国家と記録 政府はなぜ公文書を隠すのか? 集英社新書

瀬畑源

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087210965
ISBN 10 : 4087210960
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
瀬畑源 ,  
追加情報
:
232p;18

内容詳細

◆推薦◆
「私たちはこの数年で、
公権力が文書を隠し、捨て、
開き直る光景に慣れてしまった。しかし、
ダメなものはダメ」
武田砂鉄氏

◆内容紹介◆
公文書は歴史の記述に不可欠であり、後世の政策選択のためにも参照されるべき国民共有の知的資源。
そして、国民の知る権利や行政の説明責任を担保するものです。
このような理由から公文書管理法は制定されましたが、この数年来、その法の精神を裏切るように、
皇室会議の議事録未作成、自衛隊日報の隠蔽、統計偽装問題が起き、森友・加計問題等、公文書が意図的に記録されず、隠蔽、改竄される事態が続発しています。
情報公開法と公文書管理法があるにも関わらず政府が公文書を恣意的に作成せず、破棄したり、隠したりする理由は何なのでしょうか。
本書はこの問題を概観し、あるべき公文書管理体制を展望します。

◆主なトピック◆
◎政府の統計がおかしい
◎金融庁報告書問題
◎新自由主義時代の情報公開と公文書管理制度
◎公文書管理法はなぜ骨抜きにされるのか
◎森友学園問題の再燃
◎文書「改竄」と民主主義の危機
◎文書主義と公文書管理法
◎イラク日報問題に見る公文書管理の歪み
◎加計問題に見る公文書公開のあり方
◎皇室会議の議事録未作成
◎電子メールは行政文書か
◎対談 情報公開と公文書管理の制度をどう機能させるか
三木由希子氏(特定非営利活動法人情報公開クリアリングハウス理事長)

◆著者略歴◆
瀬畑 源(せばた はじめ)
1976年、東京都生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。一橋大学博士(社会学)。
長野県短期大学を経て、立教大学兼任講師、成城大学非常勤講師。日本近現代史(天皇制論)・公文書管理制度研究。
主な著書に『公文書管理と民主主義:なぜ、公文書は残さなければならないのか』(岩波ブックレット)、『公文書問題 日本の「闇」の核心』(集英社新書)、
『公文書をつかう』(青弓社)、『国家と秘密 隠される公文書』(久保亨氏との共著/集英社新書)などがある。


【著者紹介】
瀬畑源 : 1976年東京都生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。長野県短期大学を経て、立教大学兼任講師、成城大学非常勤講師。日本近現代史(天皇制論)・公文書管理制度研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hatayan さん

    公文書を国民の財産とする情報公開制度の精神が揺らいでいることを懸念する一冊。 情報公開制度が普及して、行政からの情報提供は以前に比べると進んでいるが、情報が増える分出された情報を市民がどう使うかも問われている。 人間はミスをする生きもの。懲罰ではなく、健全に前向きに公務員に仕事してもらう道を考える方が自分たちにとっても得なはず。非公開の判断を不条理だと叫ぶだけではなく、どうすればより近づけるかを探す努力も必要。 巻末の対談で紹介される、情報公開クリアリングハウスの三木由希子理事長のバランス感覚に注目です。

  • バーバラ さん

    前半は森友学園、加計学園、南スーダン日報問題など安倍政権下における公文書の改竄や隠蔽をおさらい。これらの問題点を指摘する中で公文書に関連する法律や条例がわかりやすく説明されていて参考になりました。後半は今後の公文書管理をどうするべきかに触れてあります。特に安曇野市文書館の開館の項は印象に残りました。読んでる最中にも桜を見る会の参加者名簿を廃棄したことが発覚ました。時の為政者により公文書が適切な形で保存されることが妨げられないよう私達市民の方も公文書は未来に残す共有財産という意識を持つ必要があると思います。

  • tolucky1962 さん

    行政機関が作成・取得,機関職員が組織的に用い,現在ある公文書。文書稟議を重ねる民主主義とトップダウンの新自由主義。官僚の文書主義は現在将来の説明に必要。市民運動,新自由主義,米国からの情報公開請求で94行政手続法99行政機関保有情報公開法01情報公開法09公文書管理法制定。PKO日報,森友加計等骨抜きに。米国高職位者のメールは自動に永久保存。ヒラリーは大臣時代の私用メールで大統領選敗北。国民の目は厳しい。問題が起きては対策ルールが作られ,それが骨抜きにされるの繰り返し。残念だが基本的に戦後変わっていない。

  • sekkey さん

    なぜ公文書を適切に保存・管理することが重要なのか? 隠蔽や改竄を批判するだけでなく、どのように改善し公開される範囲を広げていくかが肝要だと感じた。 政策決定プロセスを透明化し現在〜将来の国民にきちんと説明できることが我々の知的資源ということなのだろうと思う。 後半第四部の三木氏との対談ではその政策決定のプロセスでの取捨選択(何を選んで何を選ばなかったのか)を文書にしっかり残し公開する意義が述べられている。 一見地味な公文書管理という問題にこの国の一人一人が関心を持つことが大事なのだろう。

  • yuui02 さん

    民主主義の基本は情報公開である。民主主義を維持するために国民は努力をし続けなければいけないというのは憲法にも書いてある。国民にその意識があるだろうか。政策決定プロセスに関わる文書は全て保存すべきだが、日本の場合恣意的である。行政文書だけでなく、歴史文書などもある。過去から引き継がれた記録は宝。情報隠しが横行するのは官僚の間で国民が主権者という意識が低いからかもしれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品