生きるチカラ 集英社新書

植島啓司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087205497
ISBN 10 : 4087205495
フォーマット
発行年月
2010年07月
日本
追加情報
:
18cm,221p

内容詳細

生きるのに正しいも間違いもない。世界の聖地を調査してきた宗教人類学者だからこそ書ける、自分の生き方を手に入れる道とは何か。「生きるチカラ」が不足している現代日本人に必読の書。

【著者紹介】
植島啓司 : 1947年東京生まれ。宗教人類学者。1972年東京大学卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了後、シカゴ大学大学院に留学、ミルチャ・エリアーデらのもとで研究する。関西大学教授、NYのニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ客員教授、人間総合科学大学教授を歴任。1970年代から現在まで、世界各地で宗教人類学調査を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 団塊シニア さん

    ふりかかった災難こそ人生が変わるきかっけということを認識する必要がある、そして我々の人生は小さなトラブルの連続だという作者の人生観には納得できるものがある。

  • KAKAPO さん

    私たちにとってもっとも大切なことは何だろう? 植島 啓司 氏 は、下記のように記した。「あなたにとってもっともたいせつなことは、自分の中に眠るたくさんの可能性を実現していくことにあるのではないかと思う。人生は短く、あっというまに終わってしまう。あなたは欲張っていろいろな人生を生きてみるべきではないだろうか。可能なことはできるだけすべてやってみる価値があるだろう。」と…。9年前に書いた感想にある、自分の中に眠る可能性を実現しようとすることは、欲から距離を置くという現在の心境と両立するのだろうか?新たな課題…

  • yukiko-i さん

    生きる上で正しいか間違いかはなく、ありとあらゆる選択肢に誤りも含まれているという主張に、すべてというわけではないが、ある程度、共感できた。人生は、いくら悩んでも仕方ないので、楽観的に生きた方がよい、ということだろう。

  • やよい さん

    『人生は短く、あっというまに終わってしまう。あなたは欲張って色々な人生を生きてみるべきではないだろうか。可能なことはできるだけすべてやってみる価値がある。人の何倍も生きるというのはそういうことではなかろうか。同じような仕事を人の何倍もやって、いったいどうしようというのか。』できるだけ若いうちから自分の適性を見出し極めることがもてはやされる今の世の中で、こういう考え方もあるんだなと少し安心しました。はじまりにはやいもおそいもない。いつまでも欲ばりな人生を送っていきたいな。

  • とろこ さん

    ああ、またしても筆者に大賛成の本を読んでしまった。良いことなんだけど、なぜかほんの少し虚無感が残る。これも「計画された偶然」の一つといえるだろうか。 /全ての選択には、それ自身に正解も間違いも含まれている。 出来事に初めから幸と不幸があるのではなく、すべてはあとからやってくる。 人間を人間たらしめているのは、行動に一貫性がないこと。(たしかに、動物のそれと比べると…) 旅と観光のちがいは、日常(時間)から離れられるかどうか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品