裁判長の沁みる説諭 刑事法廷は涙でかすんだ…

長嶺超輝

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309249407
ISBN 10 : 430924940X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
追加情報
:
208p;18

内容詳細

司法という権威に頼ることなく、犯罪の奥にある悲しい事情と当事者の感情に寄り添っていく類まれな裁判官がいる!はからずも罪を犯してしまった人々。彼らの躓いた人生を好転させるほど魂のこもった言葉を軟らかく投げる裁判官。その血のかよった「教えさとし」。

目次 : 胸を張って生きていいんです。あなたは迷惑をかけたくないという思いが強すぎた。/ 世の中、それほど捨てたものではありません。もっと人を信用してみてください。/ この裁判は、あなただけが裁かれているのではありません。/ 奥さんたちの期待に応えられなきゃ、君は男じゃないよ。/ 普通の生活をして、初めて救いがあります。来年の春に再出発してください。/ もう、やったらあかんで。がんばりや。/ 娘さんを公開に連れていって、久しぶりに話をしてみては…/ その感触を忘れなければ、きっと立ち直れますよ。更生できます。/ 息子さんの長所、いいところを3つ、言ってみてください。/ 現実と向き合うのが難しいと思います。しかし、できることは何か、考えてください。〔ほか〕

【著者紹介】
長嶺超輝 : フリーランスライター、出版コンサルタント。1975年、長崎生まれ。九州大学法学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Miyuki Usa さん

    裁判官の血の通った言葉。被告人に寄り添いつつ、立場を弁えた、激励の説諭の数々。いわゆる出世軌道に乗るエリート裁判官は数をこなすため事務的な裁判になりがちと。こうした本当の意味で社会貢献に寄与している優秀な裁判官にこそ、偉くなってほしいなぁ。だって被告人が受けた裁きをまっとうして人生を立て直せることが裁判の意義だよね。もし就職できず心折れて再犯したとしたら。その被害者自分かもしれないわけで。裁判の傍聴は、誰でもいつでも予約なしの出入り自由だそうです。じゃちょっと行ってみっか!とはなかなか笑

  • けんとまん1007 さん

    30のものがたり。どの裁判官の説諭も、被告をあくまで一人の人として見ている眼差しがある。その表現はいろいろあるが、きっと被告のこころに沁みると思う。そこから思ったこと。これは裁判に限ることではないのではということ。日常の暮らしの中でも、当てはまるような場面がとても多いと思う。それは、反対の視点から考えることも大切。人のふり見て・・・に通じるものがある。

  • なべさん さん

    書店で気になり立ち読みしたら一気に半分ぐらいまで読んでしまったのでそのまま購入。裁判長って判決以外も結構喋ることを知ったのも驚いたけど、厳しい言葉も優しい言葉もかけるんだなと思いながら読みました。

  • 出口求 さん

    アタリ本。もう少し裁判長の話をボリューム多くして記載してほしかったものの、「泣かされる」より「考えさせられる」裁判が多数収録されていた。世間を騒がせた事件の裁判長の言葉なども収録してあり、個人的にはそこかポイントでもある。やはり刺さるのは虐待事件の説諭。胸が痛い。「人の犯罪を防止するのが私の仕事です」と言い切った裁判長がいると聞いて、安心した。こんな裁判長が増えてほしい。難しいと思うけれども。

  • オランジーナ@ さん

    そうかあかんかの人は自殺して、しまったらしい。悲しい世界

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長嶺超輝

フリーランスライター、出版コンサルタント。1975年、長崎生まれ。九州大学法学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • 堀江貴文 / 君はどこにでも行ける 日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくか。刑務所出所後、世界28カ国58都市を訪... |2016年03月07日 (月) 17:30
    堀江貴文 / 君はどこにでも行ける
  • アクティブラーニングで学ぶジェンダー 身近にあるけれど気づきにくい“ジェンダー”。おもちゃ、物語、エイジング、精神疾患、デートDV、母娘関係、キャリア・デ... |2016年03月07日 (月) 13:10
    アクティブラーニングで学ぶジェンダー
  • 田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』 働き過ぎ、結婚難、など男性ゆえに抱える問題、「男性学」の視点から、多くの若者が抱える悩みや生きづらさを解きほぐします... |2016年03月04日 (金) 17:00
    田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』
  • 日本人だけが知らない この国の重大な真実 安倍政権に埋め込まれた「時限爆弾」――日本発、「第3次世界大戦」のシナリオ―「明治維新=日本の戦争国家化」は、まだ終... |2016年03月04日 (金) 17:00
    日本人だけが知らない この国の重大な真実
  • 京都ぎらい 生粋の京都育ち京都在住の著者だから言える、「こんなん書いてええのんか?」的衝撃の新京都論。ロングセラーです。 |2016年03月03日 (木) 13:50
    京都ぎらい
  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?

おすすめの商品