大化け株・サイクル投資術 暴落時に判別できる“伸びる会社・伸びない会社”

朝香友博

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784862042842
ISBN 10 : 4862042848
フォーマット
出版社
発行年月
2016年04月
日本
追加情報
:
250p;19

内容詳細

世界長者番付1位の法則!第4次産業革命真っただ中!“下押したところで狙いたい”これから伸びる日本株。ジュニアNISAで教えたい!投資で未来をつくる方法。

目次 : 第1章 10倍株を「暴落相場」で見つける方法(天国と地獄!31カ月で32倍、4カ月で9倍、1カ月半でマイナス62%の自動運転関連株/ 2016年、年明けから2割を超える急落相場で困ったYくん ほか)/ 第2章 自分目線で探せば「大化け株」はすぐそばにある(「自分目線」で未来イメージと会社の「伸びしろ」を考える/ 「伸びしろ」のある企業への投資が社会もあなたも幸せにする ほか)/ 第3章 お金より大事な投資意義と「世界長者番付1位の法則」(株は経済や社会を見る目を養い、社会をよくする実践ツール/ 株式会社の始まり―資本家の投資なくして今の社会はない ほか)/ 第4章 朝香目線の未来イメージと有望市場(時代は今、第4次産業革命の真っただ中/ 早期でのイノベーションの発見は、巨大な果実を生む ほか)/ 特別付録 “暴落相場で狙いたい”これから伸びる日本株(これから伸びる日本株候補リスト)

【著者紹介】
朝香友博 : 産業・成長企業アナリスト/資本家。投資プロマガランキング1位を獲得したブログ「『大化け株投資』のすすめ」を主宰。年間500社の売上拡大や見本市を中心とした市場開拓の支援・投資を行っている。立教大学法学部卒業後、国会議員秘書、上海交通大学留学を経験。その後、産業の未来を創る国際見本市に触れ、米国の産業PR会社に入社。入社2年目の2005年、当時テーマ株としてIPOで株式市場を賑わせていた「モバイル企業」にヒントを得て、日本初のモバイルマーケティング展示会の立ち上げに成功(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • らう さん

    朝香さんの本・・10バガー2バガーときてさすがにネタ切れか。新鮮味はない。ただ、巻末のどのような分野が有望か?とかリストなどは参考になる

  • matypoyo さん

    株式投資をしていて、いつも気になるのが、いつ買い時か?そして、いつ売り時か?この判断。本書にはそれの判断指標が書いてあり、参考になります。非常にありがたい。 一般的に、急落時に購入して、というがそのときにお金がなかったりしてほとんど動けないことが多々。それに対する回答が、投資用積み立てをしておき、いざというときに出動できる資金を用意しておくこと。 この方法は納得感があるし、ぜひ活用していきたいかなと。ただ、どこでその資金を積み立てる原資を設けるか。家計の見直しが必要かなぁ。

  • kazu_hiro さん

    株長者になる秘訣は、「全体相場の不況」で買って好況で売ることである。 その最も大事な「相場の暴落時に買える」よう、資金を確保すること。そして、未来のイメージや想いを叶える会社を列挙・比較検討し投資対象を決めて「待つ」ことが重要である。 投資企業は「自分目線」×「強い株価(日経平均・同種銘柄より高い株価位置)」×「割高でない」基準で見極め、「自分目線」で未来イメージと会社の「伸びしろ」を考えて決定すべきである。 以上、よく肝に銘じたいと思います。

  • 葵堂 さん

    ストーリーを基本としつつ、様々な指標を組み合わせて割安株を選抜する手法。

  • やすたろ@株 さん

    読みました。前半はいつもの内容に加えて相場急落時の銘柄選定の方法論について。後半はテーマ株について。前半の分かりやすさに加えて後半の情報量に圧倒されましたが、テーマ株は夢があって楽しいなぁという感想を持ちました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

朝香友博

成長企業アナリスト/投資家。投資ブログ「『大化け株投資』のすすめ」を主宰。立教大学法学部卒業後、国会議員秘書、上海交通大学留学を経験。その後、米国の産業PR会社に入社。セールスディレクターに昇進。その後、友人とファンド設立。さらに、ITマーケティング会社を創業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品