Classical Collection (Violin)
New Items Available

Classical Collection (Violin) Review List

Classical Collection (Violin) | Review List | HMV&BOOKS online is a world class entertainment website which provides CD, DVD, Blu-ray, Games and Goods, Books, Comics and Magazines. Ponta Point available for both sites! Special campaigns and limited novelty with multiple payment & delivery options for our customer’s satisfaction!

Customer Reviews

1009Reviews
Sort by.: New Arrivals| Order by Empathy Score| Higher Reviews
  • ブルッフのコンチェルトをメインにアンコールピースの...

    Posted Date:2021/12/01

    ブルッフのコンチェルトをメインにアンコールピースのような小品を収録したアルバムになっています。バイオリンコンチェルトでは、4大コンチェルトの録音が多く、ブルッフやシベリウス、モーツァルトなどはどうも二番手のような扱いになり新録音も少ないような気がする。ブルッフはブラームスのようなジプシー的な響きにメンデルスゾーンのような甘い旋律などもありもう少しCDや演奏会でも取り上げられても良い作品だと思います。演奏時間も切れ目はないですが23,4分程度でメンデルスゾーンよりも短く聞きやすいと思います。レイ・チェンの演奏はジプシー的な泥臭さは感じられないがさらっと繊細な響きが印象的でした。

    k.k .

    0
  • 旧ソ連を代表するヴァイオリニスト、ダヴィド・オイス...

