CD 輸入盤

Letter Home

Neil Young (ニール・ヤング)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9362.493999
組み枚数
:
1
レーベル
:
Wb
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

「俺が愛して、俺の人生を変えた数々の楽曲をカヴァーした、とてもユニークなアルバムだ。まるでタイム・カプセルのよう、とでも言えばいいのか…、ここ最近のレコーディングとは全く違うサウンドが出来上がっている」 − ニール・ヤング

ロック・シーンにおける孤高のレジェンド、ニール・ヤング。今なお精力的に活動を続ける彼から、ライヴ・アーカイヴ・シリーズ最新作となった『ライヴ・アット・セラー・ドア』発売から約5ヶ月というタイミングで早くも新作音源を発表する!

今回の作品は、ホワイト・ストライプスの、という言葉はもう必要ないくらいの存在感を放ち、現代の「天才」と称されるジャック・ホワイトとの共同作品だ。ナッシュヴィルにあるジャック・ホワイトが所有するThird Man Studioにある、Voice-O-Graph(ヴォイソグラフ、小さなレコーディング・ブースから直接レコード盤のカッティングを行うという年代物のスタジオ)でレコーディングされた今作は、その昔ながらのぬくもりに満ちたサウンドと共に、ニール・ヤングという鬼才が愛した数々の楽曲たちをカヴァーした作品だ。

彼がカヴァーしたのは、ボブ・ディランやブルース・スプリングスティーン、ウィリー・ネルソンやバート・ヤンシュ、といった名曲達ばかり。ジャック・ホワイトも、プロデュースだけではなく、実際に2曲でその歌声も披露している。世代を超えた天才たちによる、自らのルーツに最大限の敬意を表して制作された、とてつもなくハートウォーミングな作品が完成したのだ…!

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. A Letter Home intro
  • 02. Changes (Phil Ochs)
  • 03. Girl from the North Country (Bob Dylan)
  • 04. Needle of Death (Bert Jansch)
  • 05. Early Morning Rain (Gordon Lightfoot)
  • 06. Crazy (Willie Nelson)
  • 07. Reason to Believe (Tim Hardin)
  • 08. On the Road Again (Willie Nelson)
  • 09. If You Could Read My Mind (Gordon Lightfoot)
  • 10. Since I Met You Baby (Ivory Joe Hunter)
  • 11. My Hometown (Bruce Springsteen)
  • 12. I Wonder If I Care as Much (Don Everly)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

2.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
こんなすごいノイズだらけの音楽作品を出せ...

投稿日:2014/07/28 (月)

こんなすごいノイズだらけの音楽作品を出せるなんてすごい人です。あきれてしまいました・・が、音楽そのものはとても良くて・・ついつい何度も聴き返してしまう不思議な魅力があります。もちろんニールヤングが大好きな人でしか起きない現象でしょうが・・特にNeedle of Deathは絶品です。ノイズも多少抑え気味ですのでぜひこの曲だけでも聴いてみて下さい。このCDに対するレビューですが、アメリカのアマゾンでも賛否両論のようです。しかし、こんなに自分のやりたいことを自由にできるなんてうらやましい限りです。これまで築き上げてきた実績がこんな音でもレコード会社から製品にして出してもらえるのですね・・・みんなからなんといわれるか、思われるかなんて考えもせず、作ったのでしょうね。まるで、いろんな雑音だらけの道端で、聴く者のすぐそばでニールヤングが演奏している妙にリアルな感じがあり、そう思うとそれほど悪い作品ではないですよ。代表作にはなりえませんが。作品としては★★★★で、音で−★で、最終的に★★★です。

ニールヤング大好き さん | 長崎県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
海賊盤もしくは、デモテープのような音を意...

投稿日:2014/07/01 (火)

海賊盤もしくは、デモテープのような音を意図的に作り出し、そのままリリースしたNeil Youngと、共同プロデューサーであるJack White(The White Stripes)の意図は、ラジオ(それもAM)に夢中で耳を傾けていた若かりし頃の思い出を反芻したかったからでしょうか?(といっても、Jack Whiteは、1975年生まれなので、かなりの懐古趣味の持ち主?) セピア色のジャケットも古き良き時代を連想させますが、そのジャケットに写っている通り、Neil Youngは、「電話で話すのに似てるけど、千倍はスリリング」と当時(1940年代)の謳い文句にある「Voice-O-Graph machine(電話ボックス程度の空間の録音ブース)」で録音したのでしょう。現代の録音でありながら、出てくる音は正に年代物。 冒頭の「A Letter Home」では、当時の人たちがそうしたように、故郷の母宛に、声の手紙(レコード)が届けられます。 レトロな音質で録音されているのは、Bob Dylan、Bert Jansch、Willie Nelson、Bruce Springsteenなど他人の曲ばかり。 Neilは、それらをほとんどギターの弾き語りにより、シンプルに歌っており、聴いている側もノスタルジックな気分に浸されます。 また、曲構成も、LPレコードのA面・B面の趣きで、レコードに針を落とす時の音や、プチッ、プチッというノイズまで聞こえてくるのにはビックリ。 遊びもここまで徹底すれば、大したものです。 私は、Gordon Lightfootの「Early Morning Rain」が、このアルバムの雰囲気に最もふさわしい曲調であると思いました。 但し、遊び心は十分すぎるほど感じますが、企画アルバムの域を出ないのも事実で、ちゃんとした音で発表してもらいたい思うのは、私だけではないはずです。

hiro さん | 愛知県 | 不明

0
★
☆
☆
☆
☆
ここまで趣味的なアルバムを出されると評価...

投稿日:2014/06/01 (日)

ここまで趣味的なアルバムを出されると評価が分かれるでしょうね。ただ、私は昔のアナログ的な音は嫌いではありませんが、ここまで悪いとガッカリです。ちゃんとした音質で録ってほしかったです。

ユタカン さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Neil Young

はじめてニール・ヤングの歌声を聴いたときは、軽いショックを受けた。なぜならその声を聴く以前に、雑誌だかLPのジャケットだかで、彼のゴツい風貌を目にしていたからだ。その体躯に似合わぬ繊細な高音ヴォーカル、と当初は思ったわけだが、今ではあの顔にしてこの声、というのが分かち難く結びついてしまって、当初どのような声を想像していたのか思い出せないほどになっている。

プロフィール詳細へ

Neil Youngに関連するトピックス

おすすめの商品