反日と反中 集英社新書

横山宏章

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087203066
ISBN 10 : 4087203069
フォーマット
出版社
発行年月
2005年08月
日本
追加情報
:
18cm,219p

内容詳細

中国の対日観、日本の対中観のルーツとは何か。両国の複雑な歴史を検証しながら、靖国参拝や台湾独立など日中間に横たわる様々な問題を分析。反日・反中を克服し共に発展しうる道を探る。

【著者紹介】
横山宏章 : 1944年山口県生まれ。一橋大学法学部卒業。法学博士。中国政治・外交史専攻。明治学院大学法学部教授、県立長崎シーボルト大学国際情報学部教授を経て、北九州市立大学大学院社会システム研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 里馬 さん

    反日家は中国の長所と日本の短所のみを、反中家は日本の長所と中国の短所だけを考えてしまいがちだ。論破してやりこめる事が彼らの目的なのだろうか?距離があるなら隣国なんだし、互いに歩みよって行こうよ。 日中関係に興味ある人、ぜひぜひおためしめしませませ!!

  • giant_nobita さん

    日中近代史を辿りながら、相手国に対する見方の変化を、「反日」「反中」だけでなく、「軽日」「羨日」「異日」などの概念を用いて論じた第二部がよかった。特に反中意識の芽生えを幕末期に置く議論は興味深い。中国のウェブサイトやシンポジウムでの中国人の意見も取り入れて、バランスを取ろうとしているのにも好感が持てる。現状認識においていささか古い部分が目立つのと、重複する記述が多くてくどいのは難。

  • とんこつ さん

    日中間の色々な事件や問題を両国の立場から書いていて、頭の中がとても整理されました。反日の表層部ではなく深層部までに目を向けて分析しているところは良かったと思います。人民側としては政府批判としての反日、政府側としては人民の統一のための反日、このロジックはとても興味深いです。そしてこのロジックはいつまでもつのか、観察していたいです。

  • しめ さん

    十余年前の親書。「複雑」なテーマではあるけど、しっかり向き合わないといけないものであることに間違いはない。近代以降の日中関係は個々の事象のそれぞれだけでは成り立っていないことを再認識。両国にとってより良い未来をつくっていくのは、誰よりも今を生きる自分たち。

  • くらた さん

    日中の政治的緊張関係は、長い歴史の中で形成された複雑な国民感情が根底にあるため、短期的に克服することはとても難しい。理解しづらい反日反中感情の原因を、歴史的な視点を通して解説してくれるので非常に分かりやすかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

横山宏章

1944年、山口県下関市生まれ。一橋大学法学部卒業。朝日新聞記者を経て、一橋大学大学院法学研究科に進学し、法学博士。明治学院大学法学部、県立長崎シーボルト大学国際情報学部、北九州市立大学大学院社会システム研究科で、中華民国史を中心とした中国政治史を教える。北九州市立大学名誉教授、上海同済大学亜洲太平

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • LGBT×家族のカタチ 国会議員の「生産性がない」発言や、『新潮45』の記事などで議論を巻き起こしたLGBT当事者が語る家族とは?」「幸せと... |2018年11月12日 (月) 16:12
    LGBT×家族のカタチ
  • スッキリ中国論 スジの日本、量の中国 「日本人と中国人の間には誤解が多い。お互いが相違点を理解し一緒に仕事をすれば必ずWin-Winの関係になるためには−... |2018年11月12日 (月) 16:12
    スッキリ中国論 スジの日本、量の中国
  • 堀江貴文 / 君はどこにでも行ける 日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくか。刑務所出所後、世界28カ国58都市を訪... |2016年03月07日 (月) 17:30
    堀江貴文 / 君はどこにでも行ける
  • アクティブラーニングで学ぶジェンダー 身近にあるけれど気づきにくい“ジェンダー”。おもちゃ、物語、エイジング、精神疾患、デートDV、母娘関係、キャリア・デ... |2016年03月07日 (月) 13:10
    アクティブラーニングで学ぶジェンダー
  • 田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』 働き過ぎ、結婚難、など男性ゆえに抱える問題、「男性学」の視点から、多くの若者が抱える悩みや生きづらさを解きほぐします... |2016年03月04日 (金) 17:00
    田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』
  • 日本人だけが知らない この国の重大な真実 安倍政権に埋め込まれた「時限爆弾」――日本発、「第3次世界大戦」のシナリオ―「明治維新=日本の戦争国家化」は、まだ終... |2016年03月04日 (金) 17:00
    日本人だけが知らない この国の重大な真実

おすすめの商品