アレクサンドル・カントロフ/ブラームス、バルトーク、リスト

2020年06月25日 (木) 11:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


チャイコフスキー国際コンクールの覇者
アレクサンドル・カントロフの期待の新録音!
ブラームス、バルトーク、リストのピアノ作品集


SACDハイブリッド盤。2019年に開催された16回チャイコフスキー国際コンクールで優勝を果たしたアレクサンドル・カントロフ。本選ではチャイコフスキーのピアノ協奏曲第2番を演奏し、有名な第1番を上回る高度なテクニックを要する難曲をコンクールの場で見事に披露したことでも話題となりました。
 そんなアレクサンドル・カントロフの才能に惚れ込んだBISレーベルの社長バール氏は、カントロフが10代より録音を行っており、既に4枚のディスクをリリースしております。期待の新録音はコンクールを挟んだ2019年9月(フランス)と2020年1月(フィンランド)にそれぞれセッションにて収録しました。
 当アルバムではブラームスのラプソディ第1番、ピアノ・ソナタ第2番、バルトークのラプソディ、そしてリストのハンガリー狂詩曲第11番を録音しました。彼が最も得意とするブラームス、リストでは20代にしてこの深みはやはり大物であることを証明しているかのような出来。また、バルトークも感性豊かに演奏しております。「若きスター」カントロフの今を知れる充実のアルバムが完成しました!
 ジャン・ジャック・カントロフの子息で1997年生まれのアレクサンドルは父親譲りの才能の持ち主。16歳のときにはナントおよびワルシャワでのラ・フォルジュルネでシンフォニア・ヴァルソヴィアと共演し、ラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲を披露。抜群のテクニックと情感豊かな演奏で聴衆を熱狂させました。
 BISレーベルからこれまでにリストのピアノ協奏曲、ロシアの作曲家に焦点を当てたアルバム、サン=サーン
スのピアノ協奏曲第3〜5番、ホセ・セレブリエールの作品集を発売しております。(写真c Jean-Baptiste Millot)(輸入元情報)

【収録情報】
1. ブラームス:ラプソディ第1番ロ短調 Op.79-1
2. ブラームス:ピアノ・ソナタ第2番嬰ヘ短調 Op.2
3. バルトーク:ラプソディ Op.1
4. リスト:ハンガリー狂詩曲第11番


 アレクサンドル・カントロフ(ピアノ/Steinway D)

 録音時期:2019年9月(3,4) 2020年1月(1,2)
 録音場所:パリ、ルイ・ヴィトン美術館(3,4) フィンランド、タピオラ・コンサート・ホール(1,2)
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND
 プロデューサー&サウンド・エンジニア:イェンス・ブラウン(Take5 Music Production)

 BIS ecopak
3件中1-3件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて