事実婚 新しい愛の形 集英社新書

渡辺淳一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087206197
ISBN 10 : 408720619X
フォーマット
発行年月
2011年11月
日本
追加情報
:
18cm,189p

内容詳細

3・11以降、パートナーを求める気運は高まっているのに、日本の婚姻制度が時代遅れで重すぎるため、非婚化傾向は止まらない。愛の作家・渡辺淳一が停滞する社会に鋭く切り込み、幸せの処方箋を提示する。

【著者紹介】
渡辺淳一 : 1933年北海道生まれ。医学博士。札幌医科大学卒業後、母校の整形外科講師に。医療のかたわら小説を執筆。70年『光と影』で第六三回直木賞受賞。『鈍感力』は一〇〇万部を超える大ベストセラーに。『孤舟』『天上紅蓮』などヒット作多数。2003年紫綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬弐仟縁冊 さん

    婚姻制度が重すぎる(6頁)。そうだろ、そうだろ。なら、制度を変えればいいんだが、頭の固い保守主義者が多いよな。生涯未婚率の折れ線グラフは右肩上がりなのは男性(29頁の総務省統計局のデータより)。やはり、適当な相手がいない(32頁)。そりゃそうだ。理想の相手とゴールできる確率は、28万分の1とか、ホンマでっか でやってたので。テレビでやっていたが、シェアハウスの時代で、そこではカップルも誕生しているとのこと。どの程度のプライバシーでいいのか、とも思うが、人口減少社会という問題の内実を考えるのには必要な一冊。

  • 香菜子(かなこ・Kanako) さん

    大人の恋愛を長年書いてこられた渡辺淳一先生による事実婚を勧める本。苗字を変えずに男女別姓にできるし、時代遅れな「家」制度からも無縁なのが事実婚。渡辺淳一先生、高齢なのに本当に発想がお若くて素敵です。だからこそ長きにわたって第一線で活躍されているのでしょうね。

  • 赤い肉球 さん

    私の崇拝してる小池真理子さんのご夫婦くらいしか事実婚をしてるカップルを知らなかったけれど、意外に多いのではないかと思った。地方在住、その上、輪をかけて田舎で古い考えの両親を持つ私には、事実婚という選択肢は無いと思いながらも読んでみた。でも…結婚ってホントに面倒くさい。女性にとって姓が変わるって、抵抗あるでしょ。友人の何人かは夫婦別姓になったら戻したいと言ってるし、事実婚が社会的に認められれば、これからでも遅くないから籍だけ抜きたいとも言ってる。ダンナの親戚との付き合いから逃れられれば嬉しい!と。日本は先進

  • ニコ さん

    ★★★☆☆ 著者が何回も年取るまでずっと愛し続けるなんて至難の業と言ってる所が笑えた。事実婚≠同棲 なのね。

  • Naota_t さん

    ★3.1 内容は少し薄い。同じことの繰り返しも多い。事実婚にかんして、簡単にフランスやノルウェーと比べるのもあまり良くないと思う。文化の土壌が違う。女性の労働率や婚外子の割合も全然違う。もちろん事実婚がより選択的になればよいが、まず、女性が経済的に自立していることが大きなポイントだと思う。さらには社会の公的な扶助の有無(特に子供に対して)。まだ日本は事実婚の割合は数%であるには、さまざまな理由が見えてくる。条件にもよるが、デメリットの方が大きいと思う。まずは制度を少しずつ変えて行くべきだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

渡辺淳一

1933年北海道生まれ。札幌医科大学卒。70年『光と影』で第63回直木賞、80年『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』で第14回吉川英治文学賞を受賞。2003年には紫綬褒章受章、菊池寛賞を受賞。2014年歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品