CD 輸入盤

Let's Dance

David Bowie (デヴィッド・ボウイ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4930942
組み枚数
:
1
レーベル
:
Emi
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

1983年発表の大大大ヒット作!! ニュー・ウェーヴ的な要素とボウイ生来の艶やかな魅力が結びついた前作『スケアリー・モンスターズ』から一転、映画『戦メリ』での美しい兵士役もあり、本作と次作『トゥナイト』でのボウイにはOLさんに聴かれてナンボ、の世界に突入した。ナイル・ロジャースをプロデューサーに迎え、ロジャース絡みの名うてのミュージシャンをバックに配した本作のサウンドは、”パワーステーション・サウンド”と呼ばれた、きらびやかな80’sファンク、最先端、カフェ・バー(この頃ありましたよね?)!! プロモ・ヴィデオの東洋人女性との濃厚なキス・シーンが過激(?)と判断され向こうで放禁になったM2や人気の表題曲M3、映画もあったM7など収録。

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
5
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
発売当時は、それまでのファンから罵倒され...

投稿日:2019/10/10 (木)

発売当時は、それまでのファンから罵倒されたものだけど…本人からしたら、「あん時は、ziggyでロックスターになって、今回はポップスターになりたかっただけだよ!」なんて言いたかったのかな? キャリアハイだし、全国区にもなったし。今考えると、「こんなアルバムもあったよなぁ」「変身好きだったよなぁ」て。でも、時代に「合っちゃった」のが批判の的になったのはしょうがないかな? (本人はクリフリチャードがやりたかったらしいが…) ここから、ポップ3部作になるわけですが、長いキャリア、色んな作品があっていいんじゃない、Bowieなんだから(笑)

けんごろー さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
当時、ドラムのオマー・ハキムはウエザー・...

投稿日:2016/01/13 (水)

当時、ドラムのオマー・ハキムはウエザー・リポートに参加したばかりで、その熾烈なドラム・スタイルとは全く正反対のこのどっしりとしたビートに偉大さを感じざるを得なかった。ツアー同行を拒否して我が道を進んだレイヴォーンの華麗なギターも確かに良いが、やはりナイルの空間を彷徨うかのようなギターが私には目新しかった。タイトル曲はビートルズで始まるが、「やられた!」と思った。意外と「キャット・ピープル」が今は佳曲に感じられる。

TATSU さん | 島根県 | 不明

0
★
★
★
★
★
’83年発表。地球に落ちてきた異星人がアン...

投稿日:2015/06/06 (土)

’83年発表。地球に落ちてきた異星人がアングラ時代を経て、ポップ・スターへと華麗に変身。下世話さと紙一重のディスコ・ビートに乗ってレッツ・ダンス、時代に寄り添う姿もそれはそれでス・テ・キ。タイトル曲はボウイ初の英米No.1ヒットに。

madman さん | 不明 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

David Bowie

もともと音楽スタイルを巧く横断していくような身軽な賢さや絶妙なバランス感覚を売りにしていた彼は、ある種のアメリカン・ロックやソウルのアーティストが追及していくような音楽表現の深さみたいな、ある種の逃げと成熟が許されない立場に立たされたということも言えるかもしれない。

プロフィール詳細へ

David Bowieに関連するトピックス

おすすめの商品