緒方貞子 難民支援の現場から 集英社新書

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087201994
ISBN 10 : 4087201996
フォーマット
出版社
発行年月
2003年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
東野真 ,  
追加情報
:
18cm,219p

内容詳細

冷戦後の10年間、UNHCRのトップとして世界の難民支援を指揮し、高い評価を得ている緒方貞子・前国連難民高等弁務官。彼女はどう考え、決断し、行動したのか。その人柄と献身的・精力的な仕事ぶりを紹介。

【著者紹介】
東野真 : 1965年生まれ。87年、東京大学文学部卒業後、NHK入局。広島放送局、教養番組ディレクター等を経て、社会情報番組チーフ・プロデューサー。2001年制作のNHKスペシャル「難民と歩んだ10年〜緒方貞子・国連難民高等弁務官」などで、NHKは国連報道賞最優秀賞を、また「テロはなぜ生まれるのか〜緒方貞子ニューヨークで語る」でギャラクシー奨励賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mizuki さん

    「日本は、国際的な安全に関しても、経済的な基盤にしても、世界に頼っている国だという認識をもう一度もたなければいけない」という彼女の言葉を、多くの日本人に届けたいです。天皇制により、これまでの日本は多くの国と関係を結んできました。だからこそこの強みを生かし、これからも武器を持たない国として、各国との絆を深めていくことが大切なのではないかと、考えさせられました。グローバル化が進んでいる現在、他国の紛争に知らん顔をすることはあり得ないこと、また軍事力によって平和はもたらされないことを忘れてはいけませんね。

  • thayami さん

    信念に基づくぶれない言動とリーダーシップ。決断力と共にやはり行動力。「小さな巨人」ですね。真摯に敬意。同時に人道支援のジレンマが少なからず理解できる。民族、政治、各国の利害関係など。結局「人の尊厳」以外を優先することが障害。1人1人の地道な努力のみか・・・。「人の尊厳」。これを忘れてはいけない。

  • balthazar さん

    緒方貞子さんの訃報を聞いてすぐに17年前に読んだこの本を再読。ユーゴスラビア内戦での難民支援に当たった時の体験のインタビュー記事を中心にまとめられている。緒方さんが現場主義に徹し、機能不全に陥っていた国連難民高等弁務官事務所を再生した経緯や難民支援がユーゴスラビア内戦、ルワンダ内戦の政治的解決への取り組みに消極的な国際社会の「言い訳」となっていたことなどが述べられている。それでもまだこの頃は国際社会は難民問題や国際紛争を解決しようという意志がまだあったように思う。今はそのような意志をあまり感じない。

  • tenso_h(堀川てんそ) さん

    ボスニアやコソボ紛争のように混沌としたものへの興味は尽きない。そうした興味を満たそうとして読み進めば、緒方さんの行動を真摯に考えざるを得なくなり、言葉を失ってしまう。知と力を兼ね備えた犬養毅の曾孫。

  • くまくま さん

    先日亡くなった緒方貞子さん、彼女の並外れた行動力の原動は怒りだという。この本が出版された当時の難民は2000万人、現在は7000万人にものぼるなか、彼女は晩年どのような思いを抱いていたのだろう。日本の難民受け入れの低さは当時と変わらない。そして難民、テロ問題は悪化の一途を遂げている。そのような現状であっても彼女の「生きてさえいれば〜」という考えは難民支援の基本であることには変わらない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品