データの罠 世論はこうしてつくられる 集英社新書

田村秀

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087203608
ISBN 10 : 4087203603
フォーマット
出版社
発行年月
2006年09月
日本
追加情報
:
18cm,205p

内容詳細

メディアを通して次々発表されるデータに、どれほどの客観性があるのか。視聴率から経済波及効果、都市ランキング、出口調査まで、様々な実例を通して明らかになるその危うい実態と、正しい情報の読み方。

【著者紹介】
田村秀 : 1962年生まれ。東京大学工学部卒業。自治省入省、香川県企画調整課長、三重県財政課長を経て、新潟大学大学院実務法学研究科助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kuri8655 さん

    「日本人は平均が好き」自分が平均値と異なると不安になる――たしかに。政策がらみの経済波及効果や需要予測の多くは負のデータを切り捨てている。大学や病院のランキングは調査の手法に注目を。世論を左右する数字の見極めをマスコミが果たせていない今、個人がしっかりしましょうね!という非常に御尤もな本。自分に心地よいデータだけを採り上げて安心していたいという傾向が確かに私たちにはあると思う。テーマというより「新書の書き方」に興味があって読んだ。B級グルメなど地方振興にも詳しい田村先生の本。お話同様、文章もわかりやすい。

  • CCC さん

    回収率の重要性や誘導のある問い、違う条件での比較等、内容自体はしっかりとしたものだけれど、同著者の『政策形成の基礎知識』とあまりにも内容がかぶっている。税理士も高速道路もTOEFLも、国際競争力についても似たような記述をしている。他にも色々。ひょっとしてこの著者は同じ話を使い回ししている……?

  • 黒井 さん

    16-167】無意識か意図的かの差や程度の差こそあれど、記事の書き手や発信者が情報に対してかけるバイアスにとらわれないこと。詳細そうなデータに惑わされない"データリテラシー"の能力を磨くこと。ちょっとした言い回しや表現に対する感度を錆びさせないこと。俯瞰と客観。重要なのは回答率。質問文・回答欄の言い回しの罠や、視聴率における0.1%の差に一喜一憂する事の愚かさといったとっつきやすい話題も手伝って興味深く読了。ただ公務員数の話題で母数を仕事に就いている人でなく日本の総人口で比較するのは少し疑問が残った。

  • rosetta さん

    ★★★★★マスコミや行政が発表するアンケート結果等のデータがいかに操作されたものか、間違った前提の上にあるかを分かりやすく解説。設問自体の中に誘導的な文言があったり、対象者が適切でなかったり、回答率が低すぎたりするデータは当てにならない。また比較の対象が違っているのに強引に並べたり。具体例をあげて解説してくれるから分かりやすい。取り敢えず発表されたデータは一度眉に唾をつけてから見た方がよさそうだ。でも世の中はそんなデータで動くことが多いんだよね。

  • ベベハル さん

    内容が具体的でかなりわかりやすかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

田村秀

1962年生まれ。北海道出身。東京大学工学部卒。博士(学術)。自治省、香川県企画調整課長、三重県財政課長、東京大学教養学部客員助教授、新潟大学法学部教授・学部長を経て、長野県立大学グローバルマネジメント学部教授(公共経営コース長)。専門は行政学、地方自治、公共政策。著書多数(本データはこの書籍が刊行

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品