「独裁」入門 集英社新書

香山リカ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087206623
ISBN 10 : 4087206629
フォーマット
出版社
発行年月
2012年10月
日本
追加情報
:
187p;18

内容詳細

最近、著者の診察室を訪ねる初診患者の九割が、漠然とした不安感とイライラを訴える。経済大国の地位を失い、震災・原発事故に見舞われ、近隣諸国との摩擦も激化。将来への展望を失った国家を、不信と苛立ちに満ちた「民意」が覆っている。不寛容な大学生、言葉の真意によらず過剰反応するツイッターの世界、想像力の欠如したメディア報道など、様々な場面から日本の現状を考察。苛立つ「民意」をすくい取る嗅覚に優れた独裁型ヒーローの誕生に警鐘を鳴らす、今こそ必読の書。

目次 : 第1章 「ふわっとした民意」(「いまの日本」は「かつての日本」とは違う/ 「よくない現実」に向き合う切り札 ほか)/ 第2章 独裁待望の背景にある心理(「ずるい」という批判/ 増殖する「怒りを抱く人たち」 ほか)/ 第3章 「独裁型ヒーロー」の手法(突然始まった「御用学者」批判/ 過激化するツイッター ほか)/ 第4章 ハシズムを超えて(フロイトも注目した「スプリッティング」/ 思考停止の世界 ほか)

【著者紹介】
香山リカ : 1960年生まれ、北海道出身。東京医科大学卒業。精神科医。立教大学現代心理学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • slowlifer さん

    私淑する香山さんの的確なご意見に納得。昨今の認識方法として、善悪、白黒のように二者択一の構図にはめ込み、条件付きや場合分けのような両極の中間に位置する姿勢を許容しない風潮があると思う。シンプルに単純化したほうが解釈しやすいからだろうか?意見が異なる人を敵と見立てて攻撃し、時には人格をも否定し、自分の存在感を際立たせる。自己の正当性を主張し、あたかもヒーローのように立ち振る舞うことでリーダーを演じようとする。閉塞感の打開を期待させる、そんなヒーロー?を全権委任的に拍手喝采で迎える世相に怖さを感じる時がある。

  • みんと さん

    入門というより批判本といった感じ。 決定できる政治を目指す橋下氏の独善に警鐘を鳴らしている。 全てをマニフェストに掲げて有権者に提起するのは無理と断言する橋下氏に、国民が白紙委任することの危険性は私達も考えなければならないと思う。 権限を使い即断即決することも時には必要であるかもしれないが、そのリスクもしっかり考えた上で、短絡的な迎合は避ける意志を持たなければならないと感じた。

  • ぐっち さん

    どちらかというと『「反独裁」入門』。あまり庶民の味方とも思えない政策を出している政治家がなぜか人気の訳には、なるほど〜という感じ。橋下サンと実際に対決しているのだとわかると、ケンカで片方の言い分だけ聞いているようで落ち着かない。全体的に納得できただけにちょっと惜しいかな。

  • hk さん

    政治家の片言隻語をとりあげてニュアンスを歪曲する報道が大手をふるっている。視聴率をとるためには背に腹は代えられぬ。メディアとしては人手を増員して丹念な取材を行うよりも、編集によって過激な失言を意図的に作り出すほうが安上がりだからだ。一方で政治界隈では編集や抜粋による失言・失脚を防止するため、ワンフレーズや簡便な語彙で発言するようなトレンドが増している。政治家がメディアに迎合して小粒化している訳だ。このトレンドが、増税か財政破綻か?大阪都か停滞か?といった陳腐な二項対立でしか思考できない人々を量産している。

  • らくだ さん

    「独裁」=橋下市長への批判。そういえば一時期、両者のケンカが取り沙汰されていたっけ。 橋下サンにはあまり共感できないけど、言ってることに一理あるって思うのも事実なんだよね。 破綻した組織(行政)を、立て直すには、どこかを切らなくちゃいけないだろうし、場合によっては乱暴な決め方も仕方ないかなとも思うのだが…。 まあ、著者によれば、人が生活する組織ましてや行政機関であれば、たとえ時間がかかってもちゃんと議論をすべきってことなんだろうけど…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

香山リカ

1960年札幌市生まれ。東京医科大学卒。精神科医。立教大学現代心理学部映像身体学科教授。豊富な臨床体験をいかし、現代人の心の問題を中心にさまざまなメディアで発言を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

香山リカに関連するトピックス

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品