新・ムラ論TOKYO 集英社新書

隈研吾 (建築家)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087206005
ISBN 10 : 4087206009
フォーマット
出版社
発行年月
2011年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,235p

内容詳細

「ムラ」とは何か。それは、安心して生活できる共同体のありかであり、多様な生き方と選択肢のよりどころとなる「場所」である。そんな「ムラ」の可能性を探って、下北沢、高円寺、秋葉原、小布施を歩く。

【著者紹介】
隈研吾 : 1954年生まれ。建築家。東京大学大学院教授。「根津美術館」(毎日芸術賞)など内外で受賞多数

清野由美 : 1960年生まれ。ジャーナリスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nbhd さん

    もう完全に隈さんのファンなので、随所にチラとみえる隈さんっぽさにふれるだけで楽しかった。新しい共同体のありかとしての「ムラ」を探して、下北沢、高円寺、秋葉原、小布施町を歩いて喋った本。汐留をメタクソにけなした前著「都市論」と比べると薄味だけど、足をとめて、いちいち抽象概念をこねくっているのを読むのは快感。世界的建築家が、メイドカフェで「萌え萌え」と言ったり(→身軽!)、東浩紀のQFの一文を引用したり(→勉強家!)、大江健三郎は吉本芸人以上に面白いと言い出したり(→同意!)…そこらへんに隈萌えした。

  • ふゆ さん

    ある属性の人が集まり、その人たちが育み、その人たちのためにある場所。それが本書の言うムラです。改めて書いてみるとリンカーンの独立宣言のよう。高円寺、秋葉原、下北沢はぜひ現地に行ってみたいです。都市論からは外れていますが、メイド喫茶は、ヘタな女性に甘える自分を卑下するオタクに敢えて手作り感を残した店舗を提供したことでより効果的に「下流志向」を感じさせる、ロールプレイの場だという考察が面白かったです。こちらは専門の書籍を読んでみたい。

  • ねっしー さん

    ある属性の人が集まり、その人たちが育み、その人たちのためにある場所。それが本書の言うムラです。改めて書いてみるとリンカーンの独立宣言のよう。高円寺、秋葉原、下北沢はぜひ現地に行ってみたいです。都市論からは外れていますが、メイド喫茶は、ヘタな女性に甘える自分を卑下するオタクに敢えて手作り感を残した店舗を提供したことでより効果的に「下流志向」を感じさせる、ロールプレイの場だという考察が面白かったです。こちらは専門の書籍を読んでみたい。

  • ophiuchi さん

    下北沢、高円寺、秋葉原とサブカル的な「ムラ」を楽しむ隈研吾の視点・分析はなかなか刺激的。また、小布施にはぜひ行ってみたくなった。都市論の方も読んでみます。

  • はち さん

    人がつながりあい、安心して生きていける場所。それを「ムラ」と呼ぶ。とりわけ秋葉原のリアルとバーチャルの境目が曖昧な町が「ムラ」であると言う指摘が興味深い。都会から見れば「村」と呼ばれそうな土地に住んでいるが、かえってこのあたりの方が「ムラ」ではない。このような土地は一度破壊し、「ムラ」として再構築しないといけないのでは?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品