今日よりよい明日はない 集英社新書

玉村豊男

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087204988
ISBN 10 : 4087204987
フォーマット
出版社
発行年月
2009年06月
日本
追加情報
:
18cm,189p

内容詳細

すでに成熟した社会に生きる日本人に向けて、人生80年時代を、いかに地に足の着いた生活を実践できるか、田園生活を実践する著者が健全なるライフスタイルを提唱。閉塞した状況を生きる世代に贈る熱いメッセージ。

【著者紹介】
玉村豊男 : 1945年、東京生まれ。東京大学仏文科卒業。在学中にパリ大学言語学研究所に留学。精力的に執筆活動を続ける。長野県東御市に『ヴィラデスト・ガーデンファーム・アンド・ワイナリー』を開設、2007年、箱根に『玉村豊男ライフアートミュージアム』開館。ワイナリーオーナー、画家としても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 団塊シニア さん

    今日よりよい明日を求めるから人は思い煩う、よりよい明日、豊かな暮らしという際限のない欲望が人を苦しめるという筆者の意見には説得力があります。

  • いっしー さん

    様々な職業を経験した筆者ならではの、人生を豊かに生きるためのヒントを与えてくれるエッセイ集。ポルトガルを旅した時に21歳の青年に教わった本のタイトルの言葉は、過去に世界を席巻した国の栄枯盛衰を表したもの。毎日を満足して暮らせればそれで十分、今日よりよい明日を求めるから人は思い煩うのだと。成熟したこの世の中、右肩上がりを求めるだけが目指す先ではないと教えてくれているようだ。

  • たな さん

    夢、寿司、加齢、日々の生活から得た題材によるエッセイ。隙間時間に気分よく読んだ。「私は社会の片隅で、あるいは余白ででもいいから、自分だけで説明のつく人生を送りたいと願っていました。」という一文が羨ましかった。

  • ジュースの素 さん

    玉村さんは名エッセイストだ。分かり易い文章と分析をする。 中身は多岐に渡るが、文明論や食の歴史、年齢に関する考察などうなづける話が多い。 じぶんの病歴にまで及んでいる。夢を持ちながら生きてはいないそうで、いつも行き当たりバッタリだとか。明日に夢や成功を託さないで、今日を楽しもうと強く言っている。

  • xtc1961ymo さん

    思い煩うな、今日を楽しめ、ガッツキ日本よさようなら。何でも右肩上がりだなんて誰が決めたのか?上り切ったらあとは下るしかないのは自明の理。経済効率第一主義では文化はやせ細るばかりだろう。発酵と腐敗が紙一重であるように、熟成と劣化も紙一重です。この事を心したい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

玉村豊男

1945年、東京生まれ。東京大学仏文科卒業。在学中にパリ大学言語学研究所に留学。『パリ 旅の雑学ノート』『料理の四面体』をはじめ、精力的に執筆活動を続ける。長野県東御市に「ヴィラデスト ガーデンファームアンドワイナーリ」を開設。ワイナリーオーナー、画家としても活動中(本データはこの書籍が刊行された当

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品