最後の頭取 北海道拓殖銀行破綻20年後の真実

河谷禎昌

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478106518
ISBN 10 : 4478106517
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
日浦統 ,  
追加情報
:
287p;20

内容詳細

1997年、北海道拓殖銀行は経営破綻した。その「最後の頭取」となった著者は、特別背任罪で実刑判決を受け、1年7カ月を刑務所で過ごした。大手銀行の経営トップで収監された例は、他にない。バブル経済の生成と崩壊を実体験した生き証人は、いま84歳。後世に伝えるバブルの教訓をすべて綴る、日本経済史としても価値ある書。

目次 : 第1章 天国から地獄へ/ 第2章 刑務所暮らし/ 第3章 司法と私/ 第4章 トップとビリ/ 第5章 バブルの実相/ 第6章 合併構想/ 第7章 破綻の真相/ 第8章 特別背任という罪/ 第9章 バブルとは何だったのか/ 第10章 旅の終わりに

【著者紹介】
河谷禎昌 : 1935年神戸市生まれ。北海道大学法学部卒業。57年に北海道拓殖銀行入行。祖父と兄は弁護士、父は裁判官の法曹一家。94年6月から97年11月の経営破綻まで頭取を務めた。破綻後、特別背任罪で実刑判決が確定。2009年12月から1年7カ月服役した

日浦統 : 朝日新聞オピニオン編集部記者。1970年東京生まれ、北海道育ち。北海道大学法学部卒業。93年に朝日新聞社入社。経済部で日銀、財務省、金融庁、証券会社など金融関連を広く担当したほか、小売・流通、総務省、厚労省なども担当。2017年9月から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あすなろ さん

    北海道拓殖銀行の最後の頭取が言う。破綻罪が世にあるなら認める。但し、国策的な銀行狩りの末の国策捜査による逮捕や裁きなら受けない。無罪だ。実際に服役された河谷氏の明かす20年前の出来事と20年間のこと。奥様も亡くなられ、当時弁護をされた弁護士の息子さんの取材ならと受けられたよう。北海道銀行か北洋銀行かと頼る相手を選び、破綻をし、取り調べを受け懲役…。一気に読み進めた。バブルとはなんであったのか。否、それよりもその後の処理はどうだったのか?の方であろう、河谷氏がこの本を通じて言いたかったことは。

  • trazom さん

    著者は、経営破綻した拓銀の最後の頭取。特別背任で実刑判決を受けて服役後、沈黙を破ってこれまでの経緯を語ったのが本書である。当然ながら、経営者としての著者の結果責任は免れないし、今になって、他者を批判したり自己を正当化する発言は如何かとは思うが、しかし、明らかな「国策捜査」と「国策裁判」の犠牲の実態を知り、背筋が冷たくなる。スケープゴートを求め、血祭りに挙げて留飲を下げようとした私たちが、暗黙の裡にそれらを求めていたのかもしれない。そんな荒んだ社会の雰囲気は、その後ますますエスカレートして今日に至っている。

  • ライアン さん

    拓銀破たん時の頭取だった河谷さんの著書。書店で平積みされてて購入。読みやすかった。山一破たん時の社長もそうだけど既に沈みかけたタイミングで気の毒という感はあるがご本人は前の頭取などの批判はしているが自戒の念も持っているのは好感持てた。バブルは人を踊らさっせて判断能力を失ってしまうんだな。あと当時の大手含む銀行はマッキンゼーなどのアメリカ大手コンサルの提案にもまんまのっかっちゃたので。アメリカとあと「コンサルタント」などの横文字に弱くてありがたく話を聞いてしまったんだな、というのに時代を感じる。

  • templecity さん

    北海道拓殖銀行の最後の頭取だが、バブル崩壊で銀行が破綻したが、背任容疑で懲役刑を受けた。実際バブルの元を作ったのは先代の経営幹部なのだが、銀行救済のために公的資金を注入するためのスケープゴートとして所謂国策捜査のため有罪となった。先代の経営幹部は時効のため偶々告訴されなかった。佐藤優と同じような目にあって本人も悟っていた。裁判官も人の子であり国策捜査とあらば形式だけ裁判をして有罪にしてしまう。著者の姉さん女房は明るくて良い人だったらしい。刑務所での記述も生々しい。人間どうなるかわからないものだ。(続きあり

  • 貧家ピー さん

    北海道拓殖銀行13代目・最後の頭取となった著者。 特別背任罪で実刑判決を受け、1.7年服役した。 公的資金投入のためのスケープゴートが必要だったといいう認識。 多額の不良債権を作った前経営陣ではなく、最後を任された 人間に結果責任が課されるというのは、社長を引き受けたからには 仕方ないとは思うが中々に理不尽な話だ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

河谷禎昌

1935年神戸市生まれ。北海道大学法学部卒業。57年に北海道拓殖銀行入行。祖父と兄は弁護士、父は裁判官の法曹一家。94年6月から97年11月の経営破綻まで頭取を務めた。破綻後、特別背任罪で実刑判決が確定。2009年12月から1年7カ月服役した

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品