トップ > 音楽CD・DVD > ロック > King Crimson > In The Court Of The Crimson King: クリムゾン キングの宮殿

King Crimson

CD In The Court Of The Crimson King: クリムゾン キングの宮殿

In The Court Of The Crimson King: クリムゾン キングの宮殿

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:118件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    フォルラン  |  兵庫県  |  不明  |  2011年10月15日

    今さら言うまでもなく、さんざん語り尽くされた名盤中の名盤。自分も今まで十分聴いた気になっていたが、音質が飛躍的に向上された近年のリマスター盤を聴くと、また新たな発見がある。それほど細かな音まで深く作り込まれているということだろう。この作品と出会った25年前、「これは一体何なんだ!?」と強烈な印象を受けたが、この手の音に免疫のない人達には現在でも同じようなインパクトを与えるはずだ。40年以上、聴く人々に衝撃を与え続ける音楽。その事実こそがこの作品の凄さであり、時代・世代を越えて永遠に聴き継がれていく名盤たる由縁だろう。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    yesxyz  |  奈良県  |  不明  |  2011年05月16日

    作品として凄いのはLPで認知してるけど、商品化の回数もトップを走ってる。商品ごとにレビューを別にしないと参考になりません。21世紀に異常に商品化されてる作品。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ヤギ  |  神奈川県  |  不明  |  2010年09月14日

    収録曲はどれも粒ぞろいの名曲というだけでなく、すべてが高次元にバランスされていて、ある種の緊張感を生み出している。当時(1969年当時)の時代背景とアルバムの斬新さを考え合わせれば、その衝撃後は計り知れない。その分強烈な個性を放っているので、好みが真っ二つに分かれるのは致しかたのないところ。星三つ以下があまりに少ないのは意外。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    がすたふ孫  |  神奈川県  |  不明  |  2010年08月28日

    初めて聴いた。音楽観が変わった。今まで聴いてたものは一体何だったんだろう。今更ながら、とんでもないものに出会ってしまった。脳がわなわな震えて止まない。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    鳴門の海賊  |  徳島県  |  不明  |  2010年04月19日

    まだ残ってるんだぁ・・・これまでのリイシュー盤も(たぶん)大量の在庫を廃棄処分したろうに。もう少しマーケティングしてからプレスしたほうがエエと思うわ。だけどアイテム自体は決定盤(?)で文句はないよ!ホンマこれで終わりにしよっ!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    prog-gazer  |  不明  |  不明  |  2010年03月07日

    これはプログレだ,いやジャズロックだ,いやいやこれはKing Crimsonだ! ジャンル分けするとしたらこうなります. 音楽が好きならば,一度は聴いてみて損はないはずです.

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    kazukun  |  不明  |  不明  |  2009年11月06日

    ★三つ以下の方たちはかわいそうですね。 良さを判らずとは・・・。 やはり今の世代でしょうか? 音に対してもの凄く敏感なのでしょうかね。 もしや音楽関係者の方でしょうか? 昔の音に触れることも大変重要なのかと思いますがいかがでしょうか? 音云々よりもあの時代からしたら楽曲のクオリティの高さに脱帽です。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    タケ  |  千葉県  |  不明  |  2009年09月02日

    何度となく再発されてきた今作も遂に40周年。 あのThe Beatlesの「LET IT BE」をチャートの一位から蹴落としてから40年も経つのだ。 正直、こんなにヴァージョンが多いとは思ってもいなかった。 ミックスの違いを聴き分ける事は出来るのだろうか・・・ それにしてもフィリップ公のスティーヴ・ウィルソンまで巻き込んだ最近のプロジェクトはいったい何時まで続くのだろうか? それともスティーヴをNew King Crimsonに入れて活動再開? どうせなら映像のアーカイヴにもちょっとは手を出してほしいものだ。 なんやかんや言って結局買っちゃうのかなぁ〜。 「クリムゾン キングの宮殿」と「レッド」は欲しいかも。 でも来年にはまた新しい「クリムゾン キングの宮殿」が出たりして・・・ 勘弁してよ・・・

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    CC  |  東京都  |  不明  |  2009年08月29日

    星5つはもともとのアルバムに対する評価として、フリップ氏はアナログ盤起こしを認めているのかな?

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    COOL部長  |  静岡  |  不明  |  2008年10月24日

    最高の上に超を付けなければいけない作品だ。作られたものではなく、できちゃった作品にもかかわらず、計算され尽くされたかのような整合感は驚愕の化学反応だ。その神秘的な魅力はダビンチの名画モナリザと同様に誕生の秘密を探りたくなる。たとえだめと評価したとしても、あらゆる人に聴いて欲しい。後悔しないために。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    YOUKI  |  東京  |  不明  |  2008年08月02日

    音楽map拝見しました。ドノヴァンがKCのライブでセッションをした事は有名ですが、多分フリップは少年時代にお気に入りだったスコッティ・ムーアを回想していたのでしょうね。又、「ジミから影響を受けたと言われるが殆ど受けていない」という発言も有り、混乱してしまいます。バルトークやドビッシー趣味はピートで、フリップにとって重要な人物は太陽と戦慄を生み出す糸口となったキース・ティペットだと思います。 KCを否定した同世代のミュージシャン。ジェフ・ベック「私は椅子に腰かけて30分以上も演奏したくはない」 クリスチャン・ヴァンデ「KCは絶望を演出するバンド」 人の感性の多様さは実に面白いですね。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    はのいろっくす  |  プノンペン  |  不明  |  2008年07月14日

    『あの人のつながり 音楽map-King Crimson』の影響を与えたアーティストにはHELDONとSBB、受けたアーティストにはマイルス・デイヴィスとジョン・コルトレーンも入れてほしかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    kc  |  愛知  |  不明  |  2008年05月23日

    リマスターされる度に買っている数少ない私の超お気に入り盤。お気に入りって陳腐な表現をするのもこの作品に対して失礼かなw。名盤というレベルを超えて神棚に飾っておきたいくらい次元が違う音楽だと思う。 オリジナルマスターエディションはホント素晴らしいですね。個人的にですけど前のやつとは音質が格段に良くなったような気がします。 内容に関しては他の皆さんが書かれていますので今さら書くことはありません。とにかく言いたいことは、これからロックを聴いてみようと思い立ったそこの君、ビートルズやレッド・ツェッペリンも素晴らし

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Tamakko Lake  |  Kokubunji-TOKYO  |  不明  |  2008年05月11日

    24bitリマスタ-によって蘇った名盤、やはりオリジナマスタ-は完璧だと思います。まるで今、目の前でKCがプレイしてくれているような気分です。マイケルジャイルスのドラムとグレッグレイクのプレイとボ−カルは究極の荘厳さがある。メロトロンがこのアルバムらしさを演出している。メゾピアノからフォルテッシモまで自由自在の音楽作りには今でも感動が深い、人間の歴史に残る1枚でしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    YOUKI  |  東京  |  不明  |  2008年04月09日

    40年ほど昔に、デューク・エリントンはこう語りました。「音楽を型にはめ、分類する事はおかしい。これはジャズだ、クラシックだ、ロックだ、フォークだ、ソウルだ何だと分ける事は無意味だ。音楽には2種類しか無い。良い音楽とくだらない音楽とね」と。 初期クリムゾンはその思想を見事に具現化しました。クリムゾンのおかげで、私はあらゆる音楽が聴ける様になりました。但し、その音楽に独創性がある場合に限りますが。 以上の様な意味に於いて、宮殿は未来永劫、偉大な作品であり続けるでしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:118件中1件から15件まで表示