしいよ」と言うツッコミであるのは間違いないと推察します。こんなことずっと続いてるんです。「演奏の実態が把握できない」っていう。あと、ここで宇野功芳氏を責めるのはおかしいんです。だって「だったらちゃんと伝わるように作れよ」って話じゃないですか。なんで「力みもある」「ゴツい」演奏が「まろやかですんなり流す」というふうに聞こえるようにつくっちゃうの?どうしてもレコードって綺麗に作らなきゃいけないの?っていつも思う。だってみんなに伝わってないもの!!初出当時のマラ5ライブ(ワーナー、1988)の解説書にテンシュテットの人気がイマイチ出ないと書いてあった(要因はいろいろでしょうが)けど「そりゃそうだ」と思ったもの。「まろやかで流すだけに聞こえる演奏家なんて誰がききたいの?」って。また「最近名盤らしい名盤がなくなった」なんて聞いたとき「ただの懐古趣味」と思いつつも「そうだろう」ともおもってしまった。「完璧で綺麗なレコードにしようとするあまり演奏を、演奏家を殺してきたんだろう?」なんておもってしまった。テンシュテットに関してはライヴの時代になれば変わると期待していたのですがうまくいきません。どうにも。プロフィール・レーベルのブラ1のレコ芸での批評は個人的にトドメでした。(このレコードについてはやむを得ない事情もあるようで後述します)宇野功芳氏と故・小石忠男氏(亡くなられたと知った時はショックでした)の批評が掲載されたのですが「愕然としました。」もう完全に「田園」「第八」の繰り返し。宇野氏は「はみだしのない模範的なもの」「速めのテンポですんなり進んでゆく」なのに小石氏は「かなりスケールの大きな演奏」終楽章では宇野氏は「主部も凄みを期待する方が無理というものだ。凄みのないこの曲のフィナーレなど聴きたくないが、それが不要だというのなら、個性や新鮮味を求めたい」なのに小石氏は「冒頭から波打つようで、例のアルプスの旋律も強靭である」「もちろん主題は明朗にひろがる。生命力が湧出し、輝かしく発展する。」「テンシュテットらしい雄渾かつ劇的な演奏である。」・・・どっかでみた景色。マジうんざり。「感想は人それぞれ」というのならフルトヴェングラーの戦時中の鬼気迫るライヴを「まろやかですんなり流す」と言っても、その一言ですましてもらえるのかな?そして肝心のこのレコード、LPOレーベルが豹変して、もしかしたらムチャクチャ生々しい音かもしれないけど、例え今まで通りでも、LPOレーベルのレコード作りは残酷なほど正しい。でも、そうでないレーベルの登場も正直なところ願っている。(ICAやアルトゥスはまだ?)ああだこうだ言ってるけど、わたしは誰も恨むつもりはない。ただレコードの歴史を恨む。あと細かいことだけどひとつ謝罪させてもらいたい。ガチで細かいことです。消しちゃったレヴューだけど、プロフィールのブラ1を「音をいじってる」って書いたことがあったのですが間違いです。私が聞く限り全く迫力なくきこえたのですが「音をいじった」のでなく「そういうふうに収録しちゃった」が正しい気がします。それはリマスタリングではどうにもならないようなので。ICAから再発されても印象がほとんど変わらなかったのが良い証拠かなと考えています。申し訳ありませんでした。そういうふうに収録してしまったものについては「しかたがない」って思います。それは発売してもらえて感謝です!!レコ芸読んでうんざりはしたけどどうにもならないもの。それは「積極的に諦めます」ので「しょうがないよね。テンちゃんの演奏だし空想で補いながら聞こう!!」という気持ちです!!もともと凄まじいド迫力の音源を、それこそ「まろやかで流すだけ」に聞こえるように処理されたら、それはガチうんざりですけど。マジでやめろ。あとレーベルってlabelって書くの忘れとった。levelだと勘違い(ザ・阿呆)してめっさレーヴェルと書いてまった。(そりゃレヴェルだぜえ)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/03/29

    hmvからアナウンスが来て開いたらコレがでた。「タイムマシン」。わかってるねぇ…。あの日あの時あの瞬間に立ち会うんだよね。所詮錯覚でもさ。そう言う感覚でまさしく「レコード」(多義的な意味で)を作ってくれるレーベルはフルトヴェングラーとかはあるんだねぇ…。関係ないけどテンシュテットだと未だほとんどに無いよ…。まさしく純粋にレコードにこだわるばかりで…。もちろんそれもひとつの正しい方向性なんだが…。羨ましいよ!!フルトヴェングラーファンが…!!!「わかってる人」がちゃんとやってくれるんだから…。自分が求める事をやってくれる人が居る。でもテンシュテットはアルトゥスとか一部除いてやっぱりほとんどないねぇ。いつかオレの望む形で誰かテンシュテットの「レコード」を作っちゃくれないかい?

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/01/19

    どこでもレンタルやってないので買う事にした。制作費10億オーバーの大作(当時の邦画では…)。 ネタバレします。ネタバレです。見物はクライマックスでパトカーの大群に突っ込んで大暴れする所。演技のテンション高いし建物爆破したりするけど全体としてはカーチェイスがどうしても横転してコロン…バスが横転コロン…パトカーがコロン…高級外車がコロン…。作品のテンション高い割にカーチェイスはやってる事自体は地味でちょっと残念と言うかこの辺り邦画の限界か…コロン…コロン…。「マトリックス・リローデッド」「バッドボーイズ2バッド」「ワイルドスピード・メガマックス」なんかと比べたらイカンのだろうけど…コロン意外無理なのかなぁ…邦画って。でもクライマックスはアイデア、ビジュアルとも健闘してたと思う!!そら「暴走パニックー大激突」(クライマックスがガチでキレてる)や「狂った野獣」(ほぼ全編キレてる。強盗役の人の演技がキレすぎ「さぶぅぅぅーーッッ!!!!!」「ぶちころしちゃるけのぉぉぉーーーッッ!!!!!」「わしゃ捕まらんぞ!!わしゃ捕まらんぞぉぉぉーーーーッッ!!!!!」)ほどは突き抜けてないかもだけど…。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:42件中1件から15件まで表示