自由の壁 集英社新書

鈴木貞美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087205114
ISBN 10 : 4087205118
フォーマット
発行年月
2009年09月
日本
追加情報
:
18cm,218p

内容詳細

日本人にとって自由とは何だったのか。そして平等とは。「自由」の観点から近現代史に新たな照明をあて、戦後民主主義の問題点も鋭く抉り出す。勝手気ままではない、本当の自由を身につけるためのヒントに満ちた書。

【著者紹介】
鈴木貞美 : 1947年生まれ。東京大学文学部仏文科卒。国際日本文化研究センター教授。総合研究大学院大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 孤独な読書人 さん

    絶対主義に陥らないように自分の考え方をチェックする必要があると思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

鈴木貞美

1947年生まれ。東京大学文学部仏文科卒。学術博士。人間文化研究機構/国際日本文化研究センター名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品