ナチスの「手口」と緊急事態条項 集英社新書

長谷部恭男

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087208962
ISBN 10 : 4087208966
フォーマット
出版社
発行年月
2017年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;18

内容詳細

【本書の主な内容】
緊急事態条項は、首相に大きな権限を集中させる。
自民党が加憲を狙うこの条項は、はたして、災害・テロ対策にとどまるのか?
最新のナチ・ドイツ研究によって、塗り替えられたドイツ憲政史の「真実」から
日本政治の危機の本質が、あぶりだされる!

はじめに――「憲法問題」の本質を見抜くために  石田勇治
第1章:緊急事態条項は「ナチスの手口」――大統領緊急令と授権法を知る
第2章:なぜドイツ国民はナチスに惹き付けられたのか
第3章:いかに戦後ドイツは防波堤をつくったか――似て非なるボン基本法の「緊急事態条項」
第4章:日本の緊急事態条項はドイツよりなぜ危険なのか――「統治行為論」という落とし穴
第5章:「過去の克服」がドイツの憲法を強くした
おわりに――憲法の歴史を学ぶ意味   長谷部恭男

【著者プロフィール】
長谷部 恭男(はせべ やすお):早稲田大学法学学術院教授。東京大学法学部教授等を経て、2014年より現職。日本公法学会理事長。全国憲法研究会代表。主な著書に『憲法とは何か』(岩波新書)『憲法の論理』(有斐閣)など。
石田 勇治(いしだ ゆうじ):東京大学大学院総合文化研究科教授。専門はドイツ近現代史。マールブルク大学Ph.D.取得。ベルリン工科大学客員研究員、ハレ大学客員教授を歴任。主な著書に『ヒトラーとナチ・ドイツ 』(講談社現代新書)など。

【著者紹介】
長谷部恭男 : 早稲田大学法学学術院教授。東京大学法学部教授等を経て、2014年より現職。日本公法学会理事長。全国憲法研究会代表

石田勇治 : 東京大学大学院総合文化研究科教授。専門はドイツ近現代史。マールブルク大学Ph.D.取得。ベルリン工科大学客員研究員、ハレ大学客員教授を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 樋口佳之 さん

    ナチス以後のドイツ等の歴史を知る中で、緊急事態条項について考える視点を得ると言う有意義な内容。第二章 なぜドイツ国民はナチスに惹き付けられたのか は簡潔かつ網羅的で素晴らしいと感じました。/自国の過去に向き合うことは同時に、自分たちがどのような憲法原理を選び取ってきたのか、選び取りたいのかという意識をも喚起してきた

  • ソングライン さん

    前半はドイツワイマール憲法の緊急事態条項をどのように利用しナチが独裁政権を成立させていったかが述べられ、後半は戦後ドイツの行政府、個人に権力を集中させない緊急事態条項に対する縛りとナチ時代のホロコーストに対するドイツ国民の意識の変遷が語られます。学ぶべきナチスの手口とは何かと疑問を持ち、読んでみました。

  • coolflat さん

    ナチスが権力を奪取していく過程(ブリューニング→パーペン→シュライヒャー→ヒトラー)がよく分かる。麻生の「ナチスの手口」発言に危機感を抱く人は多い。麻生の解釈ではナチスは「誰も気づかない」うちに、しかも「みんないい憲法と、みんな納得して」、いわば合法的に政権を奪取したと言わんばかりだ。みんなが気づかないうちに改憲されていく。皆はそこに危機感を抱く。しかしそうではないという。民主制からナチ独裁制への移行は、最終的には言論弾圧と国家テロを使って無理矢理成立させた「全権委任法」が鍵となった。決して合法的ではない

  • かふ さん

    ドイツ近代史の先生石田勇治と憲法学者の長谷部恭男が自民党が出した「憲法過程草案(特に緊急事態条項中心に)」問題点を明らかにしていく対談。ワイマール憲法化のドイツで如何にナチ政権となったのか?その反省から今のドイツの憲法は?各国の(アメリカとフランス)の「緊急事態条項」の権限と「統治行為論」など。「ナチスの手口」というのは副総理の麻生太郎が当時最も進んだ憲法とされたワイマール憲法下のドイツで「大統領緊急措置権」を利用してヒトラーがナチ独裁国家へと変貌を遂げたことを言っている。なんとも恐ろしい話だけど。

  • hk さん

    本書には大きな問題点がある。それは失敗した全体主義国家であるドイツに学ぼうとしていることである。失敗したということは手口が杜撰だったということであり、ナチスに学ぶということはそれよりも長じた全体主義誘導には抗えないということだ。学ぶならば秀でた全体主義、成功した全体主義国家の手口である。そして成功した全体主義国家とは言わずもがなイギリスとアメリカだ。まずイギリス宰相チャーチルはドイツに対抗するという口実で「国内政党はすべて与党」とした。これは立法府と行政府の合体であり三権分立ひいては民主主義の制限ないし否

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品