トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ヴェルディ(1813-1901) > 『ルイザ・ミラー』 ドミンゴ(T)、マゼール / コヴェントガーデン・ロイヤル・オペラハウス管弦楽団

ヴェルディ(1813-1901)

CD 『ルイザ・ミラー』 ドミンゴ(T)、マゼール / コヴェントガーデン・ロイヤル・オペラハウス管弦楽団

『ルイザ・ミラー』 ドミンゴ(T)、マゼール / コヴェントガーデン・ロイヤル・オペラハウス管弦楽団

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    ユローヂィヴィ  |  大阪府  |  不明  |  2012年11月29日

    マゼールの目の覚めるような鮮やかな指揮が序曲から発揮されている。 ただ第一幕の合唱は田舎の村人たちが歌っているという場面だが、それにしては立派すぎる。 第一幕のティロル地方を表現した音楽はこれまでのヴェルディの音楽にはなかったような暖かさがある。 物語の主題もこれまでの愛国的・歴史的なものから若い男女の恋愛に主軸を置いたものになっている。 これまでは恋愛が名誉や政治的な理由によって破滅させられるという筋が多かったが『ルイザ・ミラー』にも葛藤が襲いかかるものの、恋愛が主軸にある。 シラー原作のよくできた戯曲だ。 ミラーを歌うブルゾンが役に合っていると思う。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示