ルポ 在日外国人 集英社新書

高賛侑

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087205558
ISBN 10 : 408720555X
フォーマット
出版社
発行年月
2010年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
高賛侑 ,  
追加情報
:
224

内容詳細

コリアン系、中国系、東南アジア系、中南米系…。今日、222万人を数える在日外国人を巡る、日本各地の様々な状況を広範にレポート。諸外国との比較を行いつつ、彼らとの理想の共生を模索する。

【著者紹介】
高賛侑 : 1947年生まれ。朝鮮大学校政治経済学部卒業。朝鮮関係月刊誌「ミレ(未来)」編集長を経て、ノンフィクション作家に。国際高麗学会会員。専門は在日を含む在外朝鮮民族問題。99年、『旧ソ連に生きる朝鮮民族』で部落解放文学賞(記録文学部門)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 香菜子(かなこ・Kanako) さん

    ルポ 在日外国人。高賛侑先生の著書。現代日本社会は在日外国人の存在なしでは成り立たないのが現実。在日外国人が快適に暮らしやすく働きやすい社会にしないと、在日外国人は日本から出て行ってしまう。そうなって困るのは在日外国ではなく、日本と日本人なのかもしれません。

  • はと さん

    広いテーマを、ルポを織り交ぜつつ、わかりやすく解説している。

  • ちくわん さん

    2010年8月の本。毎日新聞の掲載から。2008年で在日の外国人は222万人。少なくとも「在日」の方々には「オモテナシ」の気持ちが全くなかったことは明らか。他人に親切、友人に冷たすぎるのは、いかがか、と言っている場合ではない。改めて、特に、外国人労働者を知らねば。ケント・ギルバート氏も登場。

  • うたまる さん

    本書を読んでの率直な感想は、「在日外国人の皆さんが快適に暮らせるよう協力しなきゃ」ではなく、「やはり多文化共生には無理があるな」だった。もう根本から違うのだ。外国で20年近くビジネスをしていた知人は、一貫して「俺はここに住ませてもらってる」と言っていた。だから遠慮もするし協力もすると。そういう姿勢なら一緒にやっていけると思う。しかし著者のように、コリアンに都合の悪いことは一切触れず、日本の非だけを書き連ねてミスリードしてくるような人とは信頼関係が結べない。こういうアンフェアな人とは共生なんてできないよ。

  • nuna さん

    著者の観測範囲に偏っている感はあるものの、共生への期待/切望は伝わってくる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品