人魚の眠る家 幻冬舎文庫

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344427303
ISBN 10 : 4344427300
フォーマット
出版社
発行年月
2018年05月
日本
追加情報
:
469p;16

内容詳細

「娘の小学校受験が終わったら離婚する」。そう約束していた播磨和昌と薫子に突然の悲報が届く。娘がプールで溺れた―。病院で彼等を待っていたのは、“おそらく脳死”という残酷な現実。一旦は受け入れた二人だったが、娘との別れの直前に翻意。医師も驚く方法で娘との生活を続けることを決意する。狂気とも言える薫子の愛に周囲は翻弄されていく。

【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学工学部卒業。エンジニアとして勤務しながら、85年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞、12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、14年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
重く、難しいテーマの作品です。もし自分が...

投稿日:2021/07/06 (火)

重く、難しいテーマの作品です。もし自分が主人公の立場だったらと考えると...答えは出せないかもしれません。主人公の気持ちも理解出来ます。とても難しいテーマの作品ですがラストには感動しました。このテーマは永遠に答えが出せないかもしれません。感動作です。

Yuki さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
何度も涙してしまいました。読み終えたあと...

投稿日:2021/07/04 (日)

何度も涙してしまいました。読み終えたあとも命について改めて考えました。重い題材のストーリーですが、読みやすかったです。

AYA さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
映画化もされた作品で、読みやすく面白い作...

投稿日:2021/04/17 (土)

映画化もされた作品で、読みやすく面白い作品だとは思います。感動というよりはこちらも読後に考えさせられる系ですね。

みっちゃん さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    東野圭吾の本を読んでいて、いつもまず思うのは、よく勉強しているんだなあということ。今回の場合は、臓器移植と死の判定(脳死)である。そして、集中して得た知識を動員しながら、そこに想像力を働かせて物語の構想を立てて行く。もちろん、登場人物たちの造型を含めてである。この物語ではとりわけ薫子と和昌それぞれの、微細にして悲壮な感情の振幅も作品成功の成否を左右する。他の人物たちのそれを含めて、共感とリアリティとを持ち得たと思う。そして、読者もまた作家と共に脳死について考え、一定の知見を得るというオマケまで得られた。

  • Tetchy さん

    実に、実に解釈の難しい物語だ。人の生死について厳しく問いかける。最先端の技術で人はどのように脳死を乗り越えることが出来るのか。しかしそんなたゆまぬ夫婦の努力を描きながら、どこか歪な雰囲気を全体に纏う。倫理観と愛情、人の生死に対する解釈、それゆえに臓器移植が日本で進まない現状。子を思う母親の気持ちの強さ。難病に立ち向かう夫婦と現代医学の行き着く先。色々考えさせられながらも人と人との繋がりの温かさを改めて感じさせられる物語でもある。本書の最大の謎とは播磨薫子と云う女性そのものだったと読み終わってしみじみ思う。

  • カメ吉 さん

    テーマが凄く重かった。考えさせられる作品。『脳死』という耳にする言葉ではあるが深くは意識したことがなかったが引き込まれてしまった。以前読んだ『虚ろな十字架』もテーマは違ったが同じ様な読後感がした。東野作品は面白いだけでなく問題提起がされていて深い作品が多いですね。映画化もされるし楽しみです。

  • スリ さん

    久々の東野圭吾作品。殆どの人がよく理解していないであろう、脳死のことについて考えさせられる作品でした。内容は重かった。でもかなり読みごたえがありました。オススメです!

  • ユーさん さん

    「生と死」の狭間で、必死になって事実を理解しようとする当事者達。 正解は何か、逆に間違っている事は何か、もがき苦しみながら導き出そうと彷徨う姿。深く深く考えさせられます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』(文春文庫)で第134

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド