世界のタブー 集英社新書

阿門禮

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087210026
ISBN 10 : 4087210022
フォーマット
出版社
発行年月
2017年10月
日本
追加情報
:
256p;18

内容詳細

タブーとは、禁止された事物や言動を意味する。それは、マナーやエチケットのような行為から、差別用語や特定の言葉、権力側が封印しておきたい歴史的・社会的問題まで、幅広い領域にわたる。アメリカ大統領が人種や宗教に関する排他的発言を繰り返したり、日本国内でも公然とヘイトスピーチが行われる現在の風潮のなかで、侮蔑的、差別的なニュアンスをともなう言動について知ることは、私たちの新たな教養とも言える。日常生活、しぐさ、性、食事など世界中のタブーについて学び、異文化への理解を深める一助となる一冊。

目次 : 第1章 日常生活でのタブー(東西南北にみられる文化/ 右と左の価値 ほか)/ 第2章 性についてのタブー(モーセ律法の性のタブー/ 『旧約聖書』の背徳の物語 ほか)/ 第3章 食べ物のタブー(西アジアにおこった食物タブー/ イスラームの教え ほか)/ 第4章 現代社会のタブー(現代の新しいタブー/ 現代米国のタブー ほか)

【著者紹介】
阿門禮 : 文化史ジャーナリスト。早稲田大学文学部卒業。中東、地中海地域の文化に関する比較研究、とくに一神教の信仰のもとでの、古代からの民間信仰、民間伝承の継承、呪術的な護符、しぐさによる意思の伝達など、考古文化人類学的な視点から取材を重ねている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 岡部敬史/おかべたかし さん

    異文化理解のための良書。「くしゃみ」をしたときの世界の対応の違いなど、比較文化的な観点からも面白いです。

  • Yuuki. さん

    第1章は各国の座り方や挨拶などの作法やタブーを紹介していて面白かった。第2、3章はタブーの説明とは言え、主に宗教に関する説明だったので、期待とは少し違ったが、これはこれで面白かった。第4章の著者がネットで集めた情報については、せっかくならきちんと裏が取れているものだけ紹介して欲しい。全体に面白かったけれど、米国やサウジに関して、微妙に違ったり言葉足らずだったりする部分があったので、自分に馴染みのない国の情報も鵜呑みにはしない方が良いかも?しかし、今後の付き合いために頭に留めておきたい情報は多かった。

  • スプリント さん

    気にし過ぎたら世界が狭苦しく感じるタブーについて書かれています。宗教に起因するタブーは十分な配慮が必要ですが文化的なタブーは知らなくてもお互い様のように思えます。

  • Bill さん

    各国のタブーをいくつかの視点から整理して記載がされている。有名なもので知っている事も多かったが、メジャーな国ばかりでなく、イスラームなど普段接しない国の戒律などにも触れており、勉強になった。

  • lovekorea さん

    生物学的には同じ「ホモ・サピエンス」でありながら、こうまで文化風習が違ってくるっていうのが興味深いですな _φ( ̄ー ̄ )

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

阿門禮

文化史ジャーナリスト。早稲田大学文学部卒業。中東、地中海地域の文化に関する比較研究、とくに一神教の信仰のもとでの、古代からの民間信仰、民間伝承の継承、呪術的な護符、しぐさによる意思の伝達など、考古文化人類学的な視点から取材を重ねている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品