    Posted Date:2021/11/10

    旧ソ連を代表するヴァイオリニスト、ダヴィド・オイストラフの息子、イーゴリ・オイストラフの残した録音を集めたメンブランの激安BOX。 メロディアやエテルナ、グラモフォン、英コロムビア等に録音された音源が原盤。 父ダヴィドのBOX物は幾つかありますが、イーゴリのBOXは意外と見当たりませんので案外貴重なのかも知れません。 それぞれのCDの感想を以下に書きます。 CD1→ハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲はユージン・グーセンス指揮、フィルハーモニア管弦楽団の伴奏で収録。 近い時期にダヴィッドが作曲者と録音を残しているが、このイーゴリ盤、2楽章まではソ連の演奏家の録音として見れば大人しいが、3楽章ではここぞとばかり技術を披露しており、なかなかのもの。 オケもソリストに引っ張られてか3楽章から本気を出している。 親子共演となったヘンデルのトリオソナタはボーナス扱いだが、こちらの方がこのCDの聴きどころ。 ヤンポルスキーも良い仕事をしている。 CD2→バッハのヴァイオリン協奏曲はフランツ・コンヴィチュニー指揮、シュターツカペレ・ベルリンと録音したもので、渋い伴奏が目立つがヴァイオリンもよく歌っていて正統派の演奏と言えます。 サラサーテのナヴァラは指揮は同じくコンヴィチュニーが受け持つものの、オケがライプチィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団に代わり、イーゴリ共々楽しいスペインの世界に案内してくれます。 ヴィエニャフスキーは再び親子共演で、その技術と表現力に圧倒されます。 CD3→チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲とサン=サーンスの序奏とロンド・カプリチオーソを収録。 共演はヴィルヘルム・シュヒター指揮、ミュンヘン・プロ・アルテ管弦楽団。 チャイコフスキーはよく歌った好演奏、サン=サーンスは普通でしょうか。 シュヒターはこういう伴奏物も数多くこなしているだけに合わせるのは上手いですがオケがちょっと粗いでしょうか。 CD4→ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を収録。 伴奏は3枚目と同じ。 このベートーヴェンはオイストラフの技巧を楽しむ演奏と言えるでしょうか。 3楽章等がまさにそれです。 尚、オケ名はHMVのサイトに倣いましたが、CD3、4枚目ともプロ・アルテ管弦楽団としか書いてなくミュンヘンの文字はありません。 CD5→今までは協奏曲中心であったが、いきなり室内楽作品集となっています。 イーゴリの表現力と技術力が高い水準で発揮された無伴奏ヴァイオリン・ソナタやダヴィッドとピシュナーと共演したトリオ・ソナタが聴きどころです。 CD6→バッハのヴァイオリン協奏曲第2番とベートーヴェンのロマンス第1、第2番が収録されています。 共演はフランツ・コンヴィチュニー指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団。 ドイツのオケらしい重厚な響きと渋い演奏に、イーゴリの歌ったヴァイオリンが聴きどころ。 ボーナスとして、ダヴィッドが、ユージン・グーセンス指揮するロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団と共演したロマンス第1、第2番が収録、聴き比べ出来るようになっています。 CD7→ラコフのヴァイオリン協奏曲とヴァイオリンとピアノの小品を収録。 ラコフは旧ソ連の作曲家でグリエールとワシレンコに師事し、教師として、デニソフやB.チャイコフスキー、エシュパイ、シュニトケを育てた人物です。 このヴァイオリン協奏曲はラコフの作品で最も知られた作品でダヴィッドによる録音もありますが、イーゴリによる本録音は初CD化ではないでしょうか? 作曲者、ニコライ・ラコフ指揮、モスクワ放送交響楽団による自作自演でもあり、ソ連のオケらしい豪快な演奏やイーゴリの熱演ぶりが聴きどころです。 小品はラコフやハチャトゥリアンらソ連の作曲家に加えてモーツァルトやクライスラーと言った外国の作曲家も取り上げられています。 伴奏のピアニストはインナ・コレゴルスカヤという人物で詳細は不明ですが、良いサポートで、イーゴリのヴァイオリンを引き立たせています。 CD8→ゲオルグ・ベンダのトリオ・ソナタとブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番を収録しています。 ベンダは1枚目のヘンデルと同じ組み合わせで、ダヴィッドの伴奏を手がけたヤンポルスキーのサポートと親子共演が聴きどころ。 ブルッフはダヴィッドがロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団を振った物で、3楽章がよく歌っている。 CD9→バルトークのヴァイオリン協奏曲第2番とヴィヴァルディの調和の霊感を収録。 バルトークはゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮、モスクワ・フィルハーモニー交響楽団による演奏だ。 このバルトーク、オケとソロが申し分なく、旧ソ連の演奏家は凄かったんだなっと思わせる好演奏。 ヴィヴァルディはダヴィッド・オイストラフが指揮とヴァイオリンを受け持ち、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団をバックに演奏したもの。 これも親子共演を楽しみ演奏と言えるでしょうか。 CD10→メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲とヴィエニャフスキのヴァイオリン協奏曲第2番を収録。 どちらもフランツ・コンヴィチュニー指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が伴奏しています。 このBOXでコンヴィチュニーとの共演は多数ありますが、2枚目のバッハのような強烈さはなくこの中ではまだ普通の演奏でしょうか。 とは言え歌うヴァイオリンや、しっかりとした伴奏等水準以上の演奏ですが。 復刻は録音年代を考えれば悪いものは少なく、十分と言えます。 ただ、一枚あたり平均で45分程とLP並みの収録時間なので、もう少し何か収録されていると良かった。

    レインボー .

    0
  •  プルーストの生誕150年ということで、プルーストに...

    Posted Date:2021/11/02

     プルーストの生誕150年ということで、プルーストに関わりのあるCDがいくつか出ている。イッサーリスの方に食指を伸ばしたついでに、購入したこのCD、未だに演奏家の名前が覚えられないのであるが、むしろイッサーリス以上に気に入った。と、言うより、もはや虜になったと言ってもいい。冒頭のアーンからプルーストの催したサロン・コンサートもかくありなんと唸りたくなるほど雰囲気抜群の演奏である。シューマン、ショパンと小品が続くが、この流れも素晴らしい。そして、フォーレのヴァイオリン・ソナタに至り、もうため息しか出てこないが、演奏家の名前が出てこないのが申し訳なるほど見事な演奏会である。あと何回聴けば、このヴァイオリニストとピアニストの名前を覚えられるだろうか。

    ヤナハル . |60year

    0
  • ポセルとバージンは夫婦だったのですね。ポセルと云う...

