新・日米安保論 集英社新書

柳澤協二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087208849
ISBN 10 : 4087208842
フォーマット
出版社
発行年月
2017年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;18

内容詳細

◆推薦◆
想田和弘氏(映画作家)
「イデオロギーや立場を脇に置いて、
日本の置かれた状況を虚心坦懐に分析」

伊藤祐靖氏(自衛隊「特殊部隊」創設者)
「元官僚と政治学者が
実戦闘を知るジャズトランペッターと語る
この国のゆくえ」

◆内容◆
アメリカの戦争に巻き込まれるのが防衛?
最前線の真実から考える国防、
日米関係と同盟のリスク!
守るべき日本の国家像とは何か?
今まさに必読の一冊

 冷戦終結後四半世紀。以来、国際情勢の変化にもかかわらず日米の安全保障体制は維持されてきた。しかし「今後も守って欲しければさらなる負担を」と訴えるトランプ政権の登場で、日本はアメリカとの安全保障体制の在り方そのものを問われている。
 果たして日米地位協定に象徴される従属的なアメリカとの同盟関係を今後も重視する必要はあるのか? 尖閣問題、対テロ戦争、北朝鮮情勢など、激変する情勢下、日本の安全保障を、歴代内閣のご意見番であった元防衛官僚、武装解除のエキスパート、安全保障の専門家が徹底的に語り合う。避けては通れない国防の根本的な問題がここにある。

◆目次◆
はじめに 護憲派も改憲派も、戦争を他人事と捉えているという問題
第一章 トランプ大統領をどう捉えるか
第二章 尖閣問題で考える日米中関係
第三章 対テロ戦争と日本
第四章 北朝鮮への対応と核抑止力の行方
第五章 日米地位協定の歪みを正すことの意味
第六章 守るべき日本の国家像とは何か
結びにかえて 同盟というジレンマ

◆著者略歴◆
裄V 協二 (やなぎさわ きょうじ)
1946年生。元内閣官房副長官補・防衛庁運用局長。国際地政学研究所理事長。「自衛隊を活かす会」代表。東京大学法学部卒業。歴代内閣の安全保障・危機管理関係の実務を担当。著書に『亡国の集団的自衛権』(集英社新書)他多数。

伊勢崎 賢治 (いせざき けんじ)
1957年生。東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。国連PKO幹部として東ティモール暫定行政府の県知事を務めシエラレオネ、アフガニスタンで武装解除を指揮。ジャズ・ミュージシャンでもある。

加藤 朗 (かとう あきら)
1951年生。防衛庁防衛研究所を経、桜美林大学リベラルアーツ学群教授及び国際学研究所所長。「自衛隊を活かす会」呼びかけ人。専門は国際政治学、安全保障論。早稲田大学政治経済学部卒業。著書に『日本の安全保障』(ちくま新書)他多数

【著者紹介】
柳澤協二 : 1946年生。元内閣官房副長官補・防衛庁運用局長。国際地政学研究所理事長。「自衛隊を活かす会」代表。東京大学法学部卒業。歴代内閣の安全保障・危機管理関係の実務を担当

伊勢〓賢治 : 1957年生。東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。国連PKO幹部として東ティモール暫定行政府の県知事を務めシエラレオネ、アフガニスタンで武装解除を指揮。ジャズ・ミュージシャンとしても活動

加藤朗 : 1951年生。防衛庁防衛研究所を経、桜美林大学リベラルアーツ学群教授及び国際学研究所所長。「自衛隊を活かす会」呼びかけ人。専門は国際政治学、安全保障論。早稲田大学政治経済学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • James Hayashi さん

    「自衛隊を活かす会」を発足させた中心メンバー。余り日米安保に期待しておらず、結果的に自衛隊強化があるべき姿と思われる。以前は東アジアで日本の軍国主義に警戒感があったが、今は嫌中が多く緩んでいるので中国包囲網を築く。日印同盟もしくはフィリピン、東南アジア諸国と東アジア集団安全保障など。ただ現状韓国との連携が滞っているので一体化は無理。日本の核武装にも焦点を当てているが、原潜がないと意味がないというが、北朝鮮の如く、持つだけでプレゼンスと交渉力の向上が見出せる。日本は何も戦うための核武装をする必要はない。

  • James Hayashi さん

    以前は対ソ連という日米同盟であったが、同盟という概念も変わってきた。ミリタリーアライアンスでなくセキュリティアライアンス(90年代から対北朝鮮、overseasに自衛隊派遣)。地位協定はアメリカと各国で結ばれているが、凶悪犯罪に対処するため、改善でなく補足協定という形で補強されている。日本にも存在するが、それは思いやり予算としてのみ…フィリピンで米軍は一度撤退したが、今は柔らかい感じで協定を結んでいる。基地の管理権、制空権、裁判権なども現地感情を配慮し認められているp160。米軍基地を追い出しても、→

  • 小鈴 さん

    中国を仮想敵国いやライバル国として日米安保「一体化」に向かう安倍政権だが、それって米中が接近したら成立しない。一体化するほど身を捧げたのだから守ってくれるはず、という言い分はお祈りと一緒。国防とは、万が一に備えることで、米中接近すればアメリカにおける日本の位置付けが下がるのは容易に想像できる。問題なのはその状況を「あり得ない」として備えがないことだ。国防という国益がむき出しになるところで想定外という言い訳は通用しない。大国ではない日本の生き残る道を考える転換期にあるのは間違いない。

  • 樋口佳之 さん

    アメリカの核使用は一般的には違法だし、裁判所が結論を出せないという極端な事態というのも、アメリカ国家の存亡が危険にさらされている場合だけだということです。日本が攻撃をされるとか、核によって恫喝を受けている時に、アメリカがかわって核兵器を使用することは、明白に違法なのです。

  • 淺野 昌規 さん

    冷静に考えるための第一歩。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

  • LGBT×家族のカタチ 国会議員の「生産性がない」発言や、『新潮45』の記事などで議論を巻き起こしたLGBT当事者が語る家族とは?」「幸せと... |2018年11月12日 (月) 16:12
    LGBT×家族のカタチ
  • スッキリ中国論 スジの日本、量の中国 「日本人と中国人の間には誤解が多い。お互いが相違点を理解し一緒に仕事をすれば必ずWin-Winの関係になるためには−... |2018年11月12日 (月) 16:12
    スッキリ中国論 スジの日本、量の中国
  • 堀江貴文 / 君はどこにでも行ける 日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくか。刑務所出所後、世界28カ国58都市を訪... |2016年03月07日 (月) 17:30
    堀江貴文 / 君はどこにでも行ける
  • アクティブラーニングで学ぶジェンダー 身近にあるけれど気づきにくい“ジェンダー”。おもちゃ、物語、エイジング、精神疾患、デートDV、母娘関係、キャリア・デ... |2016年03月07日 (月) 13:10
    アクティブラーニングで学ぶジェンダー
  • 田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』 働き過ぎ、結婚難、など男性ゆえに抱える問題、「男性学」の視点から、多くの若者が抱える悩みや生きづらさを解きほぐします... |2016年03月04日 (金) 17:00
    田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』
  • 日本人だけが知らない この国の重大な真実 安倍政権に埋め込まれた「時限爆弾」――日本発、「第3次世界大戦」のシナリオ―「明治維新=日本の戦争国家化」は、まだ終... |2016年03月04日 (金) 17:00
    日本人だけが知らない この国の重大な真実

おすすめの商品