英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる 集英社新書

施光恒

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087207958
ISBN 10 : 4087207951
フォーマット
出版社
発行年月
2015年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
施光恒 ,  
追加情報
:
256p;18

内容詳細

【各界の識者が絶賛!】
水野和夫(『資本主義の終焉と歴史の危機』著者)
日本の経済と民主主義を破壊する「英語化の大罪」を明らかにした力作。凄い本だ。

中野剛志(『TPP亡国論』著者)
日本人が抱く直観的な不安に確かな根拠と論理を与えてくれる。これぞ名著。

【おもな内容】
グローバル資本を利する搾取のための言語=英語。
気鋭の政治学者が「英語化」政策の虚妄を撃つ!

英語化を進めた大学に巨額の補助金を与えるスーパーグローバル大学創生支援から、果ては英語を公用語とする特区の提案まで。日本社会を英語化する政策の暴走が始まった。

英語化推進派のお題目は国際競争力の向上。しかし、英語化を推進すれば、日本経済は急速に力をなくすだろう。多数の国民が母国語で活躍してこそ国家と経済が発展していくという現代政治学最前線の分析から逆行することになるからだ。

国際政治の力学から見ても、英語による文化支配のさらなる強化は、国際的な不平等をさらに強化するだけだ。

グローバル・エリートと国民一般との分断。「愚民化」を強いられた日本国民は、グローバル資本に仕える奴隷となるのか。

英語化の罠を暴き、公正な世界秩序づくりへの処方箋を描く、衝撃作!

【目次】
はじめに 英語化は誰も望まない未来を連れてくる
第一章  日本を覆う「英語化」政策
第二章  グローバル化・英語化は歴史の必然なのか
第三章  「翻訳」と「土着化」がつくった近代日本
第四章  グローバル化・英語化は民主的なのか
第五章  英語偏重教育の黒幕、新自由主義者たちの思惑
第六章  英語化が破壊する日本の良さと強み
第七章  今後の日本の国づくりと世界秩序構造
おわりに 「エリートの反逆」の時代に

【著者紹介】
施光恒 : 1971年、福岡県生まれ。政治学者。九州大学大学院比較社会文化研究院准教授。慶應義塾大学法学部政治学科卒。英国シェフィールド大学大学院政治学研究科哲学修士課程(M.Phil)修了。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了。博士(法学)。専攻は政治理論、政治哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ブクレコの西野努さんのレビューの前半部分...

投稿日:2016/12/04 (日)

ブクレコの西野努さんのレビューの前半部分に同感です。現政権は「デフレからの脱却」を表看板にしていますが、日本社会の英語化を推進している現政権の閣僚は日本の「デフレ不況はグローバル化が大きな要因」であることを承知しているのでしょうか。新自由主義に基づく「構造改革」「グローバル・スタンダードの導入」を進めようとする限り、日本のデフレからの脱却の実現は不可能なのです。この仕組みがわかったのは収穫でした。

ガメラ さん | 群馬県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬弐仟縁 さん

    オール・イングリッシュ方式:日本語禁止。授業は英語のみ(21頁)。スーパーグローバル大学Aの世界レベルの教育研究と、英語で授業を行うことの間に関係性は見出せない(25頁)。モルレーは、教育とは、前世代までの伝統の蓄積に立って行われるべきものである。教育で用いる言語を変えてはならないという(73頁)。馬場辰猪(たつい)は英語化の罠を見抜いていた(78頁〜)。穂積陳重も『法窓夜話』を著し、外国語を一切使用しない講義を目指し、日本語で授業を試みたという(84頁)。

  • ぷれば さん

    タイトルは少々刺激的ではあるが、内容は非常に論理的かつ明解である。英語化を強力に推進する教育サイド、企業や英語特区の導入や提案など、日本社会を英語化する政策の暴走に警鐘をならしている。私自身も英語が得意だったら…と思うこともあり、早期英語教育など肯定的だったが、本書を読んで考えこんでしまった。母語軽視ともいえる英語化は、日本人が長い歴史の中で育んできたすべてを喪失する危険性に身震いする思い。良書であり必読書。

  • Nobu A さん

    施光恒著書初読。2015年初版。グローバル化に伴う英語教育推進の反対論は何冊も読んできたので今更感もあったが、他著に感興を誘う言及に手に取ってみた。偽りなし。政治学者の論考は他と一線を画し、英語の言語政策の歴史を紐解き、その影響を具に叙述。明治時代に関しては歴史学者さながら。初耳で勉強になった。他方、他国との関係性が親密になる国際化とは違い、グローバル化は世界が一つになる、つまりアメリカ化と同義。推進すること自体愚策だと日本は気付くべき。外国語学習の本質は母語を客観視出来、日本語を豊かにすることでもある。

  • 姉勤 さん

    グローバリズムや東京オリンピックを控えての「オモテナシ」の名の下、昨今の官民揃った英語の常用化を図る動き。新自由主義というニア共産主義に日本が呑まれ隷属される危惧を説く。英語を習う時間があったら、非教科書的な酷虐たる人類史と国内外のシリアスな関係性、情報リテラシーに時間を割いたほうがいいとは思うが、英文を読み書きできることで広がる発信力を否定しきれるものでもない。かつて漢語を貪欲に取り込んだ日本人をバカにしすぎ。似非右派の扇動にも似て。 著者の理論で言えば英語しか使えない英米人が、一番バカなんじゃないか?

  • だろん さん

    英会話や英語学習を否定するものではなく、官庁や大学の受験や業務・授業の英語化、さらにそれに備えた低学年からの英語化学習ラッシュ(英語学習ではない)に警鐘を鳴らす。それは日本人の知性・感性の発達に膨大な負担を与え、長い目で見れば、国際競争力の向上どころか平均的に劣化をもたらすというもの。企業経営者・為政者・教育者には必読の書だと思う。森政稔氏「迷走する民主主義」を読んで、なぜ今のエリートはこんな簡単なことに気づかないんだろうと思わされること多々。その理由はここにもw 巻末「おわりに」だけでも読んでみて! 

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品