    Posted Date:2021/09/04

    ポセルとバージンは夫婦だったのですね。ポセルと云うバイオリニストは残念ながら知りませんでした。セール品、ハチャトゥリアンとチャイコフスキーのコンチェルトが収録されているので購入しました。CD1は、知らない作品ばかりでしたが、録音が1960年代にしては音質が悪い。まだ、1950年代録音のハチャトゥリアンのほうがモノラルではあるが音はクリアである。ハチャトゥリアンの第1楽章終了のあと拍手が入っている。何故だろう?1940年代録音のチャイコフスキーは、音の抜けも悪く雲がかかったようなスッキリしない演奏。

    k.k .

    0
  • 本当に、もう少し後に生まれて欲しかったヴァイオリニ...

    Posted Date:2021/09/03

    本当に、もう少し後に生まれて欲しかったヴァイオリニスト、それがフランチェスカッティである。私はブラームスの3番に心から惹かれた。ブラームスに滴り落ちる美音がこんなにマッチするとは!もう冒頭から他とは違う。モノラルなのは確かに惜しいが、それでもこれだけの音が乗っているなら文句はない。フランチェスカッティがどれだけ凄かったのか、この1枚だけ聞けば事足りる。フランチェスカッティはパガニーニ直系の弟子らしいが、人を魅了し幸福にさせる要素はしっかり受け継いでいる。果たして、現在これだけの美音を鳴らせるヴァイオリニストはいるのだろうか?曲によってはおられるかもしれないけど。一度でいいから実演が聴きたかった。

    てつ .

    0
  • ユニヴァーサルから出たグリュミオー全集は速攻で完売...

    Posted Date:2021/08/25

    ユニヴァーサルから出たグリュミオー全集は速攻で完売。不良があったということで一時的に再発したがこれも瞬殺。そりゃそうだ。私も買ったもん。ユニヴァーサルはグリュミオー人気を過小評価していたんじゃないか。だって、ヴァイオリンの魅力を突き詰めるとグリュミオーにいくんだから。オリジナルジャケットの問題とかいろいろあるけどやっぱり買っときたい。さて、グリュミオー全集を買えなかった人にメンブランのセットは手頃に見えるが、これはお薦めできないなあ。コリン・デイヴィスとのモーツァルト・コンチェルトとフルネとのフランスものの音が悪すぎる。板起しに使ったレコードの状態が良くなかったのだろう。このセットの音源は全集がなくても国内盤で全て手に入るからそちらを買うべきだ。

    フォアグラ .

    0
  • ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲のCDとDVDがパッ...

    Posted Date:2021/08/08

    ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲のCDとDVDがパッケージされています。演奏内容からすると同一のもののようです。ひょっとすると複数の演奏会のもので編集されているかもしれませんが、気になりませんでした。お恥ずかしながらCDを聴いていた際にはわからなかったのですが、映像で見るとチョン・キョンファは絶好調ではなかったようです。やはり映像の持つ情報量というのスゴイものですね。録音・録画される演奏家はたまったものではないでしょうけれど。

    jin .

    0
  • ヴァイオリン小品集でこれだけ楽しくて飽きないCDも...

    Posted Date:2021/07/30

    ヴァイオリン小品集でこれだけ楽しくて飽きないCDも珍しい。お気に入りの1枚。ヴィルデ・フラングただ者ではないことが分かる。録音の良さも特筆すべき。

    ruri .

    0
  • 好企画アルバム。タイトル通りヴァイオリンが子守歌を...

    Posted Date:2021/07/23

    好企画アルバム。タイトル通りヴァイオリンが子守歌を歌う。有名な曲だけでなく名前を聞いたことのない作曲家の作品もあるが、いずれも美しく優しい。オフの日の午後、母の懐に抱かれて眠った日々を想いながら、しばし微睡むといい。

    禅済 .

    0
  • 豪華なケースに入っています。まだまだ現役ですから、...

    Posted Date:2021/07/18

    豪華なケースに入っています。まだまだ現役ですから、あらためて通常のボックスとして再発売されることでしょう。

    せごびあ .

    0

You have already voted

Thankyou.

%%message%%