ストレス革命 悩まない人の生き方

Testosterone

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784866631196
ISBN 10 : 4866631198
フォーマット
出版社
発行年月
2020年08月
日本
追加情報
:
238p;18

内容詳細

目次 : はじめに 「考え方に正解なんてない」を読者が体験できる史上初の本/ 第1章 やめない/ 第2章 捨てない/ 第3章 逃げない/ 第4章 受け入れない/ 第5章 貫かない/ 第6章 決めない/ 第7章 筋トレしない

【著者紹介】
Testosterone : 1988年生まれ。米国留学中に筋トレと出逢い、40キロ近いダイエットに成功する。日本の「筋トレ不足」を憂い、筋トレと正しい栄養学の知識を日本に普及させることをライフワークとしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 万葉語り さん

    今までの著作で言ったことをすべて否定する形式で書かれているが、読んでみると納得することばかり。耳新しいことはあまりなかったけれど、作者の熱量は感じられた。2020-216

  • vinlandmbit さん

    ストレスゼロの生き方の続編で前著と合わせて読む事で対比的な捉え方が出来ます。ただし本書はどちらかというとポジティブになりつつある、ポジティブに考えられる人向けなので読むのはタイミングを意識した方が良いかも。。

  • kum さん

    久しぶりの積み本消化。前作『ストレスゼロの生き方』の続編。やめない、捨てない…と続いて最後は筋トレのススメ。まずやるべきはホルモンバランスと自律神経を整えること。そのために大事なのが睡眠、食事、筋トレ。結局それかーと思いながらも元気の出るTestosterone節。全然ご本人の言葉ではないが、引用されていた精神科医岡琢哉氏の言葉をメモ。「1.不安は逃げれば逃げるほど大きくなる。2.不安の元になっている事態から逃げず、実際に体験してやり過ごすことで不安は小さくなっていく。これが不安についての原則です。」

  • Syox さん

    過度のストレスはやはり自分には害でしかなく、心身ともに健康で、今後生きていきたいと思いました。

  • おおたん さん

    テストステロン氏の3冊目。ぜひ、ビジネスパーソンは読んでおきたい本。メンタル強化本。もちろん、最終着地点は「筋トレ」!手元に置いて時間ある時に読み直したい。◆努力のリターンは成功じゃない。成長である◆何かにおいて上達したければ、もっともうまくやっている人間を三人見つけて、真似するのが最速にして最強の方法◆健康でいることが一番儲かる◆たまには自分らしくないこともしてみろ◆思考は武器みたいなもん◆この世には金がないと防げない不幸が多すぎる◆誇れ、だが満足するな◆機会が平等である場合、最後にモノを言うのは根性だ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Testosterone

1988年に日本で生まれ、高校生の時に渡米し大学を卒業するまでアメリカンライフを謳歌し、現在はアジア全域に生息する筋トレ愛好家。高校時代は110キロに達する肥満児だったが、高校2年生の時に渡米した際に筋トレと出会い40キロ近いダイエットに成功する。自分の人生を変えてくれた筋トレと正しい栄養学の知識が

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品