震災後の地域文化と被災者の民俗誌 フィールド災害人文学の構築 東北アジア研究専書

高倉浩樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787718013
ISBN 10 : 4787718010
フォーマット
出版社
発行年月
2018年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
288p;22

内容詳細

被災後の人びとと地域社会はどのような変化を遂げてきたのか。無形民俗文化財の復興・継承、慰霊のありよう、被災者支援など、民俗学・人類学・宗教学の立場で地域社会と人びとの姿を見つめ、災害からの再生と減災に果たす生活文化の役割を考える。

目次 : 序論 フィールド災害人文学の構築にむけて/ 1 無形民俗文化財の被災と復興事業(文化財化する地域文化―大規模災害後の民俗文化財をめぐる対応から/ 生きた文化財を継承する―無形文化遺産と被災・復興/ 無形文化遺産の防災という考え方―東日本大震災の教訓と無形文化遺産アーカイブスの試みから/ 復興のなかの発見と創造―震災復興関連事業に関わった一民俗学者の随想)/ 2 被災地からみた民俗芸能の復興・継承(祭りの「復興」過程―宮城県山元町の八重垣神社の事例から/ 被災地からみる民俗芸能の未来―「子ども神楽」の誕生とその活動から考える/ 民俗芸能の中期的復興過程における継承活動の諸相と原動力―福島県浜通り地方の三つの田植踊を事例として/ 福島県の民俗芸能と減災無形文化遺産―災害復興政策になぜ無形文化財が必要なのか)/ 3 災害死者の慰霊・追悼と記憶の継承(災害死者の供養と伝承/ 災害後の持続可能なコミュニティの構築に果たす記念碑の役割―東日本大震災と津波を事例に/ インドネシアと日本の津波記念行事にみられる「救いの約束」/ 被災地の祭り・祈りを支援する学生ボランティアと宗教学者)/ 4 被災者・家族の暮らしの再建と地域社会(被災地にみる手仕事ビジネスと新たな社会関係―宮城県を事例として/ 大惨事と自主的判断―福島原発災害後の「母子避難」の意味を問う/ 沖縄県における避難者受け入れ過程/ 災害時における外国人被害者に対する通訳の役割と問題点―二〇一二年クライストチャーチ震災に学ぶ)

【著者紹介】
高倉浩樹 : 1968年生まれ。東北大学東北アジア研究センター教授。専門は社会人類学、シベリア民族誌

山口睦 : 1976年生まれ。山口大学人文学部准教授。専門は文化人類学、日本研